サイトマップ 
English
sp_menu

分野・教員

分析・物理化学

教授
尾崎 幸洋
分子分光学・機能性物質・分子構造
私の研究テーマは分子分光学の基礎研究と分子分光学を用いた機能性物質の構造に関する研究です。分子分光学とは光を物質に照射し、光と物質との相互作用(吸収や反射など)を調べ、分子の構造や機能を研究する学問です。分子分光学は光のおりなす様々な不思議の世界へと導いてくれます。
研究室HP
ozaki[at]kwansei.ac.jp
教授
玉井 尚登
レーザー光化学・半導体ナノ粒子・プラズモン
金や銀、半導体を1億分の1m程度の大きさにすると、形や 大きさに応じてバルクとは全く異なった性質を示します。この様なナノサイズ物質の光励起後100兆~1億分の1秒という非常に短い時間領域の現象をレーザー分光で解明すると共に、微小領域の化学反応計測も行っています。
研究室HP
tamai[at]kwansei.ac.jp
教授
山口 宏
構造生物学・タンパク質結晶学
タンパク質は生体の中で、触媒として働いたり、調和を保ったりと様々な働きを持っている重要な高分子です。私は、主にX線結晶構造解析の手法を用いて、これらタンパク質の立体構造を解明し、その構造を基にして、タンパク質の働く秘密や生命現象を解き明か そうとしています。
hiroshi[at]kwansei.ac.jp
教授
小笠原 一禎
無機材料化学・量子材料設計
ディスプレイやレーザーなどに用いられる光学材料を中心に、高性能ワークステーションを用いて有用な元素の組み合わせを探索した後に、実際にその物質を合成して実験的に機能性を検証する、という「理論主体の材料開発手法」の確立を目指しています。
研究室HP
ogasawara[at]kwansei.ac.jp
准教授
重藤 真介
振動分光学・イメージング・生物物理化学
振動スペクトルは「分子の指紋」と呼ばれ、分子の個性や構造、その周辺のミクロな環境を鋭敏に反映します。私は、先端的な分光計測手法を駆使し、液体・溶液中あるいは生きた細胞中の分子の振動スペクトルを測定、解読することによって、それらの分子が織りなす様々な化学・生命現象の解明を目指しています。
研究室HP
shigeto[at]kwansei.ac.jp
助教(尾崎研究室)
後藤 剛喜
遠紫外分光学・固液界面の化学反応
光子エネルギーの大きい遠紫外光(波長120-200nm)を用いた液体水分子,水溶液の電子遷移に関する分光分析を行っています。水分子は固体表面で液体状態とは大きく異なる構造(界面水)を形成します。近接場分光法により,表面近傍の液体水分子の電子状態,水素結合構造を研究しています。
研究室HP
ycfjgh[at]kwansei.ac.jp
助教(玉井研究室)
片山 哲郎
光物理化学・時間分解レーザー分光・ナノ、マイクロ光化学
微細加工技術と合成技術の発展により、薄くて柔らかく、どこでも印刷製造できる有機エレクトロニクスが製造業、医療分野に応用化されつつあります。これら有機デバイスの機能を発現させている微小空間の化学反応素過程の因子を解明する研究を、レーザーと顕微鏡を用いた計測装置の開発から行っています。 
研究室HP
tetsuro[at]kwansei.ac.jp
助教(尾崎研究室)
石垣 美歌
分光分析・分析化学・生体応用
振動分光法を用いた生体分析の研究を行っています。光を生体に照射すると、非破壊に生体内の分子組成情報を取得することができます。そこで、振動分光法を用いてインスリンアミロイド線維形成過程におけるタンパク質の構造変化や、受精卵発生に伴う分子組成変化、また卵質に影響を与える生体分子ファクターについて検証し、分子レベルでの生命現象の非破壊分析を目指しています。
研究室HP
ishigaki-mika[at]kwansei.ac.jp

無機・有機化学

教授
田辺 陽
有機合成反応・環境調和型有機合成
人類の役に立つ物質、特に医農薬や香料、機能性分子の「ものつくり」の生産プロセスの有機合成化学の研究です。十年の企業経験(住友化学)を通じて、具体的には、チタンなどの安全性の高い反応剤を用いて、革新的な有機合成反応を開発することを目指してい ます。
研究室HP
tanabe[at]kwansei.ac.jp
教授
矢ヶ崎 篤
合成無機化学・溶液化学
地球上で最も豊富に存在する元素、それは酸素です。地殻の重量のうち凡そ半分、体積にすると実に9割が酸素で占められています。コーヒーカップから超伝導材料まで、この世は酸化物で溢れています。幾つもの顔を持つ酸化物の化学を、包括的に理解する日の来る事を夢見て研究を進めています。
yagasaki[at]kwansei.ac.jp
教授
山田 英俊
天然物合成・糖の化学
自然界は有機化合物で満ちています。毒であったり薬になったりと、性質は多様です。このような自然界に存在する複雑な化合物を、簡単な化合物から合成しています。また、糖の形を自在に変化させる研究も行っています。目に見えない有機分子を操ることに、毎日挑戦しています。
研究室HP
hidetosh[at]kwansei.ac.jp
准教授
畠山 琢次
有機合成化学・有機材料化学
グラフェンの部分構造であるナノグラフェンは、次世代の機能性材料として期待されています。私達はその中の任意の炭素をヘテロ元素(B,Al,Ga,N,Pなど)に置換した「ヘテロナノグラフェン」の合成と有機エレクトロニクス材料としての応用研究を行っています。
研究室HP
hatake[at]kwansei.ac.jp
准教授
田中 大輔
錯体化学・ナノ材料化学
最先端のナノテクノロジーの手法を駆使して分子を自在に操り、革新的な材料を開発します。特に、有機物と無機物の両方の特性を併せ持つ金属錯体分子を用い、次世代エレクトロニクスへの応用や環境エネルギー問題の解決を目指したナノ材料を合成します。
研究室HP
dtanaka[at]kwansei.ac.jp
助教(田辺研究室)
仲辻 秀文
有機合成反応・有機分子触媒
医薬品合成において、触媒を用いる有機合成反応が重要な位置を占めています。触媒の中でも安価で環境に低負荷な有機分子触媒に焦点を当て、その新規設計およびこれらを用いる効率的有機合成反応の開発を通して、社会へ貢献することを目指します。
研究室HP
nakatsuji[at]kwansei.ac.jp
助教(山田研究室)
池内 和忠
有機合成化学・天然物合成
複雑な構造を有した天然物、エラジタンニン及びテルペンの合成研究を中心に展開しています。天然物を合成するためには教科書に載っているような様々な反応を利用し、簡単な有機化合物から複雑化合物に少しずつ変換する必要があります。化合物に応じて用いる反応を上手に選択し、効率的に天然物へ誘導することを目標としています。
研究室HP
ikeuchi[at]kwansei.ac.jp

教育技術職員・契約助手

木田 克彦 基礎化学実験 I・II・有機化学実験、無機分析化学実験
柿谷 吉則 基礎化学実験 I・II・物理化学実験
早川 由紀子 基礎化学実験I・II、有機化学実験