ニュース

  • 2018.05.14
    受賞
    紫綬褒章は学術、芸術、文化、スポーツ等の分野の功績者に授与される褒章の一つです。尾崎教授の受章理由は、「分子分光学の分野において、近赤外分光法、固体や液体を対象とした遠紫外分光法を確立するとともに、表面増強ラマン散乱の機構解明に貢献し、分子分光学の未開拓な分野に独創的な研究手法で取り組み、工学や、医学の諸分野にも波及するなど分子分光学の発展に多大な貢献をした。」ことにあるます。学術分野での受章者は全分野で毎回7から8名で、化学からは大方1名が選ばれています。»続きはこちら
  • 2017.09.06
    受賞
    第11回分子科学討論会会場(東北大学川内北キャンパス)にて9月15日に開催された分子科学会総会で分子科学会各賞の表彰式が行われ、重藤准教授が第10回分子科学会奨励賞を授与されました。。»続きはこちら

研究&トピックス

専攻紹介

物質文明を支える高度な知識・技術を学ぶ

化学は、最も基礎的な学問領域として、数学や物理学と相互にリンクしながら物質文明の発展を力強く支 えてきました。 物質・エネルギー・環境・生命といった現代社会のキーワードはすべて化学と密接に関わり、化学分野における研究成果に熱い期待が寄せられています。本学科 は「無機・分析化学」・「物理化学」・ 「有機化学」の3つの分野で構成されます。3分野それぞれの切り口から化学の最前線の知識・技術を身に つけることができます。

分野・教員

理工学部化学科では、分析・物理化学と無機・有機化学からなり、多彩な分析手法や新規物質合成の研究開発を研究室が存在してます。

■分析・物理化学

■無機・有機化学

専攻での大学生活

理工学部化学科に入学した皆さんがどのような大学生活を送り、
どのような学問・知識・経験・資格を体得できるのか
ここで簡単に紹介しています。