理工学部
関西学院大学

教員

安達 直樹

安達 直樹

職名

助教

専門分野

脳神経科学、精神科学、細胞生物学

担当講義

基礎医化学入門

担当実習

生命科学入門実験2、細胞・組織学実験、先端医化学実験II

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~hirai/

受験生・学生へのメッセージ

神経細胞(ニューロン)の美しさに、直にふれてください!

研究テーマ

神経ネットワーク機能の調節機構と、精神疾患との関わり

研究の概要

私たちの記憶や思考、感情を司る脳は、神経細胞(ニューロン)やグリア細胞で構成されています。 これらの細胞自体や、細胞間のネットワークに障害が起こることが、脳に関係する疾患(精神疾患や神経変性疾患)の原因となっていると考えられています。
私は、主に、ニューロンとニューロン間のネットワークの機能調節に興味があり、
・精神疾患モデルにおける、ニューロンの機能障害のメカニズムの解明
・治療薬の候補分子の機能解析
を中心とした研究を行っています。

研究や講義を通じて、できるだけ多くの人に、ニューロンの機能の多様性や、形態の美しさに触れてもらいたいと考えています。

荒木 啓吾

荒木 啓吾

職名

助教

専門分野

細胞周期制御、腫瘍生物学

担当講義

基礎医化学入門

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~ohtani/

受験生・学生へのメッセージ

たくさんの緑に囲まれた三田キャンパスで研究しています。世の役に立つ研究成果を残せればと思っています。

研究テーマ

正常細胞とがん細胞における遺伝子発現制御メカニズムの違いの解明

研究の概要

現在「癌」は日本人の死因の第一位となっています。多くの癌細胞において代表的ながん抑制遺伝子であるp53遺伝子とRb遺伝子に遺伝子変異が見つかっており、そのために癌細胞はその特徴でもある「無限増殖能」や「周囲の組織への転移・浸潤能」を獲得していることが分かっています。「がん抑制遺伝子」の「癌の発生を抑える機能」について様々な角度からアプローチし、生体に備わっている癌に対する防御機構を分子レベルで明らかにすることで、新たな癌分子標的治療法の開発を目指しています。

今岡 進

今岡 進

職名

教授

専門分野

環境応答、酸素生物学、生化学

担当講義

生命有機化学、環境医化学、環境応答分子論(大学院)

担当実習

生命分子・生化学実験、先端医化学実験

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~imaoka/

受験生・学生へのメッセージ

研究室のモットーは「あなたの身近な問題を生命科学の力で解決します」

研究テーマ

細胞の環境変化適応と病態の関連性の解明

研究の概要

「がん」や「脳の病気」は日本人の死因の大きな割合を占めています。これらの病気においては,酸化ストレスやストレスによって変性したタンパク質が問題であると考えられています。私たちの研究室ではこれらの病気に関わっている細胞の酸化還元状態のコントロールすなわち「細胞のレドックス制御」のメカニズムを解明することでこれらの病気の治療や予防に役立てようとしています。

海老原 史樹文

海老原 史樹文

職名

教授

専門分野

時間生物学、動物行動生理学

担当講義

生命科学、脳神経科学

担当実習

基礎医化学実験 I、基礎医化学実験 II

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~ebihara/

受験生・学生へのメッセージ

生命医化学科には、第一線で活躍する多くの教員が結集しています.教員による指導は手厚く、教育内容や研究を行うための設備や機器類も充実しています.緑に囲まれた自然環境のもとで、生命科学の面白さを学び、素晴らしい学園生活を送りましょう.

研究テーマ

マウスをモデルとしたヒトの精神疾患に関する基礎的研究

研究の概要

マウスの様々な行動(概日リズム、養育行動、社会性行動,学習行動など)を解析し、それらがどのような仕組みにより制御されているかを遺伝と環境の両面から分子レベルで調べています。 これらの研究は、 ヒトの「心の病」の発症原因の究明、予防・治療法の開発、創薬につながります.

大黒 亜美

大黒 亜美

職名

助教 (今岡研究室)

専門分野

環境応答制御学

担当講義

基礎医化学入門

担当実習

生命分子・生化学実験、先端医化学実験

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~imaoka/

受験生・学生へのメッセージ

私は学生の時から関学でした。研究室では自分だけの研究テーマを持って研究するので愛着が湧き、私も学生の頃は毎日が実験漬けであっても、とても充実していました。その楽しさを一緒に味わいませんか!

研究テーマ

環境ストレスに対する細胞応答機構の解明

研究の概要

私たちのからだは、生体内外の様々な環境ストレスに曝されていますが、細胞はこれらを感知し適応する能力を備えています。その中でも私たちは特に酸素濃度の変化に着目しています。生体外の酸素濃度変化として、高地に登った時などの酸素分圧の低下による低酸素状態がありますが、生体内では血管が詰まることによる周辺組織の低酸素状態や、創傷部位や腫瘍組織、動脈硬化巣の炎症部位も低酸素状態であることが知られています。低酸素を細胞が感知すると、赤血球の産生を増加させて酸素供給を促し、またエネルギー産生のしくみを変化させて低酸素に適応しますが、一方でこれらの応答反応は癌や動脈硬化など病態の進展に深く関わっています。私たちは、これら低酸素応答の分子メカニズムの解明を目的としています。さらに低酸素状態から急激な酸素濃度の回復によって生じる酸化ストレスにも着目し、低酸素応答と酸化ストレス応答の関わりについて研究しています。

大谷 清

大谷 清

職名

教授

専門分野

がん研究、分子細胞生物学、ウイルス学

担当講義

生命科学倫理、生化学、病態生化学、病態生理学、生理学特論(大学院)

担当実習

生命科学入門実験、基礎医化学実験、先端医化学実験

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~ohtani/

受験生・学生へのメッセージ

医学部の出身で、病気の治療に役立つ基礎医学研究を目指しています。他には無いユニークな研究をしましょう!

研究テーマ

細胞がん化機構の解明とその応用

研究の概要

がんは、ヒトが命を落とす最も頻度の高い(3人に1人)病気です。がんを完全に治すことができない主な原因は、治療に伴う副作用です。放射線や抗がん剤などによる治療は、がん細胞だけでなく、正常な細胞も傷害して副作用が生じてしまうために、がんを完全に叩くことができないのです。今後のがん治療の最大の課題は、正常な細胞には副作用無く、がん細胞を特異的に傷害することです。そのために、細胞ががん化する機構を明らかにし、その結果生じるがん細胞に特異的な異常を見出し、それに基づいて正常な細胞は傷害しない、がん特異的な治療に役立てることを目指しています。

沖米田 司

沖米田 司

職名

准教授

専門分野

分子細胞生物学,薬理学,自然免疫

担当講義

薬理学,免疫学,生命科学倫理(分担),免疫学特論(大学院)

担当実習

生命科学入門実験,基礎医化学実験,先端医化学実験

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~okiyoneda/okilab.html

受験生・学生へのメッセージ

美しいキャンパスで,一緒にサイエンスを楽しみましょう!

研究テーマ

膜タンパク質の品質管理機構の解明と治療的応用

研究の概要

タンパク質は正しい立体構造を取ることで,適切に機能します.遺伝的変化(変異,多型)や環境的変化(感染,加齢,ストレス)はタンパク質の立体構造に影響を与え,機能異常を引き起こす結果,様々な病態(アルツハイマー病などの神経変性疾患,嚢胞性線維症などの慢性感染症)の原因となります.我々はタンパク質品質管理の仕組みを分子レベルで理解し,人為的な制御を可能にすることで,タンパク質構造異常に起因する難病(コンフォメーション病)の根本的な治療法開発に貢献することを目指しています.特に,世界的に頻度が高い嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis)という遺伝病の新規治療薬の開発を目指した基礎研究を行っています.

佐藤 英俊

佐藤 英俊

職名

教授

専門分野

生命医用光学

担当講義

化学概論,生命工学

担当実習

生命科学入門実験、先端医化学実験

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~hidesato/

受験生・学生へのメッセージ

私は関西学院大学理学部卒業後,関学にて修士,博士課程を修了しました。その後,(独)理化学研究所基幹研究所でレーザー技術の研究をし,2009年より生命分野の教員として,関西学院大学理工学部に戻ってきました。新しい科学は新しい測定技術によって切り拓かれます。光の技術を使って,一緒に新しい科学に挑戦しましょう。

研究テーマ

生命医学に貢献する光学計測技術の開発と応用

研究の概要

光を用いた計測技術を用い,生きた細胞や組織を科学する。ラマン分光法など分子を直接観測する光学的手法を用い,生物が環境適応や病気によって変化する様子を分子レベルで解明する。病気の診断や治療の補助として利用するため,観測したいターゲットに合わせた装置を開発する。例えば,がん病巣を内視鏡下や術中でリアルタイムに判別分析し,診断や治療をサポートする技術・装置の開発を行っている。また,幹細胞の分化制御やウイルスの判別,ヒト細胞モデルを用いた環境汚染物質の検出,抗がん剤効果の判別技術など,様々な応用に対する開発を実施している。

諏訪 喜昭

諏訪 喜昭

職名

助教

専門分野

構造生物学、エピジェネティクス、DNA複製・修復

担当講義

基礎医化学入門

担当実習

生命科学入門実験、基礎医化学実験、先端医化学実験

研究室ホームページ

http://seki-lab.wixsite.com/seki-lab

受験生・学生へのメッセージ

心の底からワクワクするような現象を一緒に発見しましょう!

研究テーマ

始原生殖細胞におけるエピゲノムリプログラミングの構造生物学

研究の概要

私たちの体は約15-20% のたんぱく質からできており、たんぱく質はそれぞれ独自の“かたち”を作り、他のたんぱく質やいろいろな物質(DNA、RNA、薬、ホルモンなど)と相互作用することで特徴的な様々な機能を発揮しています。その“かたち”や相互作用を詳しく知ることは、目的とするたんぱく質の機能を明らかにすること、またそのたんぱく質の機能を人為的に改変することや、さらに薬の開発などに対して、とても多くの情報を私たちに与えてくれます。
私たちの研究室では、生殖細胞が全能性/多能性を獲得する機構の解明を目指して研究を行っています。その中でも私は、生殖細胞による全能性/多能性獲得機構をたんぱく質の“かたち”から原子レベルで明らかとすることを目指して研究を行っています。

関 由行

関 由行

職名

准教授

専門分野

エピジェネティクス、幹細胞生物学、生殖医学

担当講義

細胞学、エピゲノム医化学、発生生物学特論(大学院)

担当実習

生命科学入門実験、基礎医化学実験、先端医化学実験

研究室ホームページ

http://seki-lab.wixsite.com/seki-lab

受験生・学生へのメッセージ

研究室のモットーは‘必死に楽しむです’。世界で誰も見たことがない現象を一緒に発見しましょう!

研究テーマ

生殖細胞による細胞初期化メカニズムの解明とその応用

研究の概要

1つの細胞から個体を生み出す能力を『全能性』と呼び、またすべての細胞を作り出す能力を多能性と呼びます。これらの能力はヒトを含めた哺乳動物の場合生殖細胞のみに委ねられています。私たちの研究室では、生殖細胞に備わる全能性/多能性獲得機構を明らかにし、その機構を人為的に改変することでiPS細胞の品質改善や癌幹細胞を標的とした新規抗がん剤の開発を目指して研究を行っています。

藤 博幸

藤 博幸

職名

教授

専門分野

分子進化学、計算生物学

担当講義

系統分類学、バイオインフォマティクス、プログラミング演習1, 2

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~tohhiro/

受験生・学生へのメッセージ

コンピュータを使って、生物学の様々な謎に挑んでいます。一緒に新分野を切り開いてくれる方をお待ちしています。

研究テーマ

1. 進化的情報に基づく生体分子の機能解析
2. 分子生物学情報のデータマイニングによる生物学的知識発見

研究の概要

私たちの研究室では、コンピューターを駆使して、分子生物学の分野から生み出されたデータに潜む新たな知識を引き出すための様々な取り組みを行っています。これまで、レトロウイルス・プロテアーゼの機能予測、DNAウイルスゲノム中の逆転写酵素遺伝子の同定、アラキドン酸カスケードに関連する種々の酵素の構造、機能予測、進化解析に基づく新規クリプトクロームの発見、ケモカイン受容体ファミリーの機能分化の解析、共進化情報を利用したタンパク質間相互作用予測法の開発、GPCR複合体のインターフェイス予測法の開発などを行ってきました。現在、オミクス研究の進展に伴い、大量かつ異質のデータが急速に生み出されてきます。これらのデータをマイニングして、新たな知識を発見するための研究を行っていきます。

ビビン ビンタン アンドリアナ

ビビン ビンタン アンドリアナ

職名

助教

専門分野

生命医用光学

担当講義

基礎生物学、環境科学のための分析技術

担当実習

生命分子・生化学実験

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~hidesato/

受験生・学生へのメッセージ

科学はミステリーです。世界をより良くするために,新しい事を見つけなければなりません。私は生命医化学,外部の刺激,例えば,毒性を持つ分子や薬に対する細胞の生化学的な変化を研究しています。学生の皆様には将来,広い科学の世界の中をさまよい,探し求めて欲しいと思います。私はそのような皆様を応援いたします。

研究テーマ

光学分析技術の生物,医学,食品学への応用

研究の概要

光学分析技術を用い,生物,医学,食品学など様々な分野に貢献する。試料内の分子組成を総合的に解析するラマン・赤外分光法の他,組織の微小な形態を解析する電子顕微鏡観測技術を用いて,分子組成変化の起源の追求や相関解析による解析モデルの開発などを実施する。がん診断への応用研究の他,食品に含まれる違法毒物の検出技術の開発研究などを実施している。

平井 洋平

平井 洋平

職名

教授

専門分野

細胞生物学、発生生物学、再生医学

担当講義

発生生物学、再生医学、生命科学倫理(分担)、細胞生物学特論(大学院)

担当実習

生命科学入門実験、基礎医化学実験、先端医化学実験II

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~hirai/index.html

受験生・学生へのメッセージ

細胞の中には不思議がたくさん詰まっています。実験生物学をじっくり楽しみながら、生命現象の謎解きに挑みませんか。

研究テーマ

正常組織の形態・機能を制御する機構の解明とその応用

研究の概要

ヒトを始めとする高等動物の臓器では、個々の細胞が時間的・空間的に巧みに相互作用しながら複雑な組織構造を構築し、調和の取れた高度な生理機能を発揮しています。私達は、ヒトの細胞挙動を精密に調節する新しい分子機構について研究し、複雑な細胞社会の人工的な構築と制御を目指しています。実際に扱う組織・細胞は、活発に分化・形態形成を行う成体の皮膚・毛包・乳腺や、胎児の諸器官、さらにはES, iPS細胞などです。また、癌組織の形成機構の解明にも取り組んでいます。

松吉 ひろ子

松吉 ひろ子

職名

助教

専門分野

泌尿器科

担当講義

生命医化学入門

担当実習

ライフサイエンス入門実験

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~hidesato/

受験生・学生へのメッセージ

私は関西学院大学理学部を卒業後,奈良県立医科大学を卒業しました。医師としての活動と共に研究を続け,2015年より関西学院大学理工学部の教員に就任しました。知識の追求に無駄はありません。学生の皆様には,積極的に新しい知識を探し求めて欲しいと思います。

研究テーマ

下部尿路機能の解明

研究の概要

膀胱機能を調節している神経機構を解明し,排尿障害に対する新たな治療法を確立する。神経機構は脳だけで無く生体のあらゆる場所におよび,様々な生体の働きを制御する電気シグナルの伝達経路となっている。シグナル伝達は神経系の最小単位である神経細胞により制御されているため,電気シグナル伝達を生きた細胞内で検出することが,神経機構の理解には必要である。電気生理学的な技術を中心として光学計測を応用し,神経機能の計測・評価技術の開発,下部尿路機能研究に応用する。

宮田 将徳

宮田 将徳

職名

助教

専門分野

免疫、生化学、薬学

担当講義

基礎医化学入門

担当実習

先端医化学実験Ⅰ、生命科学入門実験2、基礎医化学実験

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~okiyoneda/okilab.html

受験生・学生へのメッセージ

研究や授業で皆と一緒に学ぶ機会がくることを楽しみにしています。

研究テーマ

炎症性疾患における新規創薬ターゲットの同定

研究の概要

免疫応答は種々の感染およびストレスによって誘導され、生体の恒常性を維持するための重要なシステムです。免疫応答の破綻は様々な疾患の原因となります。私たちは、細菌感染を伴う炎症性疾患である慢性閉塞性肺疾患 (COPD) および嚢胞性線維症 (CF) について研究を行っています。特に細胞内シグナル伝達、遺伝子発現制御、タンパク質の品質管理の調節機構を解明することで、疾患における炎症応答がいかに巧妙に制御されているかを明らかにすることを研究目的としています。この研究により得られた知見は、新規創薬ターゲットの同定ならびに治療戦略の創出に貢献できると考えています。

村田 知弥

村田 知弥

職名

助教

専門分野

脳神経科学、タンパク質の翻訳後修飾

担当講義

基礎医化学入門

担当実習

基礎医化学実験、先端医化学実験

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~ebihara/

受験生・学生へのメッセージ

道無き道を楽しく歩き、生命の不思議を解き明かしましょう。

研究テーマ

遺伝子による「感情や行動」の制御機構の解明

研究の概要

精神の健康が求められる現代社会ですが、我々生物の "こころ" がどのように制御されているかは詳しく理解されていません。私は "こころ" を制御する細胞内分子ネットワークの解明を目指し、マウスや培養細胞を用いて研究を進めています。

吉野 公三

吉野 公三

職名

准教授

専門分野

数理生体医工学

担当講義

線形代数学I,医学統計学,数理生体医工学(大学院),プログラミング演習,データ科学演習

研究室ホームページ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~yoshino/index.html

受験生・学生へのメッセージ

疾患の早期発見につなげ,健康・快適・安全に生活できるような社会の実現に向けて一緒に頑張りませんか!

研究テーマ

生体システムの数理解析・モデル化による生理応答機構の解明と心身の健康評価への応用

研究の概要

生体から計測できる生理信号を数理的に解析することで,心や体の健康状態に関する情報を抽出するための医工連携研究を行っています.さらに,コンピュータ上で,生理応答をシミュレーションできる数理モデルの開発にも取り組んでいます.