Stacks Image 590
2013年にスタートした沖米田研究室です。
細胞表面に発現している形質膜タンパク質は,栄養素やイオンなどの物質輸送 (トランスポーター,チャネル) や細胞内へのシグナル伝達 (レセプター) など様々な生理機能に必須の機能を果たしています.このように生体に非常に重要な役割を果たす形質膜タンパク質の発現機能の異常は,様々な難治性疾患を引き起こします.沖米田研究室では,形質膜タンパク質の発現機能制御のメカニズムを包括的に理解することにより,その人為的な制御方法を開発し,様々な疾患の予防や治療法の開発に貢献することを目指しています.