理工学部
関西学院大学
Department of Biomedical Chemistry

TOPICS -トピックス-

  • 2017年6月10-11日
    3回生向けの進路セミナーを開催しました.

  • 2017年10月21日(土)午後に 生命科学科15周年記念講演会(同窓会)が開催されます.夕方に懇親会も開かれます.SNSで情報を流して頂ける方は,次のQRコードをご利用ください.
  • 2017年1月6日
    本学科平井研究室(再生医学分野)の博士後期課程3回生、萩原 奈津美さんの論文がScientific Reportsに掲載されました.
    タイトル「Membrane translocation of t-SNARE protein syntaxin-4 abrogates ground-state pluripotency in embryonic stem cells」
  • 2016年12月2日
    本学科平井研究室(再生医学分野)の博士後期課程3回生、萩原 奈津美さんが第39回日本分子生物学会で優秀ポスター賞を受けました。
  • 2016年11月18日
    本学科関研究室(エピゲノム生殖医学分野)の論文、PRDM14 drives OCT3/4 Recruitment via Active Demethylation in the Transition from Pimed to Naive Pluripotency がStem Cell Reportsに掲載され、朝日新聞(11月18日朝刊・社会面)、読売新聞(11月18日夕刊)、日経産業新聞(11月18日朝刊)、神戸新聞(11月18日朝刊・社会面)に掲載されました。
  • 2016年11月18日
    本学科沖米田研究室(薬理免疫分野)の博士後期課程1回生、酒井 了平くんが新学術領域研究「ユビキチンネオバイオロジー」班会議で優秀ポスター賞に選ばれました。
  • 2016年10月11日
    「在校生・卒業生の声」を掲載しました.
  • 2016年1月19日
    ー受賞情報ー
    本学科平井研究室(再生医学分野)の4年生、堀米 知温くんがBMB2015 (第38回 日本分子生物学会年会、第88回 日本生化学会大会 合同大会) で若手優秀発表賞に選ばれました。
    演題
    「ヘパリン類似物質及びエピモルフィンによる瘢痕モデル細胞の挙動変化」
  • 2015年10月7日
    ーセミナー情報ー
    演者:吉村 崇
    名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 教授
    演 題:動物が季節を感じる仕組みをさぐる
    日時:2015年10月29日(木)17:00〜18:30
    場所:理工学部7号館 102号教室
    世話人:海老原 史樹史
    参加費、事前申し込みは不要です。
    多数のご参加をお待ちしております。
  • 2015年10月7日
    ーセミナー情報ー
    演者:Gergely L. Lukacs, MD, PhD
    Professor, Canada Research Chair ​Department of Physiology McGill University (Canada)
    演 題:Structural and proteostatic determinants of CFTR functional cell surface expression.
    日時:2015年10月19日(月) 17:00~18:30
    場所:7号館 111教室
    世話人:沖米田 司
    参加費、事前申し込みは不要です。
    多数のご参加をお待ちしております。
  • 2015年9月24日
    生命医化学科のホームページをリニューアルしました。
  • 2015年9月4日
    Biochemical JournalにDown-regulation of EPHX2 gene transcription by Sp1 under high-glucose conditions.が掲載されました。(今岡研究室)
  • 2015年8月29日
    BBRCにPRDM14 maintains pluripotency of embryonic stem cells through TET-mediated active DNA demethylation.が掲載されました。(関研究室)
  • 2015年4月1日
    新学科、生命医化学科が誕生しました。
最新情報
生命医化学科の最新情報は公式Facebookページで配信しています。
生命医化学科 学科紹介動画