img
imgimg
img img img
 

南極天文学研究室

 
 

「Mastery for Service」
(奉仕のための練達)
「しっかり勉強して、人を幸せにできる人間になりなさい」

 観測的な天文学の発展は、(1)ガリレオ以来の望遠鏡の発達と(2)それを設置し観測する観測拠点の開拓という2つによるものです。
 南極内陸部の高原地帯は標高が高い上に極寒の地であることから水蒸気が極めて少なく、 電波(サブミリ・テラヘルツ波)や赤外線において地上で唯一最高の天文観測環境にあります。 ここに従来の100倍以上の超広視野を持つ電波望遠鏡を建設し、遠方宇宙にある可視光では見えない暗黒銀河や巨大ブラックホールの観測を目指しています。 そしてこのような南極天文学の推進を図ることにより、 日本の天文学の発展に寄与します。また野辺山45m電波望遠鏡やチリ北部のアルマ望遠鏡など既存望遠鏡による観測等も行っています。
 このような銀河やブラックホールの解明、南極観測拠点の開拓などの天文学の発展を通して、人が生きていくのに必須の精神的豊かさに寄与し、 社会に貢献します。
 関西学院大学の理念である「Mastery for Service(奉仕のための練達)」とは「しっかり勉強して、人を幸せにできる人間になりなさい」、 そして卒業したら「人を幸福にしなさい」という意味です。これは単なる慈善行為ではありません。 優れた研究・仕事を継続的に行うための最強の理念です。その結果として「人生に意味を与え、自分自身も生きることができます」。会社は継続的に商売繁盛、 増収増益となります。その理念をできるだけ実現できるように努力いたします。
「自分が幸福になるコツは、人を幸福にすること」
 

 

 
     
img img img
 

お知らせ

 
 

2020.09.26 ひらめき☆ときめきサイエンス「望遠鏡を作って宇宙を見よう」@中学生対象(応募締切済)
2020.09.20 よみうりカルチャー北千住の公開講座「現代天文学入門」第6回@東京都北千住(有料、募集中)
2020.07.08 シリーズ現代の天文学第16巻「宇宙の観測IIー電波天文学」(日本評論社)の第2版が発売されました。第1版より30ページほど増えています。
2020.07.07 毎年実施の三田駅前での天文宇宙に関する七夕講演会ですが、新型コロナウイルスの影響により本年は中止とします。来年はぜひ開催したいと思います。
2020.06.01 「太陽系外の惑星の発見」筑波経済月報2020年6月号@筑波総研(株)
2020.05.01 「KGランナーズ」関西学院同窓会東京支部会報誌コパン
2020.04.01 入学式(中止)。大学院生2名が入学(博士前期課程)。
2020.04.01 3期目の卒研生9名が研究室に配属。
2020.03.31 「3D映像で宇宙学ぶ」紀伊民報新聞 (2020年3月31日)
2020.03.28 講演「天文宇宙の講演会@和歌山県田辺市。来場者30名。
2020.03.20 講演「天文宇宙の福井講演会」@福井市。来場者12名。
2020.03.18 卒業式(中止)。卒研生8名が卒業
2020.03.03 「天文宇宙の講演会」紀伊民報新聞 (2020年3月3日)
2020.02.26,27 大学院入学試験
2020.02.20 卒業研究発表会:8名の卒研生が発表を行った。
2020.02.18 修士論文発表会
2020.01.07 「南極望遠鏡の開発研究」の寄付募集(目標額20億円)を開始
2019.12.26 「やさしいニュース」中で南極望遠鏡のニュース@テレビ大阪(大阪地域2019年12月26日夕方)
2019.12.02 「関西発 次世代望遠鏡を-「初期銀河」観測へ」」毎日新聞(大阪地方版2019年12月2日、神戸・阪神版12月16日)
2019.10.10 講演「ほかの星の惑星の発見」@神戸市生涯学習支援センター。終了しました(参加約200名)。
2019.09.14 講演「3次元立体映像による宇宙の旅」@神戸市生涯学習支援センター。終了しました(参加37名)。
2019.08.26 「今日のノート~南極から星を」読売新聞(大阪本社版) (2019年8月26日)
2019.08.20 「南極に電波望遠鏡を」神戸新聞(三田阪神版) (2019年8月20日)
2019.08.12 「関学研究室から-宇宙電波」神戸新聞(三田阪神版) (2019年8月12日)
2019.08.10 ひらめき・ときめきサイエンス「望遠鏡を作って宇宙を見よう」。中学生37名及びほぼ同数の同行者の参加有り。
2019.08.03 第9回さんだサイエンスフェステイバル「3D映像で宇宙の旅へ」11:30~@三田キッピーモール6階。約150名の方の来場。
2019.08.02 国立極地研究所の南極観測将来構想の中に新ドームふじでの南極天文学・南極望遠鏡計画が記載。
2019.07.31-8.1 大学院一般入試。
2019.07.06 大学院推薦入試。
2019.07.03 「ブラックホール研究成果を解説-駅前町で七夕講演会」神戸新聞(三田阪神版) (2019年7月3日)
2019.06.30 天文宇宙の七夕講演会@三田駅前。来場者101名。
2019.05.09 新入生歓迎講演会
2019.04.01 クロスアポイントメント教授として筑波大学から久野成夫が着任。
2019.04.01 入学式:最初の大学院生3名が入学(博士前期課程)。
2019.04.01 2期目の卒研生8名が研究室に配属。

 

 
     
img img img img img img
 
ホーム
お知らせ(履歴)
構成員
研究教育
南極望遠鏡計画
南極望遠鏡寄付
 
研究業績
研究室の場所
写真集
リンク
 
 
 
関西学院大学
理工学部物理学科
南極天文学研究室
(中井研究室)
 
 
 
〒669-1337
兵庫県三田市学園2丁目1番地
電話:079-565-8314
nakai@kwansei.ac.jp
 
 
Professor NAKAI Naomasa
Department of Physics, School of Science and Technology
Kwansei Gakuin University
2-1 Gakuen, Sanda, Hyoto 669-1337, Japan
E-mail:nakai@kansei.ac.jp