関西学院大学 理工学部化学科 重藤研究室

  • 重藤研究室
  • 重藤研究室
  • 重藤研究室

重藤研究室の紹介

 重藤研究室は、先端的な分子分光法を駆使して、分子の構造や振る舞い、さらには機能との関係を明らかにすることを目指しています。ナノ制限空間、有機無機ハイブリッド材料、微生物とその集団、細菌が生産するメンブレンベシクルなど様々複雑分子系を対象として、物理化学から材料科学、細胞生物学、微生物社会学に及ぶ幅広い分野にインパクトを与えうる基礎研究を行っています。特に、ラマン分光イメージングによる生細胞の物理化学的研究に力を入れています。ラマン分光法により得られるラマンスペクトルは「分子の指紋」とも呼ばれ、ミクロな世界の分子に関する豊富な情報を私たちに届けてくれます。この手法を用いて、細胞内部や微生物が形成するバイオフィルムと呼ばれる集合体内部、さらにはナノメートルサイズの細菌メンブレンベシクル表面に存在するタンパク質、脂質、2次代謝物などの生体分子を調べることにより、これらの分子が生命機能に果たす役割の解明や新たな生命現象の発見につながるものと考えています。

新着情報

過去の新着情報一覧はこちら

卒業生の平岡君のMOFに吸着された水の振動分光に関する論文がPhysical Chemistry Chemical Physicsに受理されました! NEW
卒業生の吉川君のアンチストークス対ストークスラマン強度比の較正に関する論文がApplied Spectroscopyに受理されました!
Journal of Raman Spectroscopyに掲載された重藤研の論文が、"Top Downloaded paper 2018-2019"に選定されました
戸田君、柳田君の2Dペロブスカイトの配向イメージングに関する論文がThe Journal of Physical Chemistry Lettersに受理されました! 台湾国立交通大学のEric Diau教授のグループとの共同研究の成果です
PAGE TOP