ページ先頭に戻る

化学科 無機・有機化学系 教員

秋吉 亮平(あきよし りょうへい) 助教(田中研究室)

専門分野:無機化学

研究分野:金属錯体化学、機能物性化学、ソフトマテリアル
金属錯体における新機能開拓を目指して研究を行っております。金属イオンと有機配位子から構成される金属錯体は、その無限の組み合わせから様々な化学・物理的性質を示します。その中でも、私は磁気・誘電特性、電気伝導性および触媒特性に着目し、金属錯体を物質基盤とする分子性材料の開発を目指しています。また、金属錯体に構造的柔軟性を組み込むことで、液晶ディスプレイ材料などソフトマテリアルとしての応用を見据えた研究も行っております。

■業績リスト
■研究室サイト

小田 晋(おだ すすむ) 助教(畠山研究室)

専門分野:有機合成化学,有機金属化学,触媒化学

ヘテロ元素導入は、物性に劇的な変化を生み出す有力な手法の一つです。私はπ共役化合物へのヘテロ元素導入を指向した新規反応の開発を行っています。触媒による効率的かつ実用的な分子変換の実現を目指します。

■業績リスト


田中 大輔(たなか だいすけ) 教授

専門分野:錯体化学

最先端のナノテクノロジーの手法を駆使して分子を自在に操り、革新的な材料を開発する。これが当研究室の研究テーマです。ナノテクノロジーとは、物質をナノメートル(1 nm = 10-9m 分子一つ程度のスケール)の領域で自在に制御する技術です。当研究室では以下の戦略に従い、次世代エレクトロニクスへの応用や環境エネルギー問題の解決を目指したナノ材料を開発します。

  1. 自己組織化を利用して金属錯体のナノ構造体を作り出すある種の有機配位子と金属イオンを混ぜると、まるで分子が意識を持っているかのように複雑な構造を構築することがあります。この特性を利用した分子スケールの構造体を作り出します。
  2. ナノ構造を評価するために、最先端の顕微鏡技術や放射光施設を利用する一般的な光学顕微鏡では、マイクロメートル(10-6m)より小さいものを見ることができません。当研究室ではナノスケールの物質を評価するために、電子顕微鏡、プローブ顕微鏡、大型放射光施設などの最先端の分析技術を積極的に利用していきます。

■業績リスト
■研究室サイト

田辺 陽(たなべ よう) 教授

専門分野:有機合成反応、環境調和型有機合成、医農薬・香料合成

有機化学は、多くの有用有機化合物の生産を通じて社会に貢献する一方で公害物質も産出しました。この反省に立ち、私は化学メーカーでの10年の企業経験、5大学研究室での経験を生かし、社会に役立つ環境調和型反応の有機合成の開発を通じ、社会へのコミットを目指します。具体的には、
(1)独自のチタン反応を利用した医薬・香料の合成。  香料化学の最大テーマである大環状ムスク香料合成=Z―シベトン・R―ムスコンの単段階・工業的製法へ向けての応用を行った。また、世界最大の製薬会社・メルク社の抗院内感染=MRSA=抗生物質の工業化に応用され、住友製薬でも応用を検討中(朝日・読売・日経・日経産業新聞に掲載)。
(2)3員環化合物を利用する独自のユニークな新有用反応の開発と生理活性天然物・医農薬合成への応用。不斉転写反応やリグナンラクトン医薬の合成。
(3)医薬ファインケミカルズ合成のための独自の各種エステル化・スルホニル化・シリル化反応の開発。スルホニル化・エステル化に関しては製薬・化学メーカーで実用化されている。(日経・日刊工業新聞に掲載)

メール:tanabe@(@以下はkwansei.ac.jp)
■業績リスト
■研究室サイト

畠山 琢次(はたけやま たくじ) 教授

専門分野:有機合成化学、有機材料化学

グラフェンの部分構造であるナノグラフェンは、次世代の機能性材料として期待され、国内外で盛んに研究されていますが、私はその中の任意の炭素をヘテロ元素(ホウ素、窒素、酸素、ケイ素、リン、硫黄、ガリウム、ゲルマニウム、セレン等)に置換した「ヘテロナノグラフェン」の合成研究を行っています。合成したヘテロナノグラフェンは置換した元素と場所に応じて半導体特性や発光特性といった様々な物性が発現しますが、その要因を分析化学・量子化学的手法を用いて明らかにしていく基礎研究と、その物性を生かした有機エレクトロニクス分野への応用研究とを並行して進めています。

メール:メールアドレス画像
■業績リスト
■研究室サイト

村上 慧(むらかみ けい) 准教授

有機合成化学、有機反応開発、遷移金属触媒化学

有機反応開発を基盤とした生物活性分子創出を行っています。 反応開発は100年以上の有機化学の歴史において一大研究分野として輝き続けています。新規の化学反応は誰も手にしたことがない分子を形作る工具となり、分子を用いる医薬や材料を大きく発展させてきました。実際、その貢献の大きさをたたえて、新反応には幾度となくノーベル賞が与えられてきました。私は分子合成を自らの手で一から行いたいと思い、4回生から反応開発の研究をはじめました。自分で世界初の反応を見つける楽しさは格別であり、この研究に魅了され続けています。 現在、我々の研究室では遷移金属触媒や光触媒を用いる新反応開発に取り組んでいます。特に配位性、塩基性、電子供与性など炭素とは一味違う窒素の特性に注目して研究を進めています。これまでも世界初の芳香族アミンを作る手法を数多く確立し、植物に作用する新しい分子を見つけてきました。今後は、ポリアミンに代表される多窒素分子構築手法を確立して、医薬や農薬など多方面に活躍する分子化学に展開していきます。

■業績リスト
■研究室サイト

矢ヶ崎 篤(やがさき あつし) 教授

専門分野:分子性酸化物、合成無機化学、溶液化学

地球上で最も豊富に存在する元素は何か。それは酸素である。地殻の重量のうちおよそ半分、体積にすると実に9割が酸素で占められている。地球上で生活して行く以上、酸素の化学というのは決して避けて通れない事柄である。我々の研究室では、この酸素の化合物、つまり酸化物についての研究を行っている。コーヒーカップから超伝導材料まで、我々の身のまわりには多種多様な酸化物があふれている。これらの様々な物質の化学を、包括的に理解する日の来ることを夢見ている。

メール:yagasaki@(@以下はkwansei.ac.jp)
■業績リスト

Last Modified : 2021-04-28 16:49

前のページ
化学科 分析・物理化学系 教員
コンテンツのトップ 次のページ
環境・応用化学科 教員
Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University