K ITAHARA L AB

トップ 管理者紹介 研究・教育 授業 研究室
研究室日誌 みなさんへ 数理科学科 理学部 関西学院大学
Kitahara Lab All Rights Reserved (2022年9月19日更新)

2022年度研究室

2022度の北原研究室メンバーは,私(北原)と学部4年生1名,前期博士課程1年生が1名からなります.

以下に今年度のゼミの内容や課題の紹介をします.

■2022年度4年生ゼミ内容

今年度は多変量解析の入門を勉強しています.主な内容は,統計的方法の基礎知識,線形代数の復習を確認してから,単回帰分析,重回帰分析を予定して います.春学期はどこまで進めることが出来るかわかりませんが,出来れば重回帰分析まで行ければと考えています.春学期・秋学期を通じて,テキストは 「永田靖・棟近雅彦著:多変量解析入門,サイエンス社,2001年」を用いることにしています.

■2022年度大学院ゼミ内容

今年度は多項式補間の基礎を学ぶことにしています.特に補間多項式を複素積分を用いて表現することも学んだ上でルンゲの現象を理解したり, テイラー展開との関わりを学んでテイラー展開の一般化を考察することを予定しています.テキストは市販のものを用いませんが,これまで 研究室でまとめてきた内容をさらに広い立場で整理して,新たな課題が提案出来ることを目指しています.



トップ 管理者紹介 研究・教育 授業 研究室
研究室日誌 みなさんへ 数理科学科 理学部 関西学院大学