K ITAHARA L AB

トップ 管理者紹介 研究・教育 授業 研究室
研究室日誌 みなさんへ 数理科学科 理工学部 関西学院大学
Kitahara Lab All Rights Reserved (2019年5月17日更新)

2018年度研究室日誌


〜2018. 10. 20 オープンキャンパス (関西学院大学 神戸三田キャンパス)〜
今日は,三田キャンパスの大学祭です.今年度は神戸三田キャンパスでのオープンキャンパスが台風で中止になってしまったため、大学祭と同日開催となりました. 理工学部では研究室を開放できるところは研究室解放をしていました. 北原研究室では,必勝のゲームのチャレンジ(Hexゲーム),ブロックの積み上げをしてみたり,直方体惑星の南極を探したり,6×10のパズル(ペントミノパズル)と短い時間ではありましたが,体験数理を訪問者の方々に楽しんでもらえたと思っています. 研究室では,「みなさんへ」のコーナーにも書いているように,こういった機会以外でも都合が合えば体験数理を行いますので,お問い合わせください.

発表風景 発表風景 発表風景


〜2018. 8. 25 マスフェスタ (関西学院大学 上ヶ原キャンパス)〜
本日は、上ヶ原キャンパスにて,マスフェスタが行われました. このイベントは,数学を研究している高校生が自身の研究成果を発表したり,他の高校生がどのような研究を行っているかを知ることのできる機会となっています. また,数理科学科の研究室も大学でどのようなことを研究しているかを高校生に発表し,また高校生の研究へのアドバイスをしました. 北原研究室では,関数洞窟についての発表を行いました。 ある区間において関数を一つ用意し,それを平行移動したことによってできる領域のことを関数洞窟と呼びます.この領域を通過することのできる関数はどのようなものかを標本点をとることで考えるというものです.3種類の関数洞窟についてコンテストを開催し, 多くの高校生に参加をしていただきました. このような活動を通して,数学への関心をより深め,数学は楽しいと感じていただければと思っています.
発表風景 発表風景 発表風景


2017年度研究室日誌


〜2018. 1. 28 サイエンスフェア in 兵庫 (兵庫県立大学神戸情報科学キャンパス)〜
この日は,神戸三宮のポートアイランドにある兵庫県立大学神戸情報科学キャンパスでサイエンスフェアin 兵庫が行われました. サイエンスフェアin 兵庫に研究室の大学院生の2人に参加をしてもらい,研究室の研究テーマの1つである多項式補間を参加者の皆さんに体験してもらいました. 2時間30分の間に50名を超える皆さんに体験してもらい,反応も上々でした. こういった体験発表は可能なところで,展開していきたいと思います.

発表風景 発表風景 発表風景


〜2017.11.25 Sci-tech Reseach Forum (関西学院大学 神戸三田キャンパス)〜
本日は,神戸三田キャンパスでSci-Tech Research Forum が行われました. この Forum は理系の研究課題をやっている高校生の発表と共に理工学部の学部生や大学院生の研究成果を紹介する機会となっております. 高校生にとって,大学生や大学院生の研究成果をみてこれから大学で学ぶ良い刺激を受けるだけでなく,課題研究についての大学側からのアドバイスをもらえたりします. 下の写真が,北原研究室の研究成果の紹介の1コマです. 多項式補間について説明しています. 近似される関数とその補間多項式との誤差を出来るだけ小さくなるように標本点をうまく選ぶコンテストも行ったせいか,多くの高校生に興味をもってもらえたように思います. こういう活動を通して,高校生の皆さんに理系分野に大いに興味を持ってもらえればと思います.

発表風景 発表風景


2016年度研究室日誌


〜2017. 6. 14〜
帝塚山学院高等学校で2年生、3年生を対象に三田キャンパスでの学びとゲームの勝敗に関する模擬授業をやって来ました。 前半の三田キャンパスでの学びの説明は静かな感じで聞いてもらっていましたが、後半の模擬授業になると反応が良くなり、 収拾がつかなくなることがしばしばでした。もっとポイントを絞って説明する工夫を心がけられればと思いました。また、 授業後に2年生、3年生から理工学部に関する質問を受け、非常に熱心な様子が伺えました。

授業風景


〜2017. 1. 29〜
この日は,神戸三宮のポートアイランドにある兵庫県立大学神戸情報科学キャンパスで行われましたサイエンスフェアin 兵庫に研究室の大学院生の2人に参加をしてもらい,研究室の研究テーマの1つである多項式補間を参加者の皆さんに体験してもらいました.皆さんは関数 f(x) = |x| のグラフはお目にかかっていると思います.このグラフを高々 6 次の多項式曲線で近似しようとする体験です.2時間30分の間に50名を超える皆さんに体験してもらい,反応も上々でした.こういった体験発表は可能なところで,展開していきたいと思います.

三田キャンパスの見学会


〜2017. 1. 21〜
この日は,研究室の後期博士課程2年生島田君がInternational Conference on Applied Physics and Mathematics 2017(中央大学で開催) という国際会議で研究成果を発表してきました.発表のタイトルは,"A Note on Multiplicity Weight of Nodes of Two Point Taylor Expansion" で日本語で書くと「2点テイラー展開の中心点における重複度比率について」となります.かなり大まかになりますが,微分の平均値の定理を用いて,微分に関する最重要な定理,結果であるテイラーの定理,テイラー展開というものが得られますが,そのテイラー展開の続きになるようなことを発表をしました.そのテーマは,研究室で10年近く取り組んできたもので,島田君のところで一区切りがつきました.研究室で興味をもつ学生が現れれば,引き継いで行ければと思っています.
三田キャンパスの見学会


〜2016. 12. 13〜
この日は,お昼前から千里高校の1年生の皆さん(約160名)を理工学部で迎え入れまして,学問紹介,ワークショップ,三田キャンパス見学を行いました.研究室ではワークショップを担当し,2クラスに分けて行いました.1時間のワークショップとはいえ,約80名のクラスなので,きめ細かい配慮が出来るか不安もありましたが,非常にメリハリのきいたものとなりました.千里高校の生徒の皆さんがもつ元気で明るい雰囲気も楽しめました.内容は2人で行うヘックスというゲームが先手必勝であることの解説をし,最後はみんなでヘックスゲームをして先手必勝であることを実感する(?)というものでした.写真は,小さなヘックボードを使って,各自で対戦をシミュレーションしてもらい,引分けにならないことを確かめてもらっている場面です.この日の訪問で理工学に大いに興味をもってもらえればと思います.

三田キャンパスの見学会


〜2016. 11. 26〜
今日は,三田キャンパスでSci-Tech Research Forum が行われました.この Forum は理系の研究課題をやっている高校生の発表と共に理工学部の学部生や大学院生の研究成果を紹介する機会となっております.高校生にとっては,大学生や大学院生の研究成果をみてこれから大学で学ぶ良い刺激を受けるだけでなく,課題研究についての大学側からのアドバイスをもらえたりします.左端の写真が,北原研究室の研究成果の紹介の1コマです.多項式補間について説明しています.近似される関数とその補間多項式との誤差を出来るだけ小さくなるように標本点をうまく選ぶコンテストも行ったせいか,多くの高校生に興味をもってもらえたように思います.午後は,研究室開放を行いました.真ん中の写真(ペントミノパズルの紹介)と右端の写真(多項式補間と標本点を選ぶコンテスト)がそうで,体験を通して数理の一端を見てもらいました.こういう活動を通して,高校生の皆さんに理系分野に大いに興味を持ってもらえればと思います.

三田キャンパスの見学会 三田キャンパスの見学会 三田キャンパスの見学会


〜2016. 10. 22〜
今日は,三田キャンパスの大学祭です.同時に理工学部では研究室を開放できるところは研究室解放をしていました.北原研究室では,ボロノイ図を描いてもらったり,ブロックの積み上げをしてみたり,直方体惑星の南極を探したり,ルービックキューブの動きを見たりと短い時間ではありましたが,体験数理を訪問者の方々に楽しんでもらえたと思っています.研究室では,こういった機会以外でも都合が合えば体験数理を行いますので,お問い合わせください(連絡先は管理者アドレス(北原)です).

三田キャンパスの見学会

三田キャンパスの見学会


〜2016. 9. 21〜
朝,関空から上海に向かい,お昼過ぎから協定校の1つである上海日本人学校の高等部で模擬授業をしてきました.1学年は約40名で,高等部全体で120名ほどで,高等部生全員が数学の模擬授業を受けるという特別企画を設定してもらいました.始めは,教員も生徒も距離感を測るような感じで,ぎこちなかったのですが,石取りゲームの必勝手を説明をしているうちにほぐれてきました.写真はペントミノのパターンを考えてもらっている様子の1コマです.授業が終わってから,感想を含めたレポートを書いてもらいました.内容の改善に活かして行きたいと思います.

三田キャンパスの見学会


〜2016. 9. 17〜
今日は10時過ぎから,啓明学院高等学校の保護者の方々を対象に三田キャンパスの見学会の最初の挨拶をさせてもらいました.時間に少し余裕がありましたので,本題の前にペントミノパズルの話をしました.100名ほどの参加がありました.最初は,こちらからの質問に答えるのにためらいがありましたが,途中からパズルに興味をもってもらったようで,最終的にはペントミノすべてのパターンを皆さんで見つけてもらうことが出来て,こちらも楽しませてもらいました.

三田キャンパスの見学会


〜2016. 7. 31〜
三田キャンパスのオープンキャンパスの日でした.研究室ではこのホームページの体験数理のコーナーで紹介している4つの 話題を生徒や保護者のみなさんに体験を交えながら説明をしました.多くの保護者の方々も積極的に取り組んでもらっていた ことが印象的でした.体験数理の説明はオープンキャンパス以外のときでも都合が合えば行いますので,気軽に 管理者アドレス(北原)までお問い合わせして下さい.

オープンキャンパスの写真


〜2016. 5. 27〜
北原研究室は21年目を迎えています.研究室を巣立ったOB,OGの方々の近況を時間があるときに寄せてもらったら と思っています.アドレスは管理者アドレス(北原)です.

〜2016. 4. 29〜
体験数理にアップ予定の題材「直方体惑星の南極を探そう!!」の資料を 作成中です.私たちの住んでいる地球はおおよそ球体で,北極から見て南極は球の表面に沿って 距離を測ったときに,もっとも遠い地点になります.もし,直方体の惑星に住んでいて,直方体の頂点 の1つを北極としたとき,もっとも遠い地点である南極はどこにあるかという問題を考えようとしています. 5月中にアップしたいと思っています.




トップ 管理者紹介 研究・教育 授業 研究室
研究室日誌 みなさんへ 数理科学科 理工学部 関西学院大学