メンバー

加藤 昌子教授KATO Masako

研究分野

金属錯体の発光特性と構造化学特性の研究および光機能性開発

研究テーマ

キーワード

ソフトクリスタル、柔軟な構造秩序、刺激応答、光機能、クロミック金属錯体、発光、相転移、有機結晶、ベイポクロミズム

 略歴

1981年 名古屋大学理学研究科化学専攻
1981年 博士前期課程修了
1981年 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所技官
1985年 京都大学理学部転任
1985年 奈良女子大学理学部 助手
1996年 奈良女子大学理学部 助教授
1999年 奈良女子大学大学院人間文化研究科転任
2006年 北海道大学大学院理学研究院 教授
2019年 北海道大学ディスティングイッシュトプロフェッサー
2021年 関西学院大学生命環境学部 教授
2021年 北海道大学大学院理学研究院 客員教授
現在に至る。

 

学位

理学博士(名古屋大学 1986年)

所属

関西学院大学 生命環境学部 環境応用化学科
北海道大学 大学院理学研究院化学部門 客員教授
ORCID ID: 0000-0002-6932-9758

プロフィールの詳細は「関西学院大学 教員・研究者紹介」ページをご覧ください。

主な業績

研究論文

  • D. Saito, T. Ogawa, M. Yoshida, J. Takayama, S. Hiura, A. Murayama, A. Kobayashi, and M. Kato*, “Intense Red-Blue Luminescence Based on Superfine Control of Metal-Metal Interactions for Self-Assembled Platinum(II) Complexes”, Angew. Chem. Int. Ed202059, 18723–18730. DOI: 10.1002/anie.202008383
  • M. Yoshida and M. Kato*, “Cation-controlled luminescence behavior of anionic cyclometalated platinum(II) complexes”, Coord. Chem. Rev. 2020408, 213194. DOI: 10.1016/j.ccr.2020.213194
  • H. Matsukawa, M. Yoshida, T. Tsunenari, S. Nozawa, A. Sato-Tomita, Y. Maegawa, S. Inagaki, A. Kobayashi, M. Kato*, “Fast and stable vapochromic response induced through nanocrystal formation of a luminescent platinum(II) complex on periodic mesoporous organosilica”, Sci. Rep. 2019, 9:15151. DOI: 10.1038/s41598-019-51615-w
  • M. Yoshida*, H. Shitama, W. M. C. Sameera, A. Kobayashi, and M. Kato*, “Robust Triplatinum Redox-chromophore for a Post-synthetic Color-tunable Electrochromic System”, Chem. Eur. J201925, 7669−7678, DOI: 10.1002/chem.201900713 (Inside Cover Art)
  • M. Kato*, H. Ito, M. Hasegawa and K. Ishii, “Soft Crystals -Flexible Response Systems with High Structural Order”, Chem. Eur. J., 201925, 5105–5112. (Concept, Frontispiece) DOI: 10.1002/chem.201805641
  • T. Ogawa, W. M. C. Sameera, D. Saito, M. Yoshida, A. Kobayashi and M. Kato*, “Phosphorescence Properties of Discrete Platinum(II) Complex Anions Bearing N-heterocyclic Carbenes in the Solid State”, Inorg. Chem201857, 14086-14096. (Supplementary Cover Art) DOI: 10.1021/acs.inorgchem.8b01654
  • M. Yoshida and M. Kato*, “Regulation of metal–metal interactions and chromic phenomena of multi-decker platinum complexes having π-systems” Coord. Chem. Rev.2018356, 101-115. DOI: 10.1016/j.ccr.2017.07.016
  • H. Ohara, T. Ogawa, M. Yoshida, A. Kobayashi and M. Kato*, “Reversible luminescent colour changes of mononuclear copper(I) complexes based on ligand exchange reactions by N-heteroaromatic vapours”, Dalton Trans.201746, 3755−3760. DOI: 10.1039/c7dt00532f.
  • A. Kobayashi, R. Arata, T. Ogawa, M. Yoshida and M. Kato*, “Effect of Water Coordination on Luminescent Properties of Pyrazine-Bridged Dinuclear Cu(I) Complexes”, Inorg. Chem.201756, 4280–4288. DOI: 10.1021/acs.inorgchem.6b02578. (Cover Art)
  • P. Kar, M. Yoshida, Y. Shigeta, A. Usui, A. Kobayashi, T. Minamidate, N. Matsunaga and M. Kato*, “Methanol-triggered Vapochromism Coupled with Solid-state Spin Switching in a Ni(II)-quinonoid Complex”, Angew. Chem. Int. Ed.201756, 2345–2349. DOI: 10.1002/anie.201611085 (Back Cover)
  • A. Kobayashi and M. Kato*, “Stimuli-Responsive Luminescent Copper(I) Complexes for Intelligent Emissive Devices” Chem. Lett. (Highlight Review), 201746, 154–162. (Cover picture) DOI: 10.1246/cl.160794
  • K. Shimada, A. Kobayashi, Y. Ono, H. Ohara, T. Hasegawa, T. Taketsugu, E. Sakuda, S. Akagi, N. Kitamura and M. Kato*, “Core-Structure-Dependent Luminescence of Thiolato-Bridged Copper(I) Cluster Complexes”, J. Phys. Chem. C, 2016120, 16002–16011. DOI: 10.1021/acs.jpcc.5b12688
  • Y. Shigeta, A. Kobayashi*, T. Ohba, M. Yoshida, T. Matsumoto, H.-C. Chang and M. Kato*, “Shape-memory Platinum(II) Complexes: Intelligent Vapor-History Sensor with ON-OFF Switching Function”, Chem., Eur. J. 201622, 2682–2690. DOI: 10.1002/chem.201503247 (Cover picture)
  • M. Yoshida, N. Yashiro, H. Shitama, A. Kobayashi and M. Kato*, “Redox-active dinuclear platinum complex exhibiting multi-colored electrochromism and luminescence”, Chem. Eur. J. 2016, 22, 491–495. DOI: 10.1002/chem.201504478
  • T. Ogawa, M. Yoshida, H. Ohara, A. Kobayashi and M. Kato*, “Dual-emissive ionic liquid based on an anionic platinum(II) complex”, Chem. Commun. 201551, 13377–13380. DOI:  10.1039/C5CC04407C
  • T. Matsumoto, H.-C. Chang*, M. Wakizaka, S. Ueno, A. Kobayashi, A. Nakayama, T. Taketsugu and M. Kato*, “Non precious-metal-assisted Photochemical Hydrogen Production from ortho-Phenylenediamine”, J. Am. Chem. Soc. 2013135, 8646−8654. DOI: 10.1021/ja4025116
  • T. Ohba, A. Kobayashi, H.-C. Chang and M. Kato*, “Vapour and mechanically induced chromic behaviour of platinum complexes with a dimer-of-dimer motif and the effects of hetero metal ions”, Dalton. Trans., 201342, 5514−5523. DOI: 10.1039/c3dt33100h
  • M. Kato*, S. Kishi, Y. Wakamatsu, Y. Sugi, Y. Osamura, T. Koshiyama and M. Hasegawa, “Outstanding Vapochromism and pH-dependent Coloration of Dicyano(4,4′-dicarboxy-2,2′- bipyridine)platinum(II) with a Three-dimensional Network Structure”, Chem. Lett., 200534, 1368−1369. DOI: 10.1246/cl.2005.1368
  • M. Kato*, “Luminescent Platinum Complexes Having Sensing Functionalities”, Bull. Chem. Soc. Jpn.200780, 287–294. DOI: 10.1246/bcsj.80.287
  • M. Kato*, A. Omura, A. Toshikawa, S. Kishi and Y. Sugimoto, “Vapor-Induced Luminescence Switching in Crystals of the Syn Isomer of a Dinuclear (Bipyridine)platinum(II) Complex Bridged with Pyridine-2-Thiolate Ions”, Angew. Chem.Int. Ed.200241, 3183−3185. DOI: 10.1002/1521-3773

全件は「論文」ページをご覧ください。

学会及び社会における活動等

1979年4月 日本化学会正会員,現在に至る
1981年4月 錯体化学研究会(現錯体化学会)正会員,現在に至る
1997年4月 日本化学会有機結晶部会会員,現在に至る
1999年9月 錯体化学研究会将来検討委員会委員(~2000年9月)
2000年3月 光化学協会正会員,現在に至る
2002年1月 光化学協会理事(~2003年 12月)
2002年1月 米国化学会正会員,現在に至る
2002年9月 錯体化学会理事(~2004年 9月)
2006年4月 分析化学会会員,北海道支部幹事,現在に至る
2006年4月 自然科学研究機構分子科学研究所運営会議委員(~2010年3月)
2006年10月 日本学術会議連携会員(~2014年 9月)
2006年9月 錯体化学会理事(~2008年 9月)
2007年3月 日本化学会速報誌編集委員(~2010年 3月)
2008年1月 光化学協会理事(~2009年12月)
2009年9月 錯体化学会理事(~2011年 9月)副会長(2010年9月~2011年9月)
2010年1月 日本化学会北海道支部代議員(~2010年 12月)
2013年8月 科学技術振興機構さきがけ領域アドバイザー(~2018年 3月)
2013年5月 日本化学会理事(~2015年 5月)
2014年1月 科学技術振興機構CREST領域中間評価委員(~2015年 6月)
2014年10月 日本学術会議会員、化学委員会副委員長(~2017年 9月)
2015年4月 内閣府エネルギー戦略協議会ナノテク・材料ワーキンググループ構成員(~2015年9月)
2015年4月 日本学術振興会学術システム研究センター員(~2018年3月)
2015年4月 文部科学省研究開発局科学技術・学術審議会組織「環境エネルギー科学技術委員会」委員,現在に至る
2015年4月 文部科学省研究開発局科学技術・学術審議会組織「ナノテク材料委員会」委員(~2017年2月)
2015年7月 科学技術振興機構ERATOパネルメンバー(~2016年 3月)
2015年7月 科学技術振興機構CREST領域アドバイザー,現在に至る
2016年1月 科学技術振興機構さきがけ領域事後評価委員(~2016年 3月)
2016年3月 日本分析化学会北海道支部長(~2018年 2月)
2016年3月 文部科学省研究開発局科学技術・学術審議会研究環境基盤部会「共同利用・共同研究拠点に関する作業部会」委員(~2021年3月予定)
2017年4月 日本分析化学会理事(~2018年 3月)
2017年10月 日本学術会議会員、化学委員会委員長(~2020年9月)
2017年12月 科学技術振興機構CREST領域事後評価委員(~2018年3月)
2018年1月 光化学協会理事(~2020年12月予定)
2019年5月 日本化学会理事、副会長、筆頭副会長(~2021年 5月予定)
2020年1月 米国化学会Inorganic Chemistry, Advisory Board Member
2021年1月 英国化学会Dalton Transactions, Advisory Board Member

受賞

1994年10月 日本化学会若い世代の特別講演会(第9回)講演賞
2017年3月 (一財)田中貴金属記念財団奨励賞
2018年3月 平成29年度北海道大学教育研究総長表彰
2019年4月 北海道大学Distinguished Professor 称号付与
2019年9月 光化学協会Lectureship Award
2020年4月 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
2020年9月 錯体化学会賞