ページ先頭に戻る
受賞 : 第6回RICOH & Java™ Developer Challenge Plus 2013 グランプリ受賞−巳波研究室
投稿日時: 2014-1-23 15:00:00 (5198 ヒット)

株式会社リコー主催 JVM(Java™ Virtual Machine)を搭載したリコー製品を使い、Java™プログラミングによるビジネスアプリケーション開発の発想と技術を競う学生プログラミングコンテスト2013「RICOH & Java™ Developer Challenge Plus 2013」にて、本学情報科学科巳波研究室チーム<ダイコラスタ>(情報科学専攻M2辻広志氏、西田幸平氏、情報科学科4年棟近 高大氏、山村 太樹氏、松井 知美氏、松尾瞭汰氏)が出展した作品「ここっぴmaker」がグランプリを受賞しました。

「ここっぴmaker」(システム名)を開発し、低年齢層の子どもに対するプログラミング教育を支援するシステムを提案しました。「みぎにうごく」「すこしまつ」「ひだりにまわす」など命令が印刷されたピース(紙)を切って、自分の描いた手書きの絵とともに台紙上で組み合わせて貼ってプログラムを作成し、複合機のスキャナーで読み取らせると、プログラムを解析して、手描きの絵が動くアニメーションを生成し,プロジェクターで投影するというものです。

昨年も同大会で準グランプリを受賞していますが,今回はさらに上を目指して
頑張った結果,見事にグランプリを獲得する結果となりました.

詳細については、こちらを参照下さい。

Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University