ページ先頭に戻る
投稿日時: 2019-5-13 19:15:39 (120 ヒット)


3月に米国フィラデルフィアで開催された「Pittsburg Conference(世界最大の分析化学、応用分光学会議)」にて本学名誉教授 尾崎幸洋先生が、「Pittsburg Spectroscopy Award」を受賞されました。
受賞についてはこちらをご覧ください。
今年で62年目となる栄誉ある賞で、過去の受賞者の中には3人のノーベル化学賞受賞者、G. Herzberg(カナダ)A. H. Zewail(アメリカ)W. E. Moerner(アメリカ)も含まれており、「分光学のノーベル賞」とも言われているもので、日本人としては初めての受賞となります。
尾崎先生の長年にわたる分子分光学の基礎と応用における傑出した貢献が評価され、今回の受賞となりました。
尾崎先生は、「この賞はまさに尾崎研29年の知の結集、努力の成果に対して与えられたものであり、関学理工学部と尾崎研究室の皆さんのおかげです」と感謝の辞を述べられました。


  • Pittsburgh-Spectroscopy-Award-History


  • Angebandte News

  •  (KG News 記事へ)


    投稿日時: 2019-4-26 9:06:00 (115 ヒット)

    安田充氏(研究特別任期制助教・重藤研)が日本農芸化学会2019年度大会において、トピックス賞を受賞しました。
    受賞題目は「安定同位体標識ラマンイメージングを用いた糸状菌の代謝ダイナミクスの可視化」です。
    安田充氏(研究特別任期制助教・重藤研)の発表が日本農芸化学会2019年度大会において、社会的インパクト、農芸化学らしさ、科学的レベルなどの観点から大会実行委員会および本会広報委員会により、全演題1676件の中から大会トピックス演題に選定され、トピックス賞を受賞しました。また選定された演題はトピックス集に掲載後、報道機関へ無償配布され、報道機関各社を招いた記者会見で紹介されました。


    投稿日時: 2019-4-24 14:18:43 (97 ヒット)

    本学理工学部 小田 晋助教(化学科 畠山研究室 )が日本化学会第99春季年会 において、優秀講演賞(学術)を受賞しました。
    受賞題目は「4配位ホウ素を縮環部に有するダブルヘリセンの合成と物性」です。

    詳しくはこちらをご覧ください


    投稿日時: 2019-4-12 15:58:00 (145 ヒット)

    中西瑠海氏(情報科学科4年・高橋和子研)が情報処理学会第81回全国大会において、学生奨励賞を受賞しました。
    受賞題目は「論理型言語 PROLEG から双極議論フレームワークへの変換のCoqによる形式化と証明」です。

    詳しくはこちらをご覧ください


    投稿日時: 2019-3-26 14:26:00 (137 ヒット)

    山下量之氏(情報科学科4年・大崎博研)が情報通信マネジメント研究会において、情報通信マネジメント英語セッション奨励賞を受賞しました。
    受賞題目は「A Study on Robustness of Complex Networks against Non-Adversely Node Removals」です。

    詳しくはこちらをご覧ください


    投稿日時: 2019-3-26 14:25:00 (119 ヒット)

    松井大樹氏(情報科学専攻・M2・大崎博研)が電子情報通信学会において、インターネットアーキテクチャ 若手ポスターセッション プレゼンテーション賞を受賞しました。
    受賞題目は「グラフ上の制約付きランダムウェイポイント移動モデルの平均初回到着時間に関する一検討」です。


    投稿日時: 2019-3-22 16:51:00 (121 ヒット)

    松尾涼太郎氏(情報科学専攻・M1・大崎博研)が2019年 電子情報通信学会総合大会において、インターネットアーキテクチャ若手ポスターセッションプレゼンテーション賞を受賞しました。
    受賞題目は「A Study on Effective Solution for Minimum Link Flow Problem」です。


    Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University