研究実績 | 関西学院大学理工学部 生命科学科 染色体機能学研究室

関西学院大学理工学部 生命科学科 染色体機能学研究室 関西学院大学理工学部 生命科学科 染色体機能学研究室 関西学院大学理工学部 生命科学科 染色体機能学研究室

english

研究実績Achievement

学術雑誌(査読制度) | 著者・総説 | 学会発表(2005年度以降) | 研究費 | 受賞・特許歴

学術雑誌(査読制度)

2019年

  • Mennie, A.K., Moser, B.M., Hoyle, A., Low, R.S., Tanaka, K. and Nakamura, T.M. Tpz1TPP1 prevents telomerase activation and protects telomeres against fusions by modulating the Stn1-Ten1 complex in fission yeast. Communication Biology. In press (2019)
  • Hayashi, A., Tanaka, K. Short-Homology-Mediated CRISPR/Cas9-Based Method for Genome Editing in Fission Yeast. G3. 9(4):1153-1163. (2019)

2018年

  • Kotomura, N., Tsunemine, S., Kuragano, M., Asanuma, T., Nakagawa, H., Tanaka, K., Murakami, Y. Sfh1, an essential component of the RSC chromatin remodeling complex, maintains genome integrity in fission yeast. Genes Cells, 23(9):738-752. (2018)

2016年

  • Noguchi, C., Grothusen, G., Anandarajan, V., Martínez-Lage García, M., Terlecky, D., Corzo, K., Tanaka, K., Nakagawa, H., Noguchi, E. Genetic controls of DNA damage avoidance in response to acetaldehyde in fission yeast. Cell Cycle, 16(1):45-58.(2017)

2014年

  • Sartagul, W., Zhou, X., Yamada, Y., Ma, Ning, Tanaka, K., Furuyashiki, T. and Ma, Y.: MluI Cell Cycle Box (MCB), but not Damage-responsive Elements (DREs), is Responsible for the Transcriptional Induction of rhp51+ Gene in Response to DNA Replication Stress. PLoS One, 9(11): e111936. (2014)
  • Miyagawa, K., Low, R.S., Santosa, V., Tsuji, H., Moser, B.M., Fujisawa, S., Harland, L.J., Raguimova, O.N., Go, A., Ueno, M., Matsuyama, A., Yoshida, M., Nakamura, T.M., and Tanaka, K. SUMOylation regulates telomere length by targeting Tpz1Tpp1 to modulate shelterin-Stn1 interaction in fission yeast. Proc Natl Acad Sci U S A,111(16):5950-5955. (2014)

2013年

  • Santosa V, Martha S, Hirose N, Tanaka K. (2013) The Fission Yeast MCM-BP, Mcb1, Regulates MCM Function during Pre-Replicative Complex Formation in DNA Replication. J. Biol. Chem. 288(10):6861-6880
  • Strzalka W, Bartnicki F, Peles K, Jakubowska A, Tsurimoto T, and Tanaka K. (2013) RAD5a ubiquitin ligase is involved in ubiquitination of Arabidopsis thaliana proliferating cell nuclear antigen. J Exp Bot.64(4):859-869

2012年

  • Strzalka W, Labecki P, Bartnicki F, Aggarwal C, Rapala-Kozik M, Tani C, Tanaka K, Gabrys H. (2012) Arabidopsis thaliana proliferating cell nuclear antigen has several potential sumoylation sites. J Exp Bot.;63(8):2971-83

2010年

  • Tanaka K. (2010) Multiple Functions of S-phase Checkpoint Mediator. Biosci. Biotechnol.
    Biosci.,74(12):2367-73

2009年

  • Okada S, Nagabuchi M, Takamura Y, Nakagawa T, Shinmyozu K, Nakayama J, Tanaka K (2009)
    Reconstitution of Arabidopsis thaliana SUMO pathways in E. coli: functional evaluation of SUMO machinery proteins and mapping of SUMOylation sites by mass spectrometry. Plant Cell Physiol. 50(6):1049-61

2008年

  • Sadaie M, Kawaguchi R, Ohtani Y, Arisaka F, Tanaka K, Shirahige K, Nakayama J (2008) Balance between distinct HP1 family proteins controls heterochromatin assembly in fission yeast. Mol Cell Biol 28(23): 6973-6988
  • Nakagawa T, Nakamura S, Tanaka K, Kawamukai M, Suzuki T, Nakamura K, Kimura T, Ishiguro S (2008) Development of R4 gateway binary vectors (R4pGWB) enabling high-throughput promoter swapping for plant research. Biosci Biotechnol Biochem 72(2): 624-62
  • Kato H, Matsunaga F, Miyazaki S, Yin L, D'Urso G, Tanaka K, Murakami Y (2008) Schizosaccharomyces pombe Orc5 plays multiple roles in the maintenance of genome stability throughout the cell cycle. Cell Cycle 7(8): 1085-1096
  • Dohke K, Miyazaki S, Tanaka K, Urano T, Grewal SI, Murakami Y (2008) Fission yeast chromatin assembly factor 1 assists in the replication-coupled maintenance of heterochromatin. Genes Cells 13(10): 1027-1043

2007年

  • Nakagawa, T., Suzuki, T., Murata, S., Nakamura, S., Hino, T., Maeo, K., Tabata, R., Kawai, T., Tanaka, K., Niwa, Y., Watanabe, Y., Nakamura, K., Kimura, T. and Ishiguro, S. (2007) Improved Gateway binary vectors: high-performance vectors for creation of fusion constructs in transgenic analysis of plants.Biosci Biotechnol Biochem, 71, 2095-2100.
  • Nakagawa, T., Kurose, T., Hino, T., Tanaka, K., Kawamukai, M., Niwa, Y., Toyooka, K., Matsuoka, K., Jinbo, T. and Kimura, T. (2007) Development of series of gateway binary vectors, pGWBs, for realizing efficient construction of fusion genes for plant transformation. J Biosci Bioeng, 104, 34-41.

2006年

  • Yakura, M., Ozoe, F., Ishida, H., Nakagawa, T., Tanaka, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2006) zds1, a novel gene encoding an ortholog of Zds1 and Zds2, controls sexual differentiation, cell wall integrity and cell morphology in fission yeast. Genetics, 172, 811-825.
  • Locovei, A.M., Spiga, M.G., Tanaka, K., Murakami, Y. and D'Urso, G. (2006) The CENP-B homolog, Abp1, interacts with the initiation protein Cdc23 (MCM10) and is required for efficient DNA replication in fission yeast. Cell Div, 1, 27.
  • Kawamoto, H., Miki, Y., Kimura, T., Tanaka, K., Nakagawa, T., Kawamukai, M. and Matsuda, H. (2006) Effect of function from Mozuku on human stomach cell lines. Food Sci. Technol. Res. , 12, 223-227.
  • Kawamoto, H., Horibe, A., Miki, Y., Kimura, T., Tanaka, K., Nakagawa, T., Kawamukai, M. and Matsuda, H. (2006) Cloning and sequencing analysis of alginate lyase genes from the marine bacterium Vibrio sp. O2.Mar Biotechnol (NY), 8, 481-490.

2005年

  • Spink, K., Ho, J.C., Tanaka, K., Watts, F.Z. and Chambers, A. (2005) The telomere-binding protein Taz1p as a target for modification by a SUMO-1 homologue in fission yeast. Biochem Genet, 43, 103-117.
  • Matsuo, Y., Tanaka, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2005) cda1+, encoding chitin deacetylase is required for proper spore formation in Schizosaccharomyces pombe. FEBS Lett, 579, 2737-2743.
  • Goldar, M.M., Jeong, H.T., Tanaka, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2005) Moc3, a novel Zn finger type protein involved in sexual development, ascus formation, and stress response of Schizosaccharomyces pombe. Curr Genet, 48, 345-355.

2004年

  • Tanaka, K. and Russell, P. (2004) Cds1 phosphorylation by Rad3-Rad26 kinase is mediated by forkhead-associated domain interaction with Mrc1. J Biol Chem, 279, 32079-32086.
  • Tanabe, K., Tanaka, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2004) Truncated Sla1 induces haploid meiosis through the Pat1-Mei2 system in fission yeast. Biosci Biotechnol Biochem, 68, 266-270.
  • Matsuo, Y., Tanaka, K., Nakagawa, T., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2004) Genetic analysis of chs1+ and chs2+ encoding chitin synthases from Schizosaccharomyces pombe. Biosci Biotechnol Biochem, 68, 1489-1499.
  • Matsuo, Y., Matsuura, Y., Tanaka, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2004) Chr4, a Schizosaccharomyces pombe homologue of the Saccharomyces cerevisiae Chs4p/Skt5p protein, is related to septum formation and is required for the proper localization of Chs2. Yeast, 21, 1005-1019.
  • Jeong, H.T., Ozoe, F., Tanaka, K., Nakagawa, T., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2004) A novel gene, msa1, inhibits sexual differentiation in Schizosaccharomyces pombe. Genetics, 167, 77-91.
  • Jeong, H.T., Oowatari, Y., Abe, M., Tanaka, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2004) Interaction between a negative regulator (Msa2/Nrd1) and a positive regulator (Cpc2) of sexual differentiation in Schizosaccharomyces pombe. Biosci Biotechnol Biochem, 68, 1621-1626.

2003年

  • Zhao, H., Tanaka, K., Noguchi, E., Noguchi, C. and Russell, P. (2003) Replication checkpoint protein Mrc1 is regulated by Rad3 and Tel1 in fission yeast. Mol Cell Biol, 23, 8395-8403.
  • Tanabe, K., Ito, N., Wakuri, T., Ozoe, F., Umeda, M., Katayama, S., Tanaka, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2003) Sla1, a Schizosaccharomyces pombe homolog of the human La protein, induces ectopic meiosis when its C terminus is truncated. Eukaryot Cell, 2, 1274-1287.

2002年

  • Shimono, K., Shigeru, K., Tsuchiya, A., Itou, N., Ohta, Y., Tanaka, K., Nakagawa, T., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2002) Two glutamic acids in chitosanase A from Matsuebacter chitosanotabidus 3001 are the catalytically important residues. J Biochem (Tokyo), 131, 87-96.
  • Ozoe, F., Kurokawa, R., Kobayashi, Y., Jeong, H.T., Tanaka, K., Sen, K., Nakagawa, T., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2002) The 14-3-3 proteins Rad24 and Rad25 negatively regulate Byr2 by affecting its localization in Schizosaccharomyces pombe. Mol Cell Biol, 22, 7105-7119.
  • Nakagawa, H., Lee, J.K., Hurwitz, J., Allshire, R.C., Nakayama, J., Grewal, S.I., Tanaka, K. and Murakami, Y. (2002) Fission yeast CENP-B homologs nucleate centromeric heterochromatin by promoting heterochromatin-specific histone tail modifications. Genes Dev, 16, 1766-1778.

2001年

  • Tanaka, K. and Russell, P. (2001) Mrc1 channels the DNA replication arrest signal to checkpoint kinase Cds1. Nat Cell Biol, 3, 966-972.
  • Tanaka, K., Boddy, M.N., Chen, X.B., McGowan, C.H. and Russell, P. (2001) Threonine-11, phosphorylated by Rad3 and atm in vitro, is required for activation of fission yeast checkpoint kinase Cds1. Mol Cell Biol, 21, 3398-3404.
  • Lopez-Girona, A., Tanaka, K., Chen, X.B., Baber, B.A., McGowan, C.H. and Russell, P. (2001) Serine-345 is required for Rad3-dependent phosphorylation and function of checkpoint kinase Chk1 in fission yeast.Proc Natl Acad Sci U S A, 98, 11289-11294.

2000年

  • Zhou, G.L., Yamamoto, T., Ozoe, F., Yano, D., Tanaka, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2000) Identification of a 14-3-3 protein from Lentinus edodes that interacts with CAP (adenylyl cyclase-associated protein), and conservation of this interaction in fission yeast. Biosci Biotechnol Biochem, 64, 149-159.
  • Uchida, N., Suzuki, K., Saiki, R., Kainou, T., Tanaka, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (2000) Phenotypes of fission yeast defective in ubiquinone production due to disruption of the gene for p-hydroxybenzoate polyprenyl diphosphate transferase. J Bacteriol, 182, 6933-6939.

1999年

  • Tanaka, K., Nishide, J., Okazaki, K., Kato, H., Niwa, O., Nakagawa, T., Matsuda, H., Kawamukai, M. and Murakami, Y. (1999) Characterization of a fission yeast SUMO-1 homologue, pmt3p, required for multiple nuclear events, including the control of telomere length and chromosome segregation. Mol Cell Biol, 19, 8660-8672.
  • Saito, T., Tadakuma, K., Takahashi, N., Ashida, H., Tanaka, K., Kawamukai, M., Matsuda, H. and Nakagawa, T. (1999) Two cytosolic cyclophilin genes of Arabidopsis thaliana differently regulated in temporal- and organ-specific expression. Biosci Biotechnol Biochem, 63, 632-637.
  • Saito, T., Niwa, Y., Ashida, H., Tanaka, K., Kawamukai, M., Matsuda, H. and Nakagawa, T. (1999) Expression of a gene for cyclophilin which contains an amino-terminal endoplasmic reticulum-targeting signal. Plant Cell Physiol, 40, 77-87.
  • Park, J.K., Shimono, K., Ochiai, N., Shigeru, K., Kurita, M., Ohta, Y., Tanaka, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (1999) Purification, characterization, and gene analysis of a chitosanase (ChoA) from Matsuebacter chitosanotabidus 3001. J Bacteriol, 181, 6642-6649.
  • Matsuo, Y., Kurita, M., Park, J.K., Tanaka, K., Nakagawa, T., Kawamukai, M. and Matsuda, H. (1999) Purification, characterization and gene analysis of N-acetylglucosaminidase from Enterobacter sp. G-1.Biosci Biotechnol Biochem, 63, 1261-1268.
  • Kainou, T., Kawamura, K., Tanaka, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (1999) Identification of the GGPS1 genes encoding geranylgeranyl diphosphate synthases from mouse and human. Biochim Biophys Acta, 1437, 333-340.

1998年

  • Zhou, G.L., Miyazaki, Y., Nakagawa, T., Tanaka, K., Shishido, K., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (1998) Identification of a CAP (adenylyl-cyclase-associated protein) homologous gene in Lentinus edodes and its functional complementation of yeast CAP mutants. Microbiology, 144 ( Pt 4), 1085-1093.
  • Okada, K., Kainou, T., Tanaka, K., Nakagawa, T., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (1998) Molecular cloning and mutational analysis of the ddsA gene encoding decaprenyl diphosphate synthase from Gluconobacter suboxydans. Eur J Biochem, 255, 52-59.

1997年

  • Zhu, X.F., Suzuki, K., Saito, T., Okada, K., Tanaka, K., Nakagawa, T., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (1997) Geranylgeranyl pyrophosphate synthase encoded by the newly isolated gene GGPS6 from Arabidopsis thaliana is localized in mitochondria. Plant Mol Biol, 35, 331-341.
  • Zhu, X.F., Suzuki, K., Okada, K., Tanaka, K., Nakagawa, T., Kawamukai, M. and Matsuda, K. (1997) Cloning and functional expression of a novel geranylgeranyl pyrophosphate synthase gene from Arabidopsis thaliana in Escherichia coli. Plant Cell Physiol, 38, 357-361.
  • Okada, K., Kamiya, Y., Zhu, X., Suzuki, K., Tanaka, K., Nakagawa, T., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (1997) Cloning of the sdsA gene encoding solanesyl diphosphate synthase from Rhodobacter capsulatus and its functional expression in Escherichia coli and Saccharomyces cerevisiae. J Bacteriol, 179, 5992-5998.

1996年

  • Taguchi, Y., Tanaka, K., Honda, Y., Miao, D.M., Sakai, H., Komano, T. and Bagdasarian, M. (1996) A dnaA box can functionally substitute for the priming signals in the oriV of the broad host-range plasmid RSF1010. FEBS Lett, 388, 169-172.
  • Katayama, S., Ozoe, F., Kurokawa, R., Tanaka, K., Nakagawa, T., Matsuda, H. and Kawamukai, M. (1996) Genetic analysis of the sam mutations, which induce sexual development with no requirement for nutritional starvation in fission yeast. Biosci Biotechnol Biochem, 60, 994-999.

1995年

  • Miao, D.M., Sakai, H., Tanaka, K., Honda, Y., Komano, T. and Bagdasarian, M. (1995) Functional distinction among structural subsections in the specific priming signal for DNA replication of the broad host-range plasmid RSF1010. Biosci Biotechnol Biochem, 59, 920-921.
  • Miao, D.M., Sakai, H., Okamoto, S., Tanaka, K., Okuda, M., Honda, Y., Komano, T. and Bagdasarian, M. (1995) The interaction of RepC initiator with iterons in the replication of the broad host-range plasmid RSF1010. Nucleic Acids Res, 23, 3295-3300.

1994年

  • Tanaka, K., Rogi, T., Hiasa, H., Miao, D.M., Honda, Y., Nomura, N., Sakai, H. and Komano, T. (1994) Comparative analysis of functional and structural features in the primase-dependent priming signals, G sites, from phages and plasmids. J Bacteriol, 176, 3606-3613.
  • Tanaka, K., Kino, K., Taguchi, Y., Miao, D.M., Honda, Y., Sakai, H., Komano, T. and Bagdasarian, M. (1994) Functional difference between the two oppositely oriented priming signals essential for the initiation of the broad host-range plasmid RSF1010 DNA replication. Nucleic Acids Res, 22, 767-772.
  • Higashi, A., Sakai, H., Honda, Y., Tanaka, K., Miao, D.M., Nakamura, T., Taguchi, Y., Komano, T. and Bagdasarian, M. (1994) Functional features of oriV of the broad host range plasmid RSF1010 in Pseudomonas aeruginosa. Plasmid, 31, 196-200.

1993年

  • Miao, D.M., Honda, Y., Tanaka, K., Higashi, A., Nakamura, T., Taguchi, Y., Sakai, H., Komano, T. and Bagdasarian, M. (1993) A base-paired hairpin structure essential for the functional priming signal for DNA replication of the broad host range plasmid RSF1010. Nucleic Acids Res, 21, 4900-4903.
  • Honda, Y., Akioka, T., Takebe, S., Tanaka, K., Miao, D., Higashi, A., Nakamura, T., Taguchi, Y., Sakai, H., Komano, T. and et al. (1993) Mutational analysis of the specific priming signal essential for DNA replication of the broad host-range plasmid RSF1010. FEBS Lett, 324, 67-70.

1992年

  • Tanaka, K., Sakai, H., Honda, Y., Nakamura, T., Higashi, A. and Komano, T. (1992) Structural and functional features of cis-acting sequences in the basic replicon of plasmid ColIb-P9. Nucleic Acids Res, 20, 2705-2710.
  • Honda, Y., Nakamura, T., Tanaka, K., Higashi, A., Sakai, H., Komano, T. and Bagdasarian, M. (1992) DnaG-dependent priming signals can substitute for the two essential DNA initiation signals in oriV of the broad host-range plasmid RSF1010. Nucleic Acids Res, 20, 1733-1737.

1991年

  • Tanaka, K., Sakai, T., Honda, Y., Hiasa, H., Sakai, H. and Komano, T. (1991) Plasmid Co1IB contains an ssi signal close to the replication origin. Plasmid, 25, 125-130.
  • Honda, Y., Sakai, H., Hiasa, H., Tanaka, K., Komano, T. and Bagdasarian, M. (1991) Functional division and reconstruction of a plasmid replication origin: molecular dissection of the oriV of the broad-host-range plasmid RSF1010. Proc Natl Acad Sci U S A, 88, 179-183.

1989年

  • Hiasa, H., Tanaka, K., Sakai, H., Yoshida, K., Honda, Y., Komano, T. and Godson, G.N. (1989) Distinct functional contributions of three potential secondary structures in the phage G4 origin of complementary DNA strand synthesis. Gene, 84, 17-22.
  • Hiasa, H., Sakai, H., Tanaka, K., Honda, Y., Komano, T. and Godson, G.N. (1989) Mutational analysis of the primer RNA template region in the replication origin (oric) of bacteriophage G4: priming signal recognition by Escherichia coli primase. Gene, 84, 9-16.

著者・総説

著書

  • 酵母の染色体DNA複製開始機構(遺伝子の構造と機能)
    所収 学会出版センター 平成11年2月 第1章第3節45−54頁
  • 「真核生物のDNA複製」 ポイントがわかる分子生物学
    所収 (松橋通生・真野佳博編) 丸善株式会社 第2章3節50-51頁 平成11年2月
  • PCR生産物を用いた直接遺伝子解析法、PCR法を用いたタギング法、
    田中克典(駒野 徹編、「PCR実験マニュアル」所収)、学会出版センター、東京、p.126-131 p.193-200, 200
  • 「真核生物のDNA複製」 ポイントがわかる分子生物学(第2版)
    所収 (真野佳博・川向誠編) 丸善株式会社 第2章2節56-57頁 平成22年10月
  • 遺伝子工学の原理、藤原伸介 編、三共出版社、2012年5月
  • 酵母の生命科学と生物工学(産業応用から基礎科学へ)
    所収 (原島俊・高木博史編) 化学同人 2013年8月 第1章

総説

  • 鈴木俊顕・高橋芳光・田中克典・千葉智樹
    ユビキチン類似タンパク質(SUMO1とRub1)ー細胞機能を制御する新しい修飾分子
    Molecular Medicine 37(2):216-227 (2000)
  • 田中克典
    DNA複製および損傷チェックポイント制御因子とその機構
    生化学 74、559-563 (2002)
  • 田中克典
    ユビキチン様タンパク質SUMOの細胞機能制御機構
    日本農芸化学会誌 78、 42-44 (2004)
  • 田中克典
    S期チェックポイントメディエーターによる複製フォーク進行制御
    実験医学 (増刊号)Vol.25No.5,70-77(2007)
  • 田中克典
    複製ストレスチェックポイント制御による複製フォーク安定化機構」蛋白質核酸酵素
    (増刊号 染色体サイクル)Vol.54 No.4,380-387(2009)

学会発表(2005年度以降)

2018年度

  • 林 亜紀、田中克典
    「CRISPR/Cas9システムを用いた分裂酵母の遺伝子改変手法の確立」
    酵母遺伝学フォーラム 第51回研究報告会(福岡市)2018年9月(口頭発表)(9/12)
  • 今野あや、川上慶、林 亜紀、田中克典
    「SUMO-SIM相互作用を介した分裂酵母のテロメア長制御機構」
    第36回染色体ワークショップ・第17回核ダイナミクス研究会(宝塚市)2019年1月(口頭発表)(1/23)

2017年度

  • Mutiara P. Ningtyas、浅井拓馬、浅井駿祐、藤澤志帆、林 亜紀、田中克典
    「分裂酵母Rif1とSUMO E3リガーゼPli1の相互作用」
    第35回染色体ワークショップ・第16回核ダイナミクス研究会(西尾市)2017年12月(ポスター発表)(12/21)
  • 林亜紀、中山潤一、田中克典
    「分裂酵母ヘテロクロマチン形成開始におけるRNAプロセシングとH3K9meの制御機構解析」
    第35回染色体ワークショップ・第16回核ダイナミクス研究会(西尾市)2017年12月(ポスター発表)(12/21)
  • Mutiara P. Ningtyas, Takuma Asai, Shunsuke Asai, Shiho Fujisawa, Aki Hayashi, Katsunori Tanaka
    「分裂酵母Rif1とSUMO E3リガーゼPli1の相互作用」
    生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)(神戸)2017年12月(ポスター発表)(12/7)
  • 刈谷真子、長谷川和博、林亜紀、鐘巻将人、田中克典
    「出芽酵母を宿主としたMCM-BPの機能解析」
    第50回酵母遺伝学フォーラム(東京)2017年9月(ポスター発表)(9/12)
  • Yuki Hamano, Shunsuke Sakai, Takashi Tanaka, Maho Minamitani, Ayumi Ikoma, Aki Hayashi, Katsunori Tanaka
    「SCFPof11-Dependent Proteolysis of Replication Checkpoint Mediator Mrc1」
    The Nineth International Fission Yeast Meeting(Banff, Canada)2017.5(Poster)(5/18)

2016年度

  • 林亜紀、中山潤一、田中克典
    「分裂酵母ヘテロクロマチン形成におけるHP1とRNAi機構とのリンクの制御機構」
    第34回染色体ワークショップ・第15回核ダイナミクス研究会(かずさ)2017年1月(ポスター発表)(1/12)
  • 田中克典
    「SUMO翻訳後修飾による染色体末端テロメア長制御」
    第89回 日本生化学会大会(仙台)2016年9月(招待シンポジウム講演)(9/27)
  • Katsunori Tanaka
    「Regulation of telomere by SUMOylation in fission yeast」
    ICY2016(14th International Congress on Yeasts)(Awaji)2016.9(Oral)(9/12)
  • 浜野有希、坂井俊介、田中崇嗣、生駒明弓、林亜紀、田中克典
    「分裂酵母Mrc1のSCF依存的タンパク質分解機構」
    第49回酵母遺伝学フォーラム(舞子)2016年9月(ポスター発表)(9/10)
  • 刈谷真子、渡辺千晶、Venny Santosa、林亜紀、鐘巻将人、田中克典
    「出芽酵母を用いた分裂酵母MCM-BPの機能解析」
    第49回酵母遺伝学フォーラム(舞子)2016年9月(ポスター発表)(9/10)

2015年度

  • Mutiara P.Ningtyas、藤澤志帆、在田朋晃、林亜紀、田中克典
    「SUMO化による分裂酵母テロメア長制御機構の解明」
    第33回 染色体ワークショップ、第14回 核ダイナミクス研究会(宮城)2016年1月(口頭発表)(1/13)
  • Mutiara P.Ningtyas, Shiho Fujisawa, Tomoaki Arita, Katsunori Tanaka
    「Pli1, an E3 Ligase for Tpz1 SUMOylation in Telomere Regulation, Interacts with Rif1 In Fission Yeast」
    BMB2015(Kobe)2015.12(Oral and Poster)(12/1)
  • 刈谷真子、Venny Santosa、鐘巻将人、田中克典
    「分裂酵母MCM結合タンパク質Mcb1の機能解析」
    BMB2015(神戸)2015年12月(ポスター発表)(12/2)
  • 浜野有希、坂井俊介、田中崇嗣、田中克典
    「分裂酵母Mrc1タンパク質のSCF依存的タンパク質分解機構の解明」
    BMB2015(神戸)2015年12月(ポスター発表)(12/3)
  • 刈谷真子、Venny Santosa、鐘巻将人、田中克典
    「分裂酵母MCM結合タンパク質Mcb1の機能解析」
    第48回酵母遺伝学フォーラム(広島)2015年9月(ポスター発表)(9/1)
  • Katsunori Tanaka, Keisuke Miyagawa, Tomoaki Arita, Shiho Fujisawa, ToruvM. Nakamura
    「SUMOylation regulates telomere length by targeting the shelterin subunit Tpz1 」
    The Eighth International Fission Yeast Meeting Pombe2015(Kobe)2015.6(Oral)(6/24)

2014年度

  • 刈谷真子、Venny Santosa、鐘巻将人、田中克典
    「分裂酵母MCM結合タンパク質Mcb1の機能解析」
    日本農芸化学会2015年度大会(岡山)2015年3月(口頭発表)(3/27)
  • 宮川恵輔、藤澤志帆、在田朋晃、中村通、田中克典
    「SUMO化修飾によるテロメア長制御機構の解明」
    第32回 染色体ワークショップ(広島)2014年12月(口頭発表)(12/17)
  • 宮川恵輔、藤澤志帆、在田朋晃、中村通、田中克典
    「SUMO化修飾によるテロメア長制御機構の解明」
    第37回 日本分子生物学会年会(横浜)2014年11月(口頭発表及びポスター)(11/26)
  • 宮川恵輔、田中克典
    「SUMO化修飾によるテロメア長制御機構の解明」
    第87回 日本生化学会大会(京都)2014年10月(口頭発表)(10/16)
  • 藤澤志帆、宮川恵輔、田中克典
    「分裂酵母のテロメア長制御におけるSUMO化の役割
    2014年度日本農芸化学会 (奈良)2014年9月(口頭発表)(9/20)
  • 宮川恵輔、藤澤志帆、在田朋晃、中村通、田中克典
    「シェルタリン構成因子Tpz1のSUMO化修飾によるテロメア長制御」
    第47回酵母遺伝学フォーラム(東京)2014年9月(口頭発表)(9/2)
  • Katsunori Tanaka
    「SUMOylation regulates telomere length by targeting the shelterin "SUMOylation regulates telomere length by targeting the shelterin subunit Tpz1 to modulate shelterin-Stn1 interaction in fission yeast」
    Yeast Chromosome Structure, Replcation and Segregation(USA)2014.7(Oral)(7/17)
  • Katsunori Tanaka
    「SUMOylation negatively regulates telomere elongation by preventing recruitment of telomerase in fission yeast」
    Seventh International Confrence SUMO, Ubiquitin, UBL Proteins for Human Diseases(Shanghai china)2014.5(Poster)(5/12)

2013年度

  • 田中克典
    「SUMO化修飾による分裂酵母テロメア長制御」
    第11回SUMO研究会(埼玉)2014年1月(口頭発表)(1/10)
  • 田中克典
    「SUMO化修飾による非コードDNA領域の機能制御」
    「ゲノムを支える非コードDNA領域の機能」公開シンポジウム(東京)2014年1月(口頭発表)(1/9)
  • 田中克典
    「SUMO 化修飾による分裂酵母テロメア長制御」
    第31回 染色体ワークショップ、第12回 核ダイナミクス研究会(神奈川)2013年11月(口頭発表)(11/27)
  • 宮川恵輔、Venny Santosa、辻浩基、藤澤志帆、在田朋晃、松山晃久、上野勝、吉田稔、中村通、田中克典
    「SUMO化修飾による分裂酵母テロメア長制御」
    第46回酵母遺伝学フォーラム(仙台)2013年9月(口頭発表)(9/9)
  • 宮川恵輔、辻浩基、Venny Santosa、松山晃久、上野勝、吉田稔、中村通、田中克典
    「SUMO化修飾による分裂酵母テロメア長制御」
    日本農芸化学会 関西支部 第481回講演会(合同広島大会)(広島)2013年9月(口頭発表)(9/6)
  • Venny Santosa, Ross Low, Keisuke Miyagawa, Hiroki Tsuji, Masaru Ueno, Akihisa Matsuyama, Minoru Yoshida, Toru M Nakamura, Katsunori Tanaka
    「SUMOylation regulates telomere length homeostasis by targeting the shelterin subunit Tpzl in fission yeast」
    International meeting "Message from yeast to Epigenetics"(福井) 2013年9月(口頭発表)(9/3)
  • Venny Santosa, Martha Sabrina, Noriaki Hirose, Katsunori Tanaka
    「The Fission Yeast MCM-BP, Mcb1, regulates MCM function during pre-replicative complex formation in DNA replication」
    The 7th International Fission Yeast Meeting Pombe2013(London)2013.6(Poster)(6/27)
  • Keisuke Miyagawa, Hiroki Tsuji, Venny Santosa, Katsunori Tanaka
    「SUMOylation regulates telomere length homeostasis by targeting the shelterin subunit Tpzl in fission yeast」
    The 7th International Fission Yeast Meeting Pombe2013(London)2013.6(Oral)(6/27)

2012年度

  • 宮川恵輔、辻浩基、Venny Santosa、田中克典
    「SUMO化修飾による分裂酵母テロメア長制御」
    第30回 染色体ワークショップ、第11回 核ダイナミクス研究会(淡路)2012年12月(口頭発表)(12/19)
  • Venny Santosa, Martha Sabrina, Noriaki Hirose, Katsunori Tanaka.
    「Fission Yeast MCM-binding Protein Mcb1 is Related to MCM Complex and Important for Efficient Pre-RC Formation」
    第35回日本分子生物学会年会(福岡)2012年12月(口頭発表及びポスター)(12/13)

2011年度

  • 山邊史貴、石田真由美、中山潤一、田中克典
    「分裂酵母HP1ホモログSwi6の核酸結合能の意義」
    第29回 染色体ワークショップ(仙台)2012年1月(口頭発表)(1/26)
  • Venny Santosa, Katsunori Tanaka
    「Biochemical and Genetical Relation of Fission Yeast MCM-binding Protein Mcb1 and MCM Complex」
    第34回日本分子生物学会年会(横浜)2011年12月(口頭発表)(12/15)
  • 杉本静香、政岡大輝、田中克典
    「分裂酵母Tel2によるPIKK制御機構の解明」
    第34回日本分子生物学会年会(横浜)2011年12月(口頭発表及びポスター)(12/15)
  • Venny Santosa, Katsunori Tanaka
    「Fission yeast MCM-binding protein Mcb1 is biochemically and genetically related to MCM complex」
    第21回DNA複製・組換え・ゲノム安定性制御ワークショップ(福岡)2011年9月(口頭発表)(10/26)
  • Venny Santosa, Katsunori Tanaka
    「Fission yeast MCM-binding protein IMcb1 is biochemically and genetically related to MCM complex」
    第84回日本生化学会大会 (京都) 2011年9月 (口頭発表) (9/23)
  • Shunsuke Sakai, Hidenori Sasaki, Venny Santosa, Ken-ichi Taguchi, Hisao Masukata, Katsunori Tanaka
    「The Loading of S-phase Checkpoint Mediators Rediators on Replication Origins」
    The 6th International Fission Yeast Meeting Pombe2011(Boston)2011.6(Poster)(6/28)
  • Venny Santosa, Katsunori Tanaka
    「Fission yeast MCM-binding protein Mcb1 is biochemically and genetically related to MCM complex」
    The 6th International Fission Yeast Meeting pombe2011(Boston)2011.6(Oral)(6/26)

2010年度

  • Venny Santosa, Fumitaka Yamabe, Katsunori Tanaka
    「Characterization of Fission Yeast MCM-Binding Protein」
    International Symposium on the Physicochemical Field for Genetic Activities(awaji)2011.1
    (Poster) (1/24-26)
  • Tani C, Teramoto T, Kikuta T, Nakae Y, Okada S, Kanaka K.
    「Crosstalk between COP9 signalosome and AtSUMO3 in auxin signaling」
    第33回日本分子生物学会年会/第83回日本生化学会大会 合同大会(神戸)2010年12月(ポスター)(12/8)
  • 坂井俊介、佐々木秀徳、田口憲一、升方久夫、田中克典
    「分裂酵母Mrc1のDNA複製開始複合体への結合様式の解明」
    第43回酵母遺伝学フォーラム(奈良市) 2010年9月(口頭発表)(9/10)
  • 山邊史貴、石田真由美、中山潤一、田中克典
    「SUMO化修飾による分裂酵母Swi6の機能制御機構の解明」
    第43回酵母遺伝学フォーラム(奈良市) 2010年9月(口頭発表)(9/10)
  • Venny Santosa, Fumitaka Yamabe, Katsunori Tanaka
    「Characterization and Functional Analysis of Fission Yeast MCM-BP」
    第43回酵母遺伝学フォーラム(奈良市) 2010年9月(ポスター)(9/11)
  • 山邊史貴、石田真由美、中山潤一、田中克典
    「分裂酵母HP1ホモログSwi6のSUMO化修飾の意義の解明」
    第9回核ダイナミクス研究会(伊豆)2010年5月(口頭発表)

2009年度

  • 田中克典
    「大腸菌を宿主としたシロイヌナズナSUMO化修飾系の再編成~SUMO化修飾部位の同定の仕組み」
    第51回日本植物生理学会年会(熊本)2010年3月(口頭発表)
  • Santosa Venny、山邊史貴、田中克典
    「MCM-BPタンパク質の機能解析」
    第27回染色体ワークショップ(三島)2010年1月(口頭発表)
  • Venny Santosa, Nagabuchi Mio, Sachiko Okada, Katsunori Tanaka
    「Elucidation of RIN13 and Its SUMOylation in Aeabidopsis thaliana」
    第32回日本分子生物学会年会(横浜)2009年12月(ポスター)
  • 太田健、菅原正晃、中山潤一、新名主カオリ、田中克典
    「ヒトVCP/p97の分裂酵母ホモログCdc48のSUMO化修飾の意義の解明」
    第32回日本分子生物学会年会(横浜)2009年12月(ポスター)
  • 寺本喬、中江友希、菊田智之、谷千春、岡田祥子、田中克典
    「シロイヌナズナCOP9シグナロソームとSUMO化修飾経路とのクロストーク」
    第32回日本分子生物学会年会(横浜)2009年12月(ポスター)
  • 坂井俊介、佐々木秀徳、田口憲一、升方久夫、田中克典
    「分裂酵母Mrc1のDNA複製フォークへの結合様式の解明」
    第32回日本分子生物学会年会(横浜)2009年12月(ポスター)
  • 田中克典
    「分裂酵母ヘテロクロマチン動態とSUMO化」
    SUMO研究会(兵庫)2009年11月(口頭発表)
  • 谷千春
    「シロイヌナズナSUMO3はオーキシンシグナル伝達に関与する」
    SUMO研究会(兵庫)2009年11月(口頭発表)
  • Venny Santosa
    「The insights of a SUMO target protein RIN13 in Arabidopsis thaliana」
    SUMO研究会(兵庫)2009年11月(口頭発表)
  • Fumitaka Yamabe, Jun-ichi Nakayama and Katsunori Tanaka
    「THE SUMOYLATION OF SWI6 IN FISSION YEAST」
    The 5th International Fission Yeast meeting Pombe 2009(Tokyo) 2009.10 (Poster) (10/29)
  • Hidenori Sasaki, Shunsuke Sakai, Ken-ichi Taguchi, Hisao Masukata and Katsunori Tanaka
    「THE MRC1 LOADING ONTO THE REPLICATION FORK IN FISSION YEAST」
    The 5th International Fission Yeast meeting Pombe2009(Tokyo) 2009.10 (Poster)(10/29)

2008年度

  • 佐々木秀徳、田口憲一、升方久夫、田中克典
    「分裂酵母Mrc1のDNA複製フォークへの結合様式の解明」
    第26回 染色体ワークショップ(姫路)2009年1月 (口頭発表)
  • 山辺史貴、新名主カオリ、中山潤一、田中克典
    「分裂酵母のヘテロクロマチン形成因子Swi6のSUMO化修飾」
    第26回 染色体ワークショップ(姫路)2009年1月 (ポスター発表)
  • 坂井俊介、佐々木秀徳、田中克典
    「分裂酵母Mrc1の分解制御機構の解明」
    第26回 染色体ワークショップ(姫路)2009年1月 (ポスター発表)
  • Hidenori Sasaki, Ken-ichi Taguchi, Ayumi Ikoma, and Katsunori Tanaka
    「MOLECULAR MECHANISM OF THE MRC1 LOADING ONTO THE REPLICATION FORK IN FISSION YEAST」
    Cold Spring Harbor meeting. Cell Cycle(NY) 2008.5
  • Hidenori Sasaki, Ken-ichi Taguchi and Katsunori Tanaka
    「THE FUNCTION OF MRC1 IN THE STABILIZATION OF REPLICATION FORK」
    International Symposium on Chromosome Dynamics in Ise(Ise) 2008.5
  • 佐々木秀徳、田口憲一、升方久夫、田中克典
    「分裂酵母のDNA複製フォーク安定化におけるMrc1の機能」
    第41回 酵母遺伝学フォーラム(札幌)2008年9月 (口頭発表)
  • Yusuke Takamura, Ko Noda, Mio Nagabuchi, Tsuyoshi Nakagawa, Sachiko Okada, Katsunori Tanaka
    「Analysis of SUMO gene family in Arabidopsis thaliana」
    19th International Conference on Arabidopsis Research(Montreal) 2008.7 (poster)
  • Hidenori Sasaki, Ken-ichi Taguchi, Hisao Masukata, Katunori Tanaka
    「Molecular mechanism of the Mrc1 loading onto the replication fork in fission yeast」
    The 6th 3R symposium(Tsumagoi) 2008.10 (poster)
  • Yusuke Takamura, Ko Noda, Mio Nagabuchi, Tsuyoshi Nakagawa, Sachiko Okada, Katsunori Tanaka
    「SUMO GENE FAMILY IN ARABIDOPSIS THALIANA」
    Zomes V international meeting(Yokohama) 2008.11 (Invited oral and poster)
  • 山辺史貴、新名主カオリ、中山潤一、田中克典
    「分裂酵母のヘテロクロマチン形成に関わるヒトHP1ホモログSwi6のSUMO化修飾の意義の解明」
    イーストワークショップ (松江) 2008年11月 (口頭及びポスター)
  • 坂井俊介、佐々木秀徳、田中克典
    「分裂酵母複製チェックポイント因子Mrc1の分解制御機構」
    イーストワークショップ (松江) 2008年11月 (口頭及びポスター)
  • Venny Santosa, Mio Nagabuchi, Sachiko Okada, Katsunori Tanaka
    「Investigation on the SUMOylation of RIN13 in Arabidopsis thaliana」
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会 (神戸) 2008年12月(ポスター)
  • 高村裕介, 野田耕, 長渕 美緒,中川 強, 岡田祥子, 田中克典
    「高等植物シロイヌナズナにおけるSUMO遺伝子ファミリーの機能分担の解析」
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会 (神戸) 2008年12月(口頭及びポスター)
  • 佐々木秀徳、田口憲一、升方久夫、田中克典
    「分裂酵母のDNA複製フォーク安定化におけるMrc1の機能」
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会 (神戸) 2008年12月(口頭及びポスター)

2007年度

  • Ken-ichi Taguchi, Hidenori Sasaki, Kouhei Nishiyama, and Katsunori Tanaka
    「Molecular mechanism of the Mrc1 loading onto the replication fork in fission yeast」
    Fourth International Fission Yeast Meeting(Copenhagen) 2007.6 (Poster)
  • 佐々木秀徳、田口憲一、田中克典
    「分裂酵母Mrc1のDNA複製フォークへの結合様式の解明」
    第40回 酵母遺伝学フォーラム(大阪)2007年9月 (口頭発表)
  • 田中克典、西山晃平、佐々木秀徳、田口憲一
    「分裂酵母DNA複製チェックポイント因子Mrc1のS期特異的分解制御機構」
    第40回 酵母遺伝学フォーラム(大阪)2007年9月(ポスター)
  • 田中 克典
    「ゲノム安定化維持に必要なDNA複製チェックポイント機構に関する研究」
    日本農芸化学会 関西支部例会 第452回講演 特別講演 2007年12月 (神戸大学)
  • 寺本喬、岡田祥子、田中克典
    「シロイヌナズナCOP9シグナロソームとSUMO化修飾経路とのクロストークについて」
    日本農芸化学会 関西支部例会 第452回講演 2007年12月(口頭)(神戸大学)
  • 岡田 祥子、高村 裕介、野田 耕、長渕 美緒、寺本 喬、南 慶、中川 強、田中 克典
    「高等植物シロイヌナズナにおける多様なSUMOの機能分担の解析」
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 (横浜) 2007年12月(ワークショップ)
  • 佐々木 秀徳、田口 憲一、田中 克典
    「複製フォーク保護因子による安定な複製フォーク構築の分子機構」
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 (横浜) 2007年12月(ワークショップ)
  • 佐々木秀徳、田口憲一、田中克典
    「分裂酵母複製チェックポイントメディエーターMrc1の複製フォーク結合様式の解明」
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 (横浜) 2007年12月(ポスター)
  • 高村 裕介、野田 耕、長渕 美緒、寺本 喬、南 慶、中川 強、岡田 祥子、田中 克典
    「高等植物シロイヌナズナにおけるSUMO遺伝子ファミリーの機能分担の解析」
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 (横浜) 2007年12月(ポスター)
  • 佐々木 秀徳、生駒 明弓、田口 憲一、田中 克典
    「複製フォーク安定化因子による複製フォークの進行とチェックポイント応答との共役機構について」
    第25回 染色体ワークショップ (熱海市湯河原) 2008年1月(口頭)
  • 生駒 明弓、佐々木 秀徳、田中 克典
    「分裂酵母Mrc1のタンパク質分解調節機構」
    第19回 DNA 複製・分配ワークショップ (伊豆市) 2008年3月(口頭)
  • 岡田祥子、寺本喬、田中克典
    「シロイヌナズナCOP9シグナロソームとSUMO化修飾経路とのクロストークについて」
    2007年度植物生理学会(札幌)2008年3月 (ポスター)
  • 高村 裕介、野田 耕、長渕 美緒、中川 強、岡田 祥子、田中 克典
    「高等植物シロイヌナズナにおけるSUMO遺伝子ファミリーの機能分担の解析」
    2007年度植物生理学会(札幌)2008年3月 (口頭発表)
  • 田中克典
    「SUMO翻訳後修飾による細胞機能制御」
    日本農芸化学会大会(名古屋)2008年3月 (シンポジューム講演)
  • 太田 健、菅原 正晃、藤瀬 次弘、田中 克典「分裂酵母のFACT複合体サブユニットSpt16のSUMO化修飾」
    日本農芸化学会大会(名古屋)2008年3月 (口頭発表)
  • 寺本喬、岡田祥子、田中克典
    「シロイヌナズナにおけるSUMO化修飾経路とCOP9シグナロソームとのクロストークについて」
    日本農芸化学会大会(名古屋)2008年3月 (口頭発表)

2006年度

  • Ken-ichi Taguchi and Katsunori Tanaka
    「FISSION YEAST REPLICATION CHECKPOINT MEDIATOR MRC1 INTERACTS WITH MCM7 AND SWI1, WHICH ARE INVOLVED IN REPLICATION FORK PROGRESSION」
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress(Kyoto)2006.6(Poster)
  • 田口 憲一、田中克典  「複製チェックポイントによる複製フォーク安定化維持機構の解明」
    第39回 酵母遺伝学フォーラム(三島)2006年7月 (ポスター)
  • 菅原正晃、藤瀬次弘、田中淳、田中克典
    「分裂酵母FACT複合体サブユニットSpt16のSUMO化修飾」
    第39回 酵母遺伝学フォーラム(三島)2006年7月 (ポスター)
  • 田口憲一、田中克典
    「複製フォーク安定化維持におけるDNA複製チェックポイント因子Mrc1の機能」
    第18回 DNA複製・分配ワークショップ(熱海)2006年10月 (口頭発表)
  • 岡田祥子、長渕美緒、四方将人、高村裕介、野田 耕、田中克典
    「植物の多様なSUMO」
    SUMO研究集会(広島)2006年10月 (口頭発表)
  • 岡田祥子、長渕美緒、四方将人、高村裕介、野田耕、中川強、田中克典
    「高等植物シロイヌナズナにおける多様なSUMO化経路の解析」
    日本分子生物学会2006フォーラム(名古屋)2006年12月 (ポスター)
  • 田口憲一、西山晃平、田中克典
    複製フォーク安定化におけるDNA複製チェックポイント因子Mrc1の機能
    第24回染色体ワークショップ(唐津)2007年1月 (口頭発表)
  • 長渕美緒、岡田 祥子、四方 将人、高村 裕介、 野田 耕、中川 強、 田中 克典
    シロイヌナズナにおけるSUMO標的タンパク質の同定
      2006年度植物生理学会(松山)2007年3月 (口頭発表)
  • 岡田祥子, 長渕美緒, 四方 将人, 高村 祐介, 野田耕, 中川 強, 田中克典
    シロイヌナズナにおける多様なSUMOの機能分担の解明
    2006年度植物生理学会(松山)2007年3月 (ポスター)
  • 野田耕、高村裕介、四方将人、長渕美緒、岡田祥子、中川強、田中克典
    「シロイヌナズナにおける多様なSUMOの機能分担の解明(1)」
    日本農芸化学会大会(東京)2007年3月 (口頭発表)
  • 高村 裕介, 岡田 祥子, 長渕 美緒, 四方 将人,野田 耕, 中川強, 田中 克典
    「シロイヌナズナにおける多様なSUMOの機能分担の解明(2)」
    日本農芸化学会大会(東京)2007年3月 (口頭発表)

2005年度

  • 田口 憲一、田中 克典
    「DNA複製フォークの安定化機構におけるチェックポイント因子Mrc1の役割」
    第23回 染色体ワークショップ(広島)2006年1月 (口頭発表)

研究費

文部科学省科学研究費

  • 平成8年度 奨励研究(A)
    分裂酵母を用いたS期制御と細胞周期チェックポイント機構の解析
  • 平成9年度 重点領域研究
    ヒトセントロメア結合蛋白質に相同性をもつ分裂酵母ARS結合蛋白質Abp1の解析
  • 平成9年度 奨励研究(A)
    分裂酵母の新規なチェックポイント因子Pmt3タンパク質の解析
  • 平成10年度 奨励研究(A)
    分裂酵母の新規なチェックポイント因子Pmt3タンパク質の解析
  • 平成16-17年度 特定領域研究(細胞周期)
    DNA複製フォーク安定化維持における複製チェックポイントメディエーターの機能
  • 平成16-17年度 若手研究(B)
    染色体およびクロマチン動態制御におけるSUMO翻訳後修飾機構の解明
  • 平成16-17年度 基盤研究(B) 分担
    サイレントクロマチン構築のダイナミクス 代表者 村上洋太
  • 平成17年度 特定領域研究(遺伝情報デコード)
    SUMO化によるクロマチン構造制御複合体の機能変換
  • 平成18-19年度 特定領域研究(染色体サイクル)
    複製チェックポイントによる複製フォーク安定維持機構の解明
  • 平成18-20年度 基盤研究(A) 分担
    non-coding RNAとRNAiに依存するサイレントクロマチン構築機構 代表者 村上洋太
  • 平成20年度 特定領域研究(染色体サイクル)
    複製フォーク安定化因子による複製フォークの進行とチェックポイント応答との共役機構
  • 平成21年度 特定領域研究(染色体サイクル)
    複製フォーク安定化因子による複製フォークの進行とチェックポイント応答との共役機構
  • 平成21-23年度 基盤研究(C)
    Tel2ファミリータンパク質によるPI3K様キナーゼ(PIKK)制御機構の解明
  • 平成21-23年度 基盤研究(A) 分担
    動的クロマチン高次構造であるヘテロクロマチンの構造・機能ネットワークの解明代表者 村上洋太
  • 平成27-30年度 基盤研究(B)
    SUMO化修飾による非コードDNA領域の機能制御機構の解明
  • 平成28-29年度 挑戦的萌芽研究
    染色体末端テロメア長維持の新奇バックアップ機構の探索
  • 平成29-30年度 挑戦的萌芽研究
    低温増殖性を獲得した酵母の応用に向けた基盤構築およびその分子メカニズムの解明

財団助成金

  • 財団法人 農芸化学研究奨励会 平成10年度研究奨励金
    「新規ユビキチン様因子の細胞内機能及び標的タンパク質の解析」
  • 財団法人 日産科学振興財団 平成13年度 第28回日産学術研究助成金
    「ユビキチン類似因子SUMO1による細胞機能変換システム」代表
  • 財団法人 上原記念生命科学財団 平成13年度研究奨励金
    「癌化におけるATM遺伝子の機能解析」
  • 財団法人 Novartis科学振興財団 平成13年度研究助成金
    「ATM様キナーゼによる細胞周期チェックポイント制御に関する研究」
  • 放射線影響協会 平成13年度研究奨励助成金
    「放射線によるDNA損傷及び複製異常に応答するチェックポイント機構の解明」
  • 財団法人 医薬資源研究振興会 平成14年度 研究奨励金
    「ユビキチン様タンパク質における分子識別と細胞機能制御」
  • 財団法人 内藤記念科学振興財団 第34回(2002年度)内藤記念科学奨励金
    「癌化におけるATM様キナーゼの機能に関する基礎研究」
  • 財団法人 病態代謝研究会 平成14年度研究助成金
    「癌化におけるATM様キナーゼの機能に関する基礎研究」
  • 財団法人 日産科学振興財団 平成14年度 第29回日産学術研究助成金
    「ユビキチン類似因子SUMO1による細胞機能変換システム」(平成15年から2年間)
  • 財団法人 中島記念国際交流財団 平成15年度 日本人若手研究者研究助成金
    「プロテオミクス的手法によるユビキチン様タンパク質SUMOの細胞機能制御機構の解明」
  • 財団法人 稲盛財団 平成15年度 稲盛財団研究助成金
    「ユビキチン類似蛋白質SUMO-1による細胞機能変換システムの解明」
  • 財団法人 病態代謝研究会 平成15年度研究助成金
    「癌化におけるATM様キナーゼの機能に関する基礎研究 」
  • 財団法人 住友財団 平成16年度基礎科学研究助成金
    「DNA複製フォーク安定化維持における複製チェックポイントメディエーターの機能解析」
  • 財団法人 佐川がん研究助成振興財団 2004年度佐川がん研究助成金
    「DNA複製フォーク安定化維持における複製チェックポイントメディエーターの機能」
  • 日本原子力研究所 平成17年度黎明研究
    「放射線照射により誘導されるクロマチン構造変化のゲノム的解析」
  • 財団法人 ひょうご科学技術協会 2006年度奨励研究助成金
    「複製フォーク安定化と複製チェックポイントによるゲノム安定性維持機構」
  • 財団法人 加藤記念財団 第18回(2006年度)加藤研究助成金
    「高等植物におけるSUMO翻訳後修飾機構の基盤的研究」
  • 財団法人 ノバルティス科学振興財団 平成18年度ノバルティス研究奨励金助成金
    「植物におけるユビキチン類似タンパク質SUMO翻訳後修飾の機能解明」
  • 財団法人 川西記念新明和教育財団 平成16年度研究助成
    「染色体末端配列テロメアの長さを一定に保つ分子機構の解明」
  • 旭硝子財団 平成25年度 自然科学系 研究助成
    「植物病原体感染における植物病原体と宿主植物タンパク質翻訳後修飾系の相互作用」
  • 武田科学振興財団 平成26年度 生命科学研究助成
    「染色体末端テロメア長制御機構の解明」
  • 内藤記念科学振興財団 第46回 研究奨励金
    「テロメアの長さの制御機構の解明」
  • 財団法人 ひょうご科学技術協会 2017年度学術研究助成金
    「染色体末端テロメアの長さ制御機構の解明」 代表

国際学会旅費等

  • 平成11年度 文部省国際研究集会派遣 旅費受領
  • 平成11年度 内藤記念海外留学助成金 受領

受賞・特許歴

受賞等

  • 平成3年度
    日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 平成6年度
    日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 平成13年度
    文部科学省在外若手研究員
  • 平成14年度
    日本学術振興会 日米がん研究協力事業・米国派遣研究者
  • 平成19年度 日本農芸化学会 奨励賞受賞

特許等

  • 特開平10ー57072
    公開日1998年3月3日
    「ユビキノンー10の生成方法」
    発明者・松田英幸・川向 誠・田中克典・中川 強
    酢酸菌由来の遺伝子を利用して大腸菌や酵母内でユビキノン10を生成する方法を開発した。
  • 特開平10ー306035
    公開日1998年11月17日
    「抗菌組成物」
    出願人:(株)海産物のきむらや、 発明者:木村隆行・三木康成・矢倉美代・松田英幸・川向 誠・中川 強・田中克典
  • 特開平11ー056372
    公開日1999年3月2日
    ユビキノンー10の生成方法
    発明者・松田英幸・川向 誠・中川 強・田中克典・朱旭芬・岡田憲典・神谷康裕 光合成細菌よりの遺伝子を利用して大腸菌内でユビキノン10を生成する方法を開発した。
    Method of forming ubiquinone-10, Hideyuki Matsuda, Makoto Kawamukai, Tsuyoshi Nakagawa, Katsunori Tanaka,United States Patent 6103488, Date Aug,15,2000
  • 特開2004−75595
    公開日2004年3月11日
    「薬剤の副作用抑制剤」
    出願人:(株)海産物のきむらや、 発明者:木村隆行・三木康成・川本仁志・松田英幸・川向 誠・田中克典

お問い合わせ

〒669-1337
兵庫県三田市学園 2‐1
関西学院大学 理工学部
生命科学科

教授 田中 克典
Prof. Katsunori Tanaka

Tel / Fax : 079-565-7769

PAGE TOP