関西学院大学 理工学部 化学科 田辺研究室

リンク アクセス English

業績

  • 2015年度以降
  • 2014年度以前の業績


2018年度


学術論文

1. 

“Chiral Syntheses of Methyl (R)-2-Sulfanylcarboxylic Esters and Acids with Optical Purity Determination using HPLC” Ryosuke Sasaki and Yoo Tanabe
Chirality, 2018, 30, 816-827. [link]

   
 2

“Stereocomplementary Synthesis of cis- and trans-2-(p-Bromophenyl)-5-methylthiazolidin-4-ones: Useful Umpolung-type Suzuki-Miyaura Cross-coupling Partner and Donor,”

Ryosuke Sasaki, Hidefumi Nakatsuji, Yoo Tanabe,

J. Heterocycl. Chem., now on Web, DOI: 10.1002/jhet.3141.
 
 3

Benzyl (R)-2-(Acetylthio)Propanoate: A Promising Sulfur Isoster of (R)-Lactic Acid and Ester PrecursorsRyosuke Sasaki, Momoyo Kawamoto and Yoo Tanabe*
Molbank (communication)
2018, 2018(3), M1010
 

   

学会発表
1

○堤健之,蘆田雄一郎,仲辻秀文,田辺陽(Z)-3-アリール-2-ブテン酸メチルおよび(Z)-2-アリール-2-ブテン酸メチルの実用的合成:Organic Syntheses 二題」第113回有機合成シンポジウム(名古屋大学 坂田・平田ホール) 201866

2

小國祐美子,杉美貴子,村裕章,永瀬良平,仲辻秀文,御前智則,○田辺陽Ti-Claisen縮合及びTi-直接アルドール反応を基軸とする、alternaric acid及び(-)-azaspireneの不斉全合成」第113回有機合成シンポジウム(名古屋大学 坂田・平田ホール) 201867

3  ○竹本太一, 花谷優太朗,仲辻秀文, 田辺陽 「エノールトシラートの宮浦 - 石山ホウ素化,鈴木 - 宮浦カップリングを利用する多置換共役ジエンの (2E,4E)-,(2Z,4Z)- 立体補完的合成法」 日本プロセス化学会2018サマーシンポジウム(タワーホール船堀) 2018726
4

堤健之,蘆田雄一郎,仲辻秀文,田辺陽 (Z)-3-アリール-2-ブテン酸メチルおよび (Z)-2-アリール-2-ブテン酸メチルの実用的合成:Organic Syntheses二題」日本プロセス化学会2018サマーシンポジウム(タワーホール船堀) 2018727

5 角野雅俊,田村奈生,花谷優太朗,田辺陽「TiCl4 / amine 反応剤を用いる C-C 結合反応の特異な反応性・選択性」日本プロセス化学会2018サマーシンポジウム(タワーホール船堀) 2018727
6 福田圭吾,鎌田理沙,北口秀弥,仲辻秀文,田辺陽「α -ハロおよびα -スルホニルオキシ酢酸メチルの脱水型 Ti-Claisen 縮合とStrobilurin A 合成への応用」日本プロセス化学会2018サマーシンポジウム(タワーホール船堀) 2018727
7 川元百世,佐々木亮祐,田辺陽「光学活性 2-スルファニルカルボン酸およびエステルのプロセス化学的合成ならびにHPLC による精密な光学純度決定法」日本プロセス化学会2018サマーシンポジウム(タワーホール船堀) 2018727
8 吉竹大輔,佐藤有華,蘆田雄一郎,田辺陽「エノールスルホナートを基質とするクロスカップリングおよび還元反応を用いた実用的多置換α,β -不飽和エステルの (E)-,(Z)-立体補完的合成」日本プロセス化学会2018サマーシンポジウム(タワーホール船堀) 2018727
9  蘆田雄一郎,中田孝平,仲辻秀文,田辺陽「α-クロロエノールトシラートの逐次段階的クロスカップリングを利用するフル置換α,β-不飽和エステルの(E)-,(Z)- 立体補完的合成」日本プロセス化学会2018サマーシンポジウム(タワーホール船堀) 2018727
10
 
小國祐美子,杉美貴子,村裕章,永瀬良平,仲辻秀文,御前智則,〇田辺陽「Ti-Claisen 縮合、Ti-直接アルドール反応を基軸とする、(–)-alternaric acidおよび (–)-azaspirene の不斉全合成」日本プロセス化学会2018サマーシンポジウム(タワーホール船堀) 2018727


2017年度


学術論文

1.  “(Z)-Enol p-Tosylate Derived from Methyl Acetoacetate: A Useful Cross-coupling Partner for the Synthesis of Methyl (Z)-3-Phenyl (or Aryl)-2-butenoate,Yuichiro Ashida, Hidefumi Nakatsuji,* Yoo Tanabe*
Org. Synth. 2017, 94, 93–108. [link]
   
 2 Dehydration-type Ti-Claisen Condensation (Carbonhomologation) of α-Heteroatom-substituted Acetates with Alkyl Formates: Utilization as (Z)-Stereodefined Cross-coupling Partners and Application to Concise Synthesis of Strobilurin A,Hidefumi Nakatsuji,*Risa, Kamada, Hideya Kitaguchi, Yoo Tanabe*
Adv. Synth. Catal. 2017, 359, 3865–3879. [link] 
 
 3 Straightforward Synthesis of N-Methyl-4-(pin)B-2(3H)-benzothiazol-2-one: A Promising Cross-Coupling Reagent” Shotaro Izawa, Hidefumi Nakatsuji,* Yoo Tanabe*Molbank 2018, M976 (Special Issue Heterocycles, communication, Invited)[Heterocycles] [link]Me
   

学会発表
1 ○堤健之, 藤原哲也, 中田孝平, 蘆田雄一郎, 小國祐美子, 仲辻秀文, 田辺 , Ti-Claisen,アルドール反応を鍵段階とする 3-アシル-5,6-ジヒドロピロン天然物全 3 種の不斉全合成」日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム(大阪国際交流センター) 201784
2

○竹本太一, 仲辻秀文, 田辺陽, 「オキソマロン酸ジエチル (DEMO) を求電子剤とする

各種炭素-炭素結合形成反応」日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム(大阪国際交流センター) 201784
 3  ○仲辻秀文, 坂雄生, 蘆田雄一郎, 御手洗久美 田辺陽, 「直接Ti-交差アルドール反応を利用する多置換2(5H)-フラノン類の直接的合成」日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム(大阪国際交流センター) 201784
 4  仲辻秀文,蘆田雄一郎,梶本紗智美,田辺陽,Organic Syntheses 二題:(Z)-β-メチル桂皮酸エステル合成および Ti-Claisen 縮合の応用」第43 反応と合成の進歩シンポジウム(富山国際会議場) 2017116
 5  角野雅俊,仲辻秀文,田辺陽「エステルエノラート形成: Ti-Claisen縮合の特異性」日本化学会第98春季年会(日本大学 船橋キャンパス) 2018321
 6
 川元百世,佐々木亮祐,蘆田雄一郎,松尾憲忠,仲辻秀文,田辺陽「天然ピレトリン殺虫成分の人工ピレスロイド殺虫剤中間体からの化学合成」日本化学会第98春季年会(日本大学 船橋キャンパス) 2018321
7
 
 福田圭吾,中田孝平,鎌田理沙,仲辻秀文,田辺陽「脱水型 Ti-Claisen 縮合体を利用する立体保持 Michael 付加反応」日本化学会第98春季年会(日本大学 船橋キャンパス) 2018321
 8
 吉竹大輔,竹本太一,仲辻秀文,田辺陽「E-エノールスルホナートの立体保持還元反応を利用するZ-二置換-α,β-不飽和エステルの合成」日本化学会第98春季年会(日本大学 船橋キャンパス) 2018321
 9
 佐々木亮祐,田辺陽「位置制御ベンズアヌレーション反応を利用する Phyllamyricin A及びChaihunaphthone の全合成」日本化学会第98春季年会(日本大学 船橋キャンパス) 2018321
10   堤健之,蘆田雄一郎,仲辻秀文,田辺陽「(Z)-3-アリール-2-ブテン酸メチルおよび(Z)-2-アリール-2-ブテン酸メチルの実用的合成:Organic Syntheses 二題」日本化学会第98春季年会(日本大学 船橋キャンパス) 2018323
 11  花谷優太朗,竹本太一,仲辻秀文,田辺陽「エノールトシラートの宮浦-石山ホウ素化及び鈴木-宮浦クロスカップリングのワンポット反応を利用する四置換共役ジエンの(E)-,(Z)-立体補完的合成法」日本化学会第98春季年会(日本大学 船橋キャンパス) 2018323
 12  竹本太一,花谷優太朗,仲辻秀文,田辺陽「(E)-, (Z)-エノールトシラートの宮浦-石山ホウ素化,鈴木-宮浦カップリングを利用する多置換共役ジエンの立体補完的合成法」日本化学会第98春季年会(日本大学 船橋キャンパス) 2018323

2016年度


学術論文
1.  A General and Robust Method for the Preparation of (E)- and (Z)-Stereodefined Fully Substituted Enol Tosylates: Promising Cross-Coupling Partners” Yuichiro Ashida, Yuka Sato, Atsushi Honda, Hidefumi Nakatsuji,* Yoo Tanabe* Synthesis 2016, 48, 40724080. [link] Selected by Synform 2017, 03, A38A43.[link]
   
 2 Asymmetric Total Synthesis of (-)-Azaspirene by Utilizing Ti-Claisen Condensation and Ti-Direct Aldol Reaction” Mikiko Sugi, Ryohei Nagase, Tomonori Misaki,* Hidefumi Nakatsuji, Yoo Tanabe* Eur. J. Org. Chem. 2016, 4834–4841. [link]
   
 3 “Acid–induced Favorskii–type Reaction: Regiocontrolled Elimination of Acyloin Mesylates Leading to α,β-Unsaturated Ketones and Application to Formal Total Synthesis of (R)-Muscone from Racemic Muscone” Yuichiro Ashida, Akihiro Tanaka, Kohei Hosomi, Atsushi Nakamura, Tomonori Misaki, Hidefumi Nakatsuji,* Yoo Tanabe* ChemistrySelect 2016, 1, 3215–3218. [link
   
 4 “Straightforward synthesis of 2(5H)-furanones as promising cross-coupling partners: Direct furanone annulation utilizing Ti-mediated aldol addition,” Yuki Ban, Yuichiro Ashida, Hidefumi Nakatsuji,* Yoo Tanabe* Molbank 2016, M908. [link] 
   
 5 Synthesis of Methyl 1-Formylcyclopropanecarboxylate utilizing Ti-Claisen Condensation, Yuichiro Ashida, Satomi Kajimoto, Hidefumi Nakatsuji,* Yoo Tanabe,* Org. Synth. 2016, 93, 286305. [link]
   
 6 Asymmetric Total Syntheses of Two 3-Acyl-5,6- dihydro-2H-pyrones: (R)-Podoblastin-S and (R)-Lachnelluloic Acid with Verification of the Absolute Configuration of (−)-Lachnelluloic Acid,Tetsuya Fujiwara, Takeshi Tsutsumi, Kohei Nakata, Hidefumi Nakatsuji * and Yoo Tanabe,* Molecules 2017, 22, 6977. [link
   
 7

Divergent Synthetic Access to E- and Z-Stereodefined All-Carbon-Substituted Olefin Scaffolds: Application to Parallel Synthesis of (E)- and (Z)-Tamoxifens, Yuichiro Ashida, Atsushi Honda, Yuka Sato, Hidefumi Nakatsuji,* Yoo Tanabe* ChemistryOpen 2017, 6, 7389. [link]

   

総説・解説
 1  チタン反応を利用するムスク・ミント・ジャスミン系高級香料の実用的化学合成 田辺 陽,香料 2016, 秋号29-36. [PDF]
 2

四置換オレフィンがワンポットで」 仲辻 秀文 化学 2016, 71, 60-61. [link]



学会発表
1 ○依田崚平,増山義和,仲辻秀文,田辺 陽,「不斉 Ti-Claisen-Aldol Domino 反応を鍵とする鎖状四連続不斉中心形成」,日本プロセス化学会2016サマーシンポジウム(名古屋国際会議場) 2016年7月30日
2 蘆田雄一郎,梶本紗智美,仲辻秀文,田辺 陽,Organic Syntheses 二題」,日本プロセス化学会2016サマーシンポジウム(名古屋国際会議場) 2016年7月30日
3

佐々木亮祐、今井康明、仲辻秀文、田辺 陽,「(R)-チオ乳酸エステルの実用的合成法とキラル HPLC 光学純度測定」,第36回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」(京都薬科大学),201689

4

中田孝平、藤原哲也、仲辻秀文、田辺 陽,「不斉向山アルドール反応を利用する Gibberellin  共力物質 (-)-Pestalotin の不斉全合成研究」,第36回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」(京都薬科大学),201689

 ○蘆田 雄一郎,本田 惇,佐藤 有華,仲辻 秀文,田辺 陽,「フル置換アルケンの (E)-, (Z)-立体補完的パラレル合成法の開発」,第6 CSJ 化学フェスタ(タワーホール船堀),20161114日~16
 6  ○本田 惇,蘆田 雄一郎,仲辻 秀文,田辺 陽,「tamoxifen (E)-, (Z)-立体補完的パラレル合成法の開発」,第42回反応と合成の進歩シンポジウム(清水文化会館マリナート),2016117日~8
 7  ○河野 太郎,佐々木 亮祐,蘆田 雄一郎,仲辻 秀文,田辺 陽,「gem-ジクロロシクロプロパン類のカチオン的開環反応によるジクロロジエン化合物の合成とクロスカップリング反応への応用」,日本化学会第97春季年会(慶應義塾大学 日吉キャンパス),2017317
 8  田村奈生,依田 崚平,仲辻 秀文,田辺 陽,「直接 Ti-交差アルドール反応による (±)-Hernandulcine の一段階全合成」,日本化学会第97春季年会(慶應義塾大学 日吉キャンパス),2017317
 9  ○堤 健之,藤原 哲也,中田 孝平,仲辻 秀文,田辺 陽,「触媒的不斉向山アルドール反応を利用する3-アシル-5,6-ジヒドロピロン天然物の不斉全合成」,日本化学会第97春季年会(慶應義塾大学 日吉キャンパス),2017317
 10  ○佐々木 亮祐,仲辻 秀文,田辺 陽,「(R)-2-スルファニルカルボン酸およびメチルエステルの実用的で堅牢な合成および HPLC を用いた光学純度の決定法」,日本化学会第97春季年会(慶應義塾大学 日吉キャンパス),2017319
 11  ○竹本 太一,蘆田 雄一郎,仲辻 秀文,田辺 陽,「オキソマロン酸ジエチルを用いる各種炭素-炭素結合形成反応」,日本化学会第97春季年会(慶應義塾大学 日吉キャンパス),2017319
 12  ○坂 雄生,蘆田 雄一郎,仲辻 秀文,田辺 陽,「直接Ti-交差アルドール反応を利用する多置換2(5H)-フラノン類の合成および鈴木-宮浦クロスカップリングへの応用」,日本化学会第97春季年会(慶應義塾大学 日吉キャンパス),2017319

国際学会招待講演
 1  Hidefumi Nakatsuji, Yoo Tanabe, “(E)- and (Z)-Stereodefined parallel syntheses of multi-substituted α,β-unsaturated esters: Application to short step syntheses of both (E)- and (Z)- Zimelidines and Tamoxifens” 2nd European Organic Chemistry Congress (Hyatt Amsterdam Airport hotel), 2017.3.2-3.

2015年度

学術論文

  1.  “(E)-,(Z)-Parallel Preparative Methods for Stereodefined β,β-Diaryl- and α,β-Diaryl-α,β-unsaturated Esters: Application to the Stereocomplementary Concise Synthesis of Zimelidine” Yuichiro Ashida, Yuka Sato, Takeyuki Suzuki, Kanako Ueno, Ken-ichiro Kai, Hidefumi Nakatsuji,* and Yoo Tanabe* Chem. Eur. J. 2015, 21, 5934–5945.
    [link]

  2. “(E)- and (Z)-Stereodefined enol phosphonates derived from β-ketoesters: Stereocomplementary synthesis of fully-substitutedα,β-unsaturated esters” Hidefumi Nakatsuji,* Yuichiro Ashida, Hiroshi Hori, Yuka Sato, Atsushi Honda, Mayu Taira, Yoo Tanabe* Org. Biomol. Chem. 2015, 13, 8205-8210.
    [link]

学会発表

1.


Yuichiro Ashida, Yuka Sato, Atsushi Honda, ○Hidefumi Nakatsuji, Yoo Tanabe, "Expeditious Parallel Syntheses of All (E)- and (Z)-Zimeridines and Tamoxifens Utilizing (E)-, (Z)-Stereocomplementary Synthesis of Multi-Substituted α,β-Unsaturated Esters" the 3rd International Symposium on Process Chemistry (ISPC 2015), (Kyoto International Convention Center), 2015.7.15
 2. 蘆田雄一郎,佐藤有華,仲辻秀文,田辺陽,「エノールトシラートを前駆体とするフル置換 α, β-不飽和エステルの (E), (Z)-立体補完的パラレル合成」,第41回反応と合成の進歩シンポジウム (近畿大学) 2015年10月27日
 3. Yuichiro Ashida, Yuka Sato, Atsushi Honda, Hidefumi Nakatsuji, Yoo Tanabe, "Parallel (E)- and (Z)-Stereocomplementary Synthesis of Di- or Tri-Substituted α,β-Unsaturated Esters: Application to Expeditious Parallel Syntheses of All Four (E)- and (Z)-Zimeridines and Tamoxifens" 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13), (Rihga Royal Hotel KYOTO), 2015. 11.10
 4. Yuichiro Ashida, Yuka Sato, Hidefumi Nakatsuji, Yoo Tanabe, "Parallel and (E)-and (Z)-stereocomplementary synthesis of multi-substituted α,β-unsaturated esters directed for process chemistry: Application to expeditious parallel syntheses of all four (E)-and (Z)-Zimeridine and Tamoxifen" Pacifichem2015, (Hawaii Convention Center), 2015.12.19
 5. Satomi Kajimoto, Yuichiro Ashida, Hidefumi Nakatsuji, Yoo Tanabe, "Practical preparation of α-formyl esters from simple esters and methyl formate utilizing Ti-Claisen condensation and its utilization for useful building blocks."Pacifichem2015, (Hawaii Convention Center), 2015.12.19
 6. Tetsuya Fujiwara, Yuji Takahama, Yuichiro Ashida, Noritada Matsuo, Hidefumi Nakatsuji, Yoo Tanabe, "Chiral cyclopropane and cyclobutane forming-reactions using a-anion of nitriles; asymmetric synthetic study of (1R,3R)-Metofluthrin and (+)-Grandisol" Pacifichem2015, (Hawaii Convention Center), 2015.12.19
 7. Atsushi Honda, Yuichiro Ashida, Yuka Sato, Hidefumi Nakatsuji, Yoo Tanabe, "(E)-, (Z)-Stereocomplementary parallel synthesis of (E)- and (Z)- Tamoxifens" Pacifichem2015, (Hawaii Convention Center), 2015.12.19
 8.  藤原哲也・仲辻秀文・田辺 陽,「ニトリルの a-アニオンの特性を活かした (+)-Grandisol の短段階不斉全合成」日本化学会第96春季年会(同志社大学),2016324
 9.  蘆田雄一郎, 佐藤有華, 仲辻秀文, 田辺 陽,「エノールトシラートを前駆体とする (E)-,(Z)-立体補完的パラレル反応によるフル置換アルケンの合成法の開発とその医薬品合成への応用」,日本化学会第96春季年会(同志社大学),2016325
 10.  本田惇,蘆田雄一郎,仲辻秀文, 田辺 陽,「(E)- , (Z)-Tamoxifen (E)-, (Z)-立体補完的パラレル簡便合成の開発」,日本化学会第96春季年会(同志社大学),2016326
 11.  坂雄生,梶本紗智美,蘆田雄一郎,仲辻秀文,田辺 陽,「ZrCl4-amine 反応剤を用いるα-ハロホルミルエステルの効率的合成法」,日本化学会第96春季年会(同志社大学),2016326
12.  佐々木亮祐,今井康明,仲辻秀文,田辺 陽,「(R)-チオ乳酸およびエステルの実用的合成法とキラルHPLC 光学純度測定」,日本化学会第96春季年会(同志社大学),2016326
 13.  井澤章太郎,蘆田 雄一郎,仲辻 秀文,田辺 陽,「芳香族の位置選択的カチオン的チオシアノ化反応」,日本化学会第96春季年会(同志社大学),2016326
 14.  中田孝平,藤原哲也,仲辻秀文,田辺陽,「不斉向山アルドール反応を利用するGibberellin 共力物質 (-)-Pestalotin の不斉全合成研究」,日本化学会第96春季年会(同志社大学),2016326
 15. 依田崚平,増山義和,蘆田雄一郎,仲辻 秀文,田辺 陽,「不斉Ti-Claisen-Aldol Domino反応を鍵とする鎖状四連続不斉中心形成」,日本化学会第96春季年会(同志社大学),2016326
 16.  竹本太一, 蘆田雄一郎, 仲辻秀文, 田辺 陽,「β-ケトアミドのエノールトシル化・クロスカップリングを利用する α,β-不飽和アミドの(E)-, (Z)-立体補完的合成法」,日本化学会第96春季年会(同志社大学),2016326

2014年度以前の業績

[link]

PAGE TOP