ページ先頭に戻る
研究 : 日本生化学会 最優秀プレゼンテーション賞受賞 −橋本翔子氏(生命科学専攻D1)
投稿日時: 2009-10-30 19:37:44 (3762 ヒット)

2009年10月に開催された第82回日本生化学会大会において、大学院生命科学専攻D1、今岡研究室所属の橋本翔子さんが最優秀プレゼンテーション賞を受賞しました。

受賞対象となった発表は、「GH3細胞におけるProtein disulfide isomeraseによる甲状腺ホルモン応答制御機構について」でした。
(ラット脳下垂体由来細胞GH3は甲状腺ホルモン刺激(T3)によって成長ホルモン(GH)を放出する。この研究ではprotein disulfide isomeraseがこの機構に関わることを明らかにした。)

日本生化学会
第82回日本生化学会大会

Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University