ページ先頭に戻る
研究 : 「産総研」と理工学研究科が連携を協定
投稿日時: 2009-1-22 17:14:00 (2322 ヒット)

関西学院大学と独立法人産業技術総合研究所は2009年4月1日より連携を結びます。この連携の目的は、理工学研究科における教育研究活動の一層の充実を図るとともに、産総研の研究活動の推進およびその成果の普及を促進することにより、日本における学術および科学技術の発展に寄与することです。

また、4月1日より、産総研関西センターから3名の客員教授(田和圭子氏・西井準治氏・鎌田賢司氏)と同四国センター(石川満氏)の先生方に就任していただき、実際に教育活動にあたっていただくと共に共同研究を進めます。大学院生の皆さんが産総研関西センター或いは四国センターで研究を行なうことも可能になります。

理工学研究科はこれまで既に理化学研究所神戸研究所、SPring-8と連携を結んできましたが、今回の連携は3番目のものとなります。このような連携を通じ、教育研究活動をさらに活性化していきたいと思います。

連携協定の新聞記事はこちらへ。
【神戸新聞】 掲載記事
【読売新聞(阪神版)】 掲載記事

Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University