ページ先頭に戻る
研究 : SPring-8に 16企業と共同で専用の研究装置を建設
投稿日時: 2008-2-16 13:04:29 (3025 ヒット)

関西学院大学は、十六の企業(旭化成・住友ゴム・キャノン・クラレ・昭和電工・住友化学・住友ベークライト・東レ・デンソー・東洋紡・日東電工・ブリジストン・三井化学・三菱化学・三菱レーヨン・横浜ゴム)とともに、新素材開発を目的とする産学連携の団体「フロンティアソフトマター開発産学連合体」を2月15日に設立し、世界最高性能の放射光施設 SPring-8 内の専用ビームライン(放射光の取り出し口)に共同の研究装置を建設します。これは、SPring-8 初の産学連携ビームラインとして、2009年夏の稼働を目指し、有機ELや高機能性繊維などの新素材開発に利用する予定です。

詳細についてはこちらへ。

Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University