ページ先頭に戻る
研究 : 山内光陽助教らの研究グループ「アゾベンゼンが結晶化すると発光体として振る舞う」ことを発見
投稿日時: 2019-8-29 15:36:00 (300 ヒット)

関西学院大学理工学部環境・応用化学科の山内光陽助教、横山幸輔氏(修士1年)、増尾貞弘教授らの研究グループは、有機化合物の一種で単独では発光しないアゾベンゼンについて、結晶化させることで発光体として振る舞うこと(結晶化誘起発光)を発見しました。
(KG News 記事へ)

Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University