ページ先頭に戻る
研究 : ミツバチはどのようにして精緻な巣をつくるのか?–ミツロウの付着と掘削に着目したハニカム構造への学際的アプローチ–大浩一教授(数理科学)、上道氏(博士課程後期)
投稿日時: 2018-11-15 13:20:00 (106 ヒット)

山口大学大学院創成科学研究科工学系学域工学基礎分野の鳴海孝之講師は、神戸大学大学院医学研究科の本多久夫客員教授、関西学院大学理工学部数理科学科の大浩一教授および理工学研究科の上道賢太さん(博士課程後期課程在籍)と共同で、ミツバチの造巣に関するコンピュータシミュレーションモデル「付着・掘削モデル」の提案を行い、ミツバチが作る巣の初期構造の再現に成功しました。
精緻なミツバチの巣が、ミツバチによるミツロウの付着と掘削という単純な行動ルールに基づく活動によって作られうることを、本研究成果は示唆しています。

本研究成果は、平成30年10月25日、米国科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」に掲載されました。

詳しくは、
(2018年の報道発表へ)
(神戸大学HPへ)
をご覧ください。

Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University