ページ先頭に戻る
催し物 : 2008年7月28日 関西学院大学理工学部・吉林大学生命科学院連携記念シンポジウム
投稿日時: 2008-6-21 14:23:00 (2479 ヒット)

理工学部と吉林大学生命科学院 (College of Life Sciences, Jilin University)は、生命科学分野における教育・研究連携を強化するため、7月28日(月)に連携協定を結びます。

両大学はこれまでも教員や研究員レベルで人事交流・共同研究を実施してきましたが、中国の生命科学分野での拠点大学である吉林大学生命科学院と連携協定を締結することで、漢方薬理、分析化学、発生再生科学、極限環境微生物学、バイオインフォマティックスなどの分野で教育研究をさらに活発化させたいと考えています。今後は、定期的に研究発表会を開催するほか、講義の相互協力、教員・大学院生・学部生の相互派遣などを進める予定です。

連携協定の締結を記念して、下記の通り「関西学院大学理工学部・吉林大学生命科学院連携記念シンポジウム」を開催いたします。

日 時:7月28日(月)13:00〜18:00
会 場:関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス内
     関西学院会館2階 レセプションホール
問合せ:関西学院大学理工学部事務室(079-565−8300)

<プログラム>
13:00-14:00 第一部 連携記念式
 あいさつ 浅野考平(関西学院大学副学長、研究推進社会連携機構長)
 吉林大学生命科学院の紹介 Li Qingshan(吉林大学生命科学院長)
 関西学院大学理工学部の紹介 尾崎幸洋(関西学院大学理工学部長)  
 吉林大学国家生物実験センターの紹介 Teng Lirong(吉林大学国家生物実験センター長)

14:00-18:00 第二部 連携記念シンポジウム
 14:00-14:40
  特別講演 Fu Xueqi(吉林大学生命科学院教授 Edmond H. Fischer
  Signal Transduction Laboratory)
  「Study on the biological functions of MTM subfamily
  enzymes in C.elegans by RNAi」

 14:40-15:20
  特別講演Feng Yan(吉林大学生命科学院教授 Key Laboratory of
  Molecular Enzymology and Engineering)
  「Structure, function and evolution of the thermophilic
  enzymes: Novel substrate lineages of the thermophilic
  esterase by rational design」

 15:20-15:50
  ナノバイオテクノロジー研究開発センター 研究成果発表
  (メインロビー)

 15:50-16:00 
  ナノバイオテクノロジー研究開発センターの紹介
  今岡進(ナノバイオテクノロジー研究開発センター代表)

 16:00-16:25 
  「耐熱性チトクロームP450と新規電子伝達系の単離」
  今岡進(関西学院大学理工学部生命科学科教授) 

 16:25-16:50
  「蛋白質の構造解析と結晶化のための溶液デザイン」
  山口宏(関西学院大学理工学部化学科准教授) 

 17:00-17:25 
  「構造活性相関における基本活性構造知識ベースの構築」
  岡田孝(関西学院大学理工学部情報科学科教授) 

 17:25-17:50 
  「新しいタイプの形態形成因子epimorphinによる皮膚組織の分化制御」
  平井洋平(京都大学再生医学研究所 准教授) 

17:50 閉会の辞 

参加費および事前申し込みは不要です。

詳しくは、

をご覧ください。



Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University