研究業績

0. 投稿準備中の論文
論文題目名:
Economic Policy Uncertainty and Financial Market Volatility: Evidence from Japan
概要:
In this study, we show a relationship between economic policy uncertainty and financial market volatility in Japanese financial market. Uncertainty is measured by the index of economic policy uncertainty (EPU) based on newspaper coverage, frequency newly developed by Baker et al. Volatility is calculated as a sum of squared intraday returns, which is known as the realized volatility (RV). The EPU and RV are combined with the mixed data sampling (MIDAS) approach in order to investigate how economic policy uncertainty shocks are associated with the Japanese financial market volatility. The result will contribute to financial market research and economic policy studies.
著者氏名(共著者含):
Takayuki MORIMOTO

1. 投稿中の論文
論文題目名:
Analyzing Structural Breaks and Volatility Spillover due to Infectious Disease in Japan: Using Spillover Networks
https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=3715379
概要:
In this paper, we investigate structural breaks and volatility spillover effects on the Japanese stock market. To detect structural breaks, we use an iterated cumulative sum of squares (ICSS) algorithm, which can identify multiple change points. To measure the volatility spillover effect, we apply the BEKK-GARCH model. As a result, many sectors have structural breaks that occurred after the novel coronavirus disease 2019 (COVID-19) shock after January 2020. Furthermore, we find that the transportation sector is heavily affected by volatility spillover during years of infectious disease outbreaks and a pure economic shock affects the financial sector.
著者氏名(共著者含):
Hideto SHIGEMOTO and Takayuki MORIMOTO

2. 査読有論文
論文題目名:
An Integrated Framework for Visualizing and Forecasting Realized Covariance Matrices
https://doi.org/10.1007/s42081-020-00100-0
掲載誌名:
Japanese Journal of Statistics and Data Science
掲載誌 発行年月:
in press
著者氏名(共著者含):
Hideto SHIGEMOTO and Takayuki MORIMOTO
論文題目名:
実現ネットワークによる日本株の依存構造分析
http://www.terrapub.co.jp/journals/jjssj/abstract/4902/49020241.html
掲載誌名:
日本統計学会誌 49巻 2号(頁 241 ~ 264)
掲載誌 発行年月:
2020年3月
著者氏名(共著者含):
重本 秀人, 森本 孝之
論文題目名:
Incorporating Realized Quarticity into a Realized Stochastic Volatility Model
https://doi.org/10.1007/s10690-019-09276-2
掲載誌名:
Asia-Pacific Financial Markets 26巻 4号(頁 495 ~ 528)
掲載誌 発行年月:
2019年12月
著者氏名(共著者含):
Didit Budi NUGROHO and Takayuki MORIMOTO
論文題目名:
Forecasting financial market volatility using a dynamic topic model
https://doi.org/10.1007/s10690-017-9228-z
掲載誌名:
Asia-Pacific Financial Markets 24巻 3号(頁 149 ~ 167)
掲載誌 発行年月:
2017年9月
著者氏名(共著者含):
Takayuki MORIMOTO and Yoshinori KAWASAKI
Acknowledgments
論文題目名:
経験類似度に基づくボラティリティ予測
https://ci.nii.ac.jp/naid/40021295807
掲載誌名:
統計数理 65巻 1号(頁 155 ~ 180)
掲載誌 発行年月:
2017年8月
著者氏名(共著者含):
森本 孝之, 川崎 能典
論文題目名:
Robust estimation of a high-dimensional integrated covariance matrix
http://dx.doi.org/10.1080/03610918.2014.991038
掲載誌名:
Communications in Statistics - Simulation and Computation 46巻 2号(頁 1102 ~ 1112)
掲載誌 発行年月:
2017年2月
著者氏名(共著者含):
Takayuki MORIMOTO and Shuichi NAGATA
論文題目名:
European Option Pricing Under Fractional Brownian Motion with an Application to Realized Volatility
http://dx.doi.org/10.5047/forma.2016.s005
掲載誌名:
FORMA 31巻 Special Issue: Forms in Economics and Business Administration(頁 S29 ~ S40)
掲載誌 発行年月:
2016年11月
著者氏名(共著者含):
Takayuki MORIMOTO
論文題目名:
Box-Cox realized asymmetric stochastic volatility models with generalized Student's t-distributions
http://dx.doi.org/10.1080/02664763.2015.1125862
掲載誌名:
Journal of Applied Statistics 43巻 10号(頁 1906 ~ 1927)
掲載誌 発行年月:
2016年4月
著者氏名(共著者含):
Didit Budi NUGROHO and Takayuki MORIMOTO
論文題目名:
Estimation of realized stochastic volatility models using Hamiltonian Monte Carlo-based methods
http://dx.doi.org/10.1007/s00180-014-0546-6
掲載誌名:
Computational Statistics 30巻 2号(頁 491 ~ 516)
掲載誌 発行年月:
2015年6月
著者氏名(共著者含):
Didit Budi NUGROHO and Takayuki MORIMOTO
論文題目名:
Realized non-linear stochastic volatility models with asymmetric effects and generalized Student's $t$-distributions
https://doi.org/10.14490/jjss.44.83
掲載誌名:
Journal of the Japan Statistical Society 44巻 1号(頁 83 ~ 118)
掲載誌 発行年月:
2014年10月
著者氏名(共著者含):
Didit Budi NUGROHO and Takayuki MORIMOTO
論文題目名:
Optimal weight for realized variance based on intermittent high-frequency data
https://doi.org/10.1111/j.1468-5876.2011.00552.x
掲載誌名:
Japanese Economic Review 63巻 4号(頁 497 ~ 527)
掲載誌 発行年月:
2012年12月
著者氏名(共著者含):
Hiroki MASUDA and Takayuki MORIMOTO
論文題目名:
A note on a statistical hypothesis testing for removing noise by the random matrix theory, and its application to co-volatility matrices
https://doi.org/10.1142/9789814304078_0008
掲載誌名:
In Recent Advances in Financial Engineering 2009: Proceedings of the KIER-TMU International Workshop on Financial Engineering 2009 (Singapore; World Scientific)(頁 203 ~ 217)
掲載誌 発行年月:
2010年06月
著者氏名(共著者含):
Takayuki MORIMOTO and Kanta TACHIBANA
論文題目名:
高頻度データ系列におけるジャンプ検出の実証分析
https://www.terrapub.co.jp/journals/jjssj/abstract/3901/39010033.html
掲載誌名:
日本統計学会誌 39巻 1号(頁 33 ~ 63)
掲載誌 発行年月:
2009年09月
著者氏名(共著者含):
増田 弘毅, 森本 孝之
論文題目名:
Jump Diffusion Model with Application to the Japanese Stock Market
https://doi.org/10.1016/j.matcom.2008.01.030
掲載誌名:
Mathematics and Computers in Simulation 78巻 2-3号(頁 223 ~ 236)
掲載誌 発行年月:
2008年07月
著者氏名(共著者含):
Koichi MAEKAWA, Sangyeol LEE, Takayuki MORIMOTO and Ken-ichi KAWAI
論文題目名:
Applications of Double-Wayland Algorithm to Detect Anomalous Signals
http://www.scipress.org/journals/forma/abstract/2102/21020159.html
掲載誌名:
FORMA 21巻 2号(頁 159 ~ 167)
掲載誌 発行年月:
2006年09月
著者氏名(共著者含):
Hiroki TAKADA, Takayuki MORIMOTO ,Hitoshi TSUNASHIMA, Taishi YAMAZAKI, Hiroyuki HOSHINA and Masaru MIYAO
論文題目名:
最小マルチンゲール測度の下での高頻度データを利用したオプション価格付け
https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA78014914
掲載誌名:
金融工学と証券市場の計量分析(ジャフィー・ジャーナル)東洋経済新報社(頁 65 ~ 81)
掲載誌 発行年月:
2006年08月
著者氏名(共著者含):
森本 孝之
論文題目名:
イントラデイ VaR による GARCH モデルの比較実証
https://ci.nii.ac.jp/naid/120006019044/
掲載誌名:
統計数理 54巻 1号(頁 5 ~ 21)
掲載誌 発行年月:
2006年06月
著者氏名(共著者含):
森本 孝之, 川崎 能典

3. 査読無論文
論文題目名:
Economic Policy Uncertainty and Financial Market Volatility: Evidence from Japan
http://isi2019.org/proceeding/3.CPS/CPS%20VOL%206/index.html#p=274
掲載誌名:
In Proceedings of ISI-WSC 2019 (The 62nd International Statistical Institute World Statistics Congress 2019), Kuala Lumpur, Malaysia(頁 263 ~ 269)
掲載誌 発行年月:
2019年8月
著者氏名(共著者含):
Takayuki MORIMOTO
論文題目名:
Volatility Forecasting with Empirical Similarity: Japanese Stock Market Case
掲載誌名:
In JSM Proceedings, Business and Economics Statistics Section. Baltimore, MD: American Statistical Association(頁 2483 ~ 2510)
掲載誌 発行年月:
2017年12月
著者氏名(共著者含):
Takayuki MORIMOTO and Yoshinori KAWASAKI
  • 論文題目名:
    GARCH-MIDAS モデルの本邦株式市場への適用可能性について
    https://ci.nii.ac.jp/naid/40021358790
    掲載誌名:
    オイコノミカ(名古屋市立大学経済学会) 54巻 1号(頁 63 ~ 74)
    掲載誌 発行年月:
    2017年7月
    著者氏名(共著者含):
    森本 孝之
  • 論文題目名:
    原資産が fBm に従う場合のオプション評価について
    掲載誌名:
    金融時系列分析の理論と応用(広島経済大学研究双書)広島経済大学地域経済研究所 39冊(頁 143 ~ 162)
    掲載誌 発行年月:
    2012年3月
    著者氏名(共著者含):
    森本 孝之
  • 論文題目名:
    ガソリン、灯油、原油の3つの商品先物の高頻度データによる時系列相関分析
    https://www.jcfia.gr.jp/cgi-bin/news.cgi?p=view&nw_id=572
    掲載誌名:
    先物取引研究(掲載予定)
    掲載誌 発行年:
    2010年
    著者氏名(共著者含):
    程島次郎, 森本孝之
  • 論文題目名:
    ランダム行列によるノイズ除去の統計的仮説検定とその共ボラティリティへの適用
    https://ci.nii.ac.jp/naid/110007338655
    掲載誌名:
    情報処理学会研究報告. MPS, 数理モデル化と問題解決研究報告(頁 81 ~ 84)
    掲載誌 発行年月:
    2009年2月
    著者氏名(共著者含):
    森本 孝之, 橘 完太
論文題目名:
Applications of Double-Wayland Algorithm to Detect Anomalous Signals
https://doi.org/10.1007/978-3-540-46375-7_57
掲載誌名:
Frontiers of Computational Science, Y. Kaneda; H. Kawamura; M. Sasai (Eds.) 4巻(頁 357 ~ 361)
掲載誌 発行年月:
2007年4月
著者氏名(共著者含):
Hiroki TAKADA, Takayuki MORIMOTO ,Hitoshi TSUNASHIMA, Taishi YAMAZAKI, Hiroyuki HOSHINA and Masaru MIYAO
  • 論文題目名:
    株価変動の因果性ネットワークについての一考察
    掲載誌名:
    数理モデル化と問題解決シンポジウム論文集 : 21世紀COE「計算科学フロンティア」 : 複雑系の科学とその応用(情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会 編)情報処理学会(頁 25 ~ 28)
    掲載誌 発行年月:
    2006年10月
    著者氏名(共著者含):
    森本 孝之, 橘 完太
論文題目名:
An Empirical Comparison of GARCH Models Based on Intraday Value at Risk
掲載誌名:
Lecture Series on Computer and Computational Sciences 4巻(頁 1299 ~ 1302)
掲載誌 発行年月:
2005年10月
著者氏名(共著者含):
Takayuki MORIMOTO and Yoshinori KAWASAKI

4. 研究発表(国際会議)(2017年03月以降)
会議名称:
ISI-WSC 2019 (The 62nd International Statistical Institute World Statistics Congress 2019)
開催期間:
2019年08月
開催場所:
Kuala Lumpur Convention Centre, Kuala Lumpur, Malaysia
題目又はセッション名:
Economic Policy Uncertainty and Financial Market Volatility: Evidence from Japan
発表形態:
ポスター(一般)
会議名称:
Kagawa International Symposium "Recent Developments in Statistics and Econometrics"
開催期間:
2018年03月
開催場所:
Youxin Memorial Hall, Faculty of Economics, Kagawa University, Japan
題目又はセッション名:
Economic Policy Uncertainty and Financial Market Volatility: Evidence from Japan
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
The 11th International Conference on Computational and Financial Econometrics (CFE 2017)
開催期間:
2017年12月
開催場所:
Senate House, University of London, UK
題目又はセッション名:
Volatility forecasting with empirical similarity: Japanese stock market case
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
The 2nd International Statistical Institute Regional Statistics Conference, ISI RSC 2017
開催期間:
2017年03月
開催場所:
Bali International Convention Center (BICC), Managed by The Westin Nusa Dua, Bali, Indonesia
題目又はセッション名:
Economic Policy Uncertainty and Financial Market Volatility: Evidence from Japan
発表形態:
口頭(一般)

5. 研究発表(国内会議)(2014年06月以降)
会議名称:
科学研究費補助金基盤研究C(代表者:前川功一)「非ガウス型構造VARモデルの統計理論と応用」計量経済学・計量ファイナンス研究集会
開催期間:
2019年3月
開催場所:
広島経済大学立町キャンパス 広島市中区立町 2-25
題目又はセッション名:
Multiplicative Error Models with Application to the Japanese Stock Market
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
第34回応用経済時系列研究会・研究報告会
開催期間:
2017年11月
開催場所:
株式会社リファレンス 新有楽町ビル貸会議室Y203 東京都千代田区有楽町1-12-1新有楽町ビル2F
題目又はセッション名:
経験類似度に基づくボラティリティの推定と予測
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
研究集会 大規模統計モデリングと計算統計IV
開催期間:
2017年9月
開催場所:
東京大学大学院数理科学研究科123号室
題目又はセッション名:
経済政策不確実性と金融市場ボラティリティ
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
2017 年度統計関連学会連合大会企画セッション「計算統計学と従属データ解析手法・ソフトウェア開発の相乗発展」
開催期間:
2017年9月
開催場所:
南山大学 名古屋キャンパス S棟 名古屋市昭和区山里町18
題目又はセッション名:
経験類似度に基づくボラティリティの推定と予測
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
科学研究費補助金基盤研究C(代表者:前川功一)「経済時系列モデルのパラメータ変化に関するモニタリング手法の研究開発」研究集会
開催期間:
2017年2月
開催場所:
広島経済大学立町キャンパス 広島市中区立町 2-25
題目又はセッション名:
Economic Policy Uncertainty and Financial Market Volatility: Evidence from Japan
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
平成28年度数学協働プログラム「政治・社会事象の数的分析に関するスタディグループ」第 1 回会合
開催期間:
2016年10月
開催場所:
明治大学駿河台キャンパス・アカデミーコモン9階309E教室
題目又はセッション名:
現在進めている研究について
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
平成27年度数学協働プログラム研究集会「ウェアラブル機器によって得られた医療ビッグデータを利活用するための数理モデルの開発」キックオフセミナー
開催期間:
2015年9月
開催場所:
福井大学文京キャンパス・総合研究棟Ⅰ第一講義室
題目又はセッション名:
ボラティリティ・モデリング
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
平成27年度数学協働プログラム研究集会「統計科学の新展開と産業界・社会への応⽤」・2015 年度統計関連学会連合大会企画セッション「統計的従属性モデリングの理論と応用」
開催期間:
2015年9月
開催場所:
岡山大学津島キャンパス・一般教育棟A21
題目又はセッション名:
非整数ブラウン運動とその日本の株式市場への応用
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
科学研究費補助金基盤研究C(代表者:前川功一)「経済時系列モデルのパラメータ変化に関するモニタリング手法の研究開発」研究集会
開催期間:
2014年12月
開催場所:
広島経済大学立町キャンパス 広島市中区立町 2-25
題目又はセッション名:
A note on pricing European options under fractional Brownian motion
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
統計数理研究所 リスク解析戦略研究センター 第3回 金融シンポジウム「ファイナンスリスクのモデリングと制御Ⅱ」
開催期間:
2014年11月
開催場所:
学術総合センター 中会議場(4, 3, 2)  東京都千代田区一ツ橋2-1-2
題目又はセッション名:
時系列トピックモデルを用いた金融市場のボラティリティ予測
発表形態:
口頭(一般)
会議名称:
第31回応用経済時系列研究会・研究報告会
開催期間:
2014年06月
開催場所:
東京大学大学院 経済学研究科学術交流棟(小島ホール・2階小島コンファレンスルーム) 東京都文京区本郷7-3-1
題目又はセッション名:
ボラティリティ予測のためのニュース解析
発表形態:
口頭(一般)

Created in 0.0104 sec.
prev
2022.1
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31