2021 年度研究室紹介特設ページ

2021 年度研究室紹介特設ページ

https://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/~morimot/intro_ads/2021/Link

今年度は卒研配属説明会が中止となったため、その代わりに3回生向けに作ったページです。過去の修論・博論の概要も載せていますので、大学院進学予定の人にも参考になると思います。

— posted by darkstar at 07:50 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

科研費 計量ファイナンス研究集会のお知らせ

科研費 計量ファイナンス研究集会

場所 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 1407号室
(大阪市北区茶屋町19-19アプローズタワー14階)
https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/Link

日時 令和元年8月2日金曜日13:30-

プログラム

・開会の辞 13:30-13:35

・学生セッション
座長:森本 孝之 (関西学院大学)
13:35-14:05
守屋 奨悟 (関西学院大学大学院理工学研究科)
自己回帰条件付きポアソンモデルに基づく株価収益率のジャンプの推定
14:10-14:40
中澤 碧斗 (関西学院大学大学院理工学研究科)
金融資産の価格の共分散行列の予測において正定値性を保証したモデルの紹介
14:45-15:15
重本 秀人 (関西学院大学大学院理工学研究科)
Realized Networksによる日本株の依存構造分析

休憩 15:15-15:30

・招待講演
座長:川崎 能典 (統計数理研究所)
15:30-16:30
小池 祐太 (東京大学大学院数理科学研究科)
タイトル:高次元共分散行列推定に基づく最小分散ポートフォリオのパフォーマンス比較
アブストラクト:近年、金融高頻度データ解析の分野で、非常に多数の銘柄からなる資産ユニバースの共分散行列を推定する研究が盛んに行われている。このような共分散行列の実務的な応用の一つに、(大域的)最小分散ポートフォリオの構成があり、いわゆる「スマート・ベータ」と称される時価総額加重型指数の代替指数の1つとして最近注目を浴びている。本報告では、近年の金融高頻度データ解析の研究で提案された高次元共分散行列推定の方法についていくつか説明し、その後それらの方法を用いて実際に構成した最小分散ポートフォリオのパフォーマンス比較を行う。

本研究集会は日本学術振興会 科学研究費補助金基盤研究(C)課題番号 18K01554 の援助を受けて開催されます.

— posted by darkstar at 02:51 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

第16回数理・データ科学教育研究センター談話会のお知らせ

[2019年03月05日]
第16回数理・データ科学教育研究センター談話会のお知らせ

 

講演題目 デイジーワールドモデルにおける温度恒常性と棲み分けパターン
講演者  陰山 真矢(関西学院大学 大学院理工学研究科・博士研究員)
日時 2019年03月05日(火)11:00-12:00
場所 4号館1階数理演習室(神戸三田キャンパス4号館1階)
概要

1970年代,Lovelockは地球がそこに棲む生物が自らにとって快適であるように環境を自律的に調節しているひとつのシステム(恒常性自己調節システム)​であると考えた.この仮説の正当性を検証するために導入された数理モデルが,WatsonとLovelockのデイジーワールドモデルである.これは惑星上に生息する生物を2種類のデイジーの花のみに,環境を温度のみに単純化した地球システムモデルである.本発表では,2次元長方形領域上のデイジーワールドモデルに対する定数定常解の安定性条件と数値シミュレーション結果を紹介する.さらに,数値シミュレーションによって得られたデイジーの空間分布パターンと惑星の温度恒常性との関係について述べる.

数理・データ科学教育研究センター談話会  

— posted by darkstar at 02:44 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

第15回数理・データ科学教育研究センター談話会のお知らせ

[2019年02月20日]
第15回数理・データ科学教育研究センター談話会のお知らせ

 

講演題目 1次元定常ロジスティック方程式における最適化問題とその空間多次元への拡張に向けて
講演者  井上 順平(電気通信大学大学院情報理工学研究科情報・ネットワーク工学専攻M1)
日時 2019年02月20日(水)13:00-13:30
場所 5号館2階数理研究室11(神戸三田キャンパス理工学部5号館2階)
講演内容

本講演では、反応項がロジスティック型の反応拡散方程式の定常状態に注目し、特に、環境収容量が空間に対して非一様なものを扱う。この方程式に対して、拡散係数と環境収容量を様々に変化させ、できるだけ多くの生物個体を生存させるという最適化問題がNiにより提唱された。空間1次元においてはBai-He-Liらによって最適値が"3"であること、すなわち、最適である時は総資源1に対して総個体数3の状態となっていることが証明された。しかしながら、最適に近いときの解の形状はほとんど解明されていなかった。そこで本講演では、最適値"3"を達成するときの解形状について新たに得られた結果を紹介したい。また、空間の次元が2以上の場合においてこの最適値がどうなるかを議論したい。

数理・データ科学教育研究センター談話会  

— posted by darkstar at 04:10 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

第14回数理・データ科学教育研究センター談話会

[2018年11月20日]
第14回数理・データ科学教育研究センター談話会のお知らせ

 

講演題目   「Shannon entropyを用いた拡張型指数関数の解析」
講演者  丸岡 敬和(産業技術総合研究所)
日時  2018年11月20日(火)15:30-16:30
場所  4号館303教室(神戸三田キャンパス理工学部4号館3階)
講演内容

指数関数の変数に冪がかかった拡張型指数関数は、緩和過程を記述する上で経験的に発見され、次第に幅広い緩和を記述する有力な関数として注目されてきた。しかし、その関数の物理的解釈においては未だ議論になっており、単なる経験的なフィッティングツールとしてしか見ない向きもある。本研究では先行研究より拡張型指数関数の冪数が緩和過程の空間的・時間的な不均一性に基づいていることが示唆されていることから、この不均一性を定量する手法として、情報工学において統計的不均一性の一つの指標となっているShannon entropyを用いた解析を行った。主要な結果として、平均緩和時間が保存されている条件では、拡張型指数関数は単一指数関数の条件がもっともShannon entropy的には安定であることが示された。この結果は他のモデルにおけるエルゴード性、拡散場の不均一性などの有無と一致しており、物理的な関連が示唆される。この内容を基にShannon entropyを用いた解析の可能性に関して議論したい。

数理科学研究センター談話会  

— posted by darkstar at 09:06 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

第13回数理・データ科学教育研究センター談話会(今回は,理工学部講演会との共催です.)

[2018年11月1日]
第13回数理科学研究センター談話会(今回は,理工学部講演会との共催です.) のお知らせ

 

講演題目 「進化ゲーム理論入門」
講演者 大槻 久 先生(総合研究大学院大学, 講師)
日時 2018年11月1日(木) 13:30 ~ 14:30
場所 4号館302教室(神戸三田キャンパス4号館3階)

数理科学研究センター談話会  

— posted by darkstar at 11:17 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

第14回「生物数学の理論とその応用」-構造化個体群モデルとその応用-

[2017年11月8日-10日]
第14回「生物数学の理論とその応用」-構造化個体群モデルとその応用- のお知らせ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/d_math/rims-2017/index-ja.htmlLink

 

招待講演:
V. Andreasen (Roskilde University, Denmark)
D. Greenhalgh (University of Strathclyde, UK)
特別講演:稲葉 寿 (東京大学大学院数理科学研究科)
企画セッション担当:
國谷 紀良 (神戸大学大学院システム情報学研究科)
日時:平成29年11月8日(水)-11月10日(金)
場所:京都大学 北部総合教育研究棟 益川ホール (多目的ホール)
連絡先:昌子 浩登 (関西学院大学理工学部数理科学科)
e-mail shoji[a]kwansei.ac.jp, [a] → @に変えてください

 

生物数学の理論とその応用  

— posted by darkstar at 05:37 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

第12回数理科学研究センター談話会

[2017年6月23日]
第12回数理科学研究センター談話会のお知らせ

 

講演題目 「ネット閲覧行動データを用いた人の分類結果を使ったビジネスの事例」
概要 テキストマイニングの手法であるLDA (latent Dirichlet allocation) を用いて、ネット閲覧行動から人を分類しました。その結果を用いてビジネスとしての活用事例をお話しさせていただきます。クラスタリングをする意味、そしてその活用について数学の手法とビジネスが関わっていることを伝えられればと思います。
講演者 宇都宮 匡(株式会社ヴァリューズ)
日時 2017年6月23日(金)15:30-16:30
場所 数理科学科演習室(神戸三田キャンパス4号館1階)

数理科学研究センター談話会  

— posted by darkstar at 01:41 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

第13回「生物数学の理論とその応用」-連続および離散モデルのモデリングと解析-

[2016年11月14日-17日]
第13回「生物数学の理論とその応用」-連続および離散モデルのモデリングと解析- のお知らせ

http://sci-tech.ksc.kwansei.ac.jp/d_math/rims/Link

 

特別講演:本多 久夫(神戸大学大学院医学研究科)
企画セッション担当:
岩見 真吾(九州大学理学研究院)
鳴海 孝之(九州産業大学)
日時:平成28年11月14日(月)午後-11月17日(木)午前
場所:京都大学数理解析研究所420号室
連絡先:大崎 浩一(研究代表)関西学院大学理工学部

 

生物数学の理論とその応用  

— posted by darkstar at 01:12 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

Created in 0.0230 sec.
prev
2021.6
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30