関西学院大学理工学部

男女共同参画推進委員会

本委員会は,関西学院大学男女共同参画宣言に則って,子供を持つ教員のサポート,教員の啓発活動,女性専任教員の増加につながる提言などを実施することにより,性別という垣根を克服した「学びと探究の共同体」の実現を目指しています.

新着情報

近日開催・参加者募集中のイベント

理工学部男女共同参画シンポジウム

本シンポジウムでは,「男性からの情報発信」をテーマに 企業でのワーク・ライフ・バランス実践と 育児をしながらのフィールドワーク研究をお2人の学外ゲストから語っていただき、 学内からは理工学部ピンチヒッター制度補助を利用した男性教員の講演に加え、 全講演者によるパネルディスカッションを予定しております。
ご多忙中とは存じますが、ぜひご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

詳細はこちらのチラシ(PDF)をごらんください.

参加ご希望の方は, 氏名・学科・連絡先メールアドレスを明記の上, 下記アドレスにメールにてお申し込みください.
申込先: st_gender@kwansei.ac.jp
お子さまの一時預かりが必要な場合は,その旨もあわせてご記入の上送付ください.

理工学部ピンチヒッター制度補助

本補助は,大学の女性研究者支援制度(ピンチヒッター制度)を補完するものとして,中学生までの子供をもつ男女で,理工学部に所属する専任教員・任期制教員・博士研究員等を対象に2015年度から試行しているものです. ご利用を希望される方は,以下ご確認のうえ,募集期間内に必要書類をご提出ください.

【募集期間】  2018年6月1日~2018年6月30日

  1. 利用者
    • 中学生までの子供をもつ男女で,専任教員,任期制教員,博士研究員等
    • 「関西学院大学女性研究者研究活動支援者」制度利用者も削られた時間の補完として利用可能
    理工学部男女共同参画推進委員会で申請者,申請時間および支援者の妥当性を判断する. その際必要に応じて利用者に対してヒアリングを行うことがある.
  2. 利用期間
    2018年6月1日から2018年10月31日まで
  3. 利用形態
    • 長期利用とスポット利用とする.
      長期利用は「毎週2回2時間の支援」のような形で継続的に利用予定のもの. スポット利用はたとえば卒業式などの行事の際に利用予定のもの.
    • 「関西学院大学女性研究者研究活動支援者」制度利用者(削られた時間の補完)の場合は,学院に申請する勤務時間と学部側に申請する勤務時間が重複しないようにする.
  4. 提出書類
    応募書類のダウンロード »
    提出先はすべて学部事務室(担当: 藤川)
    1. 「関西学院大学女性研究者研究活動支援者」制度利用者
      • 申請時: 人事課に提出した様式1,2のコピー,支援希望時間・チェックリストおよび誓約書(様式 理PH-3)
      • 利用時: 勤務表兼謝金振込依頼書(様式 理PH-4),人事課に提出した様式3のコピー
      • 終了時: 人事課に提出した様式4,5のコピー
    2. 上記に該当しない方
      • 申請時: 「理工学部ピンチヒッター補助」の利用申請書(様式 理PH-1),「理工学部ピンチヒッター補助」の支援者登録申請書(様式 理PH-2),支援希望時間・チェックリストおよび誓約書(様式 理PH-3)
      • 利用時: 勤務表兼謝金振込依頼書(様式 理PH-4)
      • 終了時: 利用報告書(様式 理PH-5)
  5. その他
    • 応募者多数の場合は,優先順位をつけて採用する場合があります.
    • 支援者について,専任教員が所属研究室の修士学生を登録することはできません.
    • 過去の採用実績(ご参考)
      • 利用者: 博士研究員
      • 支援者: 大学院生
      • 支援内容: 解析や文献検索などの研究補助を週2時間

参考: 学院のピンチヒッター制度

出産・育児期の女性専任教員(任期付教員,博士研究員等を含む)を対象とした関西学院の研究支援要員配置制度. 2013年6月募集が始まり,随時申し込み受付中. 詳細はウェブサイトをご参照いただくか,男女共同参画推進本部事務局(人事課内)に直接お尋ねください.

山田晴河記念賞

理工学研究科では,第2回猿橋賞受賞者である山田晴河先生を記念し,本研究科博士課程後期課程在籍の女子学生および女性研究スタッフの研究奨励を目的とした「山田晴河記念賞」を2013年度より設けています.

歴代受賞者 (2013-2017)

サポート

育児スペース

理工学部4号館にあります. パートナーがフルタイムで働いていなくても利用可能です. 理工学部のスタッフ・学生には保育サービス料の補助もあります. 産後の休養や搾乳にもお使いください. 保育を必要とする男性も利用できます. 詳細は理工学部事務室までお問い合わせください.
» ご利用方法

参考: 保育業者
さんだファミリーサポートセンター
http://www.sanda-shakyo.or.jp/service/kosodate_family.html

女性専用仮眠室

理工学部4号館にあります. 深夜におよぶ実験,論文締切前の追い込み時期などで安心して休息できるスペースです. 予約不要でご利用いただけます.

女性優先ポスドク枠

関西学院直接雇用博士研究員(ポスドク)枠には女性優先枠を設けています.

キャリアネットワーク

キャリアセンターと理工学部の双方で女子学生の進路を支援します.

イベント

ロールモデル懇談会

講師の先生にご来学いただき,なごやかな雰囲気の中,仕事や研究の話だけでなく,育児と仕事の両立やワーク・ライフ・バランスについてなど,通常の就職懇談会などではなかなか聞けないような話をゆっくりと聞くことができる機会です. 参加無料・事前申し込み制です.

過去のロールモデル懇談会

第28回
松尾純子(まつおじゅんこ)氏
株式会社 新日本科学
「たのしいしごとのつくりかた」
2018年1月25日(木) 17:00-18:30,4号館委員会室

第27回
齊藤ゆみ(さいとうゆみ)氏
オムロン株式会社
「女性技術者が珍しかった時代のキャリア例」
2017年7月4日(火) 16:50-18:20, 4号館委員会室

第26回
中嶋大(なかじまひろし)氏
大阪大学理学研究科宇宙地球科学専攻
「キャリア作りの5W1H ~理系男の一例~」
2017年1月26日(木) 16:30-18:00, 4号館委員会室

第25回
細川千絵(ほそかわちえ)氏
国立研究開発法人産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門
「国立研究所で働く女性研究者の毎日は?」
2016年12月2日(金) 15:00-16:30, 物化共同実験室

その他のイベント

「Leadership Dialogue~グローバルに活躍するって? グローバルなキャリアって?~」
2016年6月23日(木) 12:45-14:15, アカデミックコモンズ1F
参加募集フライヤー(PDF)

キャリアサロン
ジェンダーを理解し,女性を取り巻く社会の状況などの情報を得,自らの働き方についての本心をさぐる機会を提供します.

運営

資料

委員

(委員長) 高橋和子,(委員) 関由行,田和圭子,平賀純子,井村誠孝

お問い合わせ

理工学部男女共同参画推進委員会
st_gender [AT] kwansei.ac.jp