ページ先頭に戻る

高校生対象 SCI-TECH RESEARCH FORUM 2019

理工学部の取り組みのひとつである「SCI-TECH RESEARCH FORUM 2019(課題研究発表会)」では、課題研究などに取り組んだ高校生の研究発表と本学の大学生・院生による研究発表、研究者も交えた交流の場を提供し、5回目を迎えました。

開催日2019年11月23日(土・祝)10:30〜15:40
開催場所関西学院大学 神戸三田キャンパス 6号館/アカデミックコモンズ
対象高校1年生〜3年生 発表者・見学者
プログラム1.開会式(10:30〜)
2.オリエンテーション・トピック講演(10:50〜)
3.サイエンスカフェ -大学生との交流の場-(12:10〜13:10)
4.高校生による課題研究内容に関するポスター形式の発表(13:20〜15:40)
  参加大学生・院生による研究内容に関するポスター形式の発表
5.閉会式(15:40〜)

SCI-TECH RESEARCH FORUM 2019 実施結果とアルバム

記念写真

11月23日土曜日、Sci-Tech Research Forum2019を実施しました。今年で5回目となる本イベントに近畿圏の高校を中心に全国の16高校より128名(43テーマ)の発表があり、見学高等学校生徒を含めると総勢200名を超える高校生たちが、秋晴れの紅葉の神戸三田キャンパスに集いました。

  1. 開会式・オリエンテーション・講演会 (10:30〜11:20)

    (6)号館。北原和明理工学部長(数理科学科教授)より挨拶のあとオリエンテーションを実施しました。

    続いては高大連携委員長 巳波弘佳教授(情報科学科)による「AI活用 for SDGs」をテーマとしたトピック講演。AI技術の発展に伴い大きな転換期を迎えている今、これからの社会で必要とされる人材やスキルについて、未来を担う高校生へ向けて講義をおこないました。

    開会式

    講演会

  2. サイエンスカフェ  (12:10〜13:00)

    本学食堂にて昼食をとったあと、サイエンスカフェ。お菓子を食べながら本学大学生と交流。大学での勉強や研究発表のヒントなど語り合いました。楽しかった!と評判でした。

    今年も後援いただいたダイハツ工業株式会社「くらしとクルマの研究所」によるさまざまなイベントが盛りだくさん!ふだん、体験できないことを体験することができました。

    サイエンスカフェ

    サイエンスカフェ

    サイエンスカフェ

    ダイハツイベント


    ダイハツイベント


    ダイハツイベント


  3. 高校生による課題研究に関するポスター発表 (13:20〜15:40)

    高校生による課題研究に関するポスター発表です。1回の発表を20分間として課題研究の報告をおこない、質疑応答が繰り返されました。理工学部教員や大学院生による指導助言のほか、高校の先生方も他校の生徒の発表に対して熱心に耳を傾け質問する姿が見受けられました。

    今年は発表者だけではなく見学参加の高校生が多かったのも特徴です。見学を通してこれからの課題研究に生かすことができたでしょうか? そしてまた、課題研究発表する生徒の高校生皆さんは、日頃の取り組みの成果を発揮し、他校の生徒の発表を聞くこと、また自分たちの発表に対してのたくさんの質問を受けることにより、やあらたな課題や発見があったことと思います。

    また同時に本学大学院生によるポスター発表では、集まった高校生に向けて、各自が取り組んでいる研究についてわかりやすく説明をおこないました。大学生・大学院生の研究を知っていただき、研究に関する具体的なイメージを持っていただく機会となったことでしょう。

    高校生によるポスター発表風景

    高校生によるポスター発表風景

    高校生によるポスター発表風景

    高校生によるポスター発表風景

    高校生によるポスター発表風景

    高校生によるポスター発表風景

    高校生によるポスター発表風景

    高校生によるポスター発表風景


    高校生によるポスター発表風景

    大学院生によるポスター発表風景


    大学院生によるポスター発表風景


    大学院生によるポスター発表風景

    後援

    • ダイハツ工業株式会社

    昨年度までの様子
    2015201620172018

    Last Modified : 2019-11-26 18:06

    前のページ
    イベント・公開活動
    コンテンツのトップ 次のページ
    2019年度ひらめき☆ときめきサイエンス


    投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University