ページ先頭に戻る

理工学部長のあいさつ

社会に貢献する世界市民になろう

理工学部長 北原 和明

北原学部長

 関西学院大学理工学部は1961年、物理学科と化学科の2学科による「理学部」として誕生して以来、学部のモットーである「愛をもって互いに仕えなさい」に象徴されるように、キリスト教主義教育に根ざし、他者への愛をもって社会貢献する科学技術者の育成を目指しています。

 理学部の2学科体制から社会の発展とともにその多様性に応えるために学科増設を続け、現在は「理工学部」として9学科、大学院理工学研究科9専攻から構成される大学となりました。これまで培ってきた本学部の強みである理学の基礎研究を土台として、工学分野を含む、より広範な分野で社会に貢献しうるく大学へと発展してきています。

ー 理学とは、工学とは、関学理工で共に発展して行こう ー

 理学とは数学、物理学、化学、生命科学などの基礎分野を追究し、新たな真理を発見する学問です。一方、工学とは基礎科学を応用し、私たちの生活に直接関わる課題を解決する技術を生み出すための学問です。 私たちは、それぞれの分野が相互に緊密な連携を保ちながら常に先端的でレベルの高い研究を行っています。

 また、スーパーグローバル大学創成支援を受けながら、世界市民を育成するプロジェクトが大学全体で進められています。このような環境の中、これからも私たちはここで学び、研究を始める学生たちとともに更なる発展を続けていきたいと願っています。

(2019年4月)

Last Modified : 2019-05-07 20:06

コンテンツのトップ 次のページ
理工学部・大学院理工学研究科の概要


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University