私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 機能性ナノ単一サイズ有機分子創製センター 関西学院大学 理工学部 Keansei Gakuin Univ., School of Science and Technology

トップタイトル


Menu ––––––––––
icon of news   icon of members   icon of news   icon of events   icon of progress   icon of KG   icon of kg_sci   icon of kg_chem


Project ––––––––––
機能性ナノ単一サイズ有機分子創製研究


物質をナノメートルのサイズにすることで現れる、新しい現象や機能に期待が持たれています。「ナノサイズにする」ことの捉え方は分野によって大きく異なります。たとえば、機械、電子系の分野では、そこまで「小さくする」努力をします。一方、化学系では逆で、原子や分子を正確に組み立ててナノサイズへと「大きくする」と捉えます。フラーレンなどの有機ポリマーは容易にナノサイズに達し、様々な応用研究が進行しています。しかし、ポリマーには分子量や形状に分布があります。ナノサイズに達した有機分子の性質を基礎から理解しようとすると、単一サイズ=単一分子量の分子が欲しくなります。しかし、このサイズになると、入手できる化合物は非常に少ないのが現状です。理由は明らかで、ナノサイズは現在の有機合成化学には「大きすぎて」、その合成法が乏しいからです。
 本研究では、新しい現象や機能が期待されながらも、合成的供給が難しいナノ単一サイズ有機分子(…呼び名、長いですね。なので以下「ナノ単分子」と略します)の合成方法論の開発、測定・解析法の開発、及び、機能開拓が目的です。有機合成化学を専門とする研究者と解析法を専門とする研究者が協力して、ナノ単分子の合成法と合成した分子の構造決定法を開拓します。また、合成したナノ単分子を、様々な分野の研究者に機能探索・解明の研究材料として供給します。これらの研究を通して、新しい学術的知見を得、科学発展への寄与に努めたいと考えています。