私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 機能性ナノ単一サイズ有機分子創製センター 関西学院大学 理工学部 Keansei Gakuin Univ., School of Science and Technology

トップタイトル


Menu ––––––––––
icon of top   icon of members   icon of news   icon of events   icon of progress   icon of KG   icon of kg_sci   icon of kg_chem


Lecture ––––––––––
Dulce PAPY-Garcia先生 講演会



講演者Prof. Dulce PAPY-Garcia(Université Paris-Est Créteil Val de Marne)
日時5月30日(月),10:00〜11:30
会場関西学院大学 神戸三田キャンパス 4号館203教室
演題Heparan sulfate sulfotransferases, new therapeutic targets for Alzheimer's disease

Heparan sulfates (HS) are family of complex polysaccharides commonly located at the cell membrane and in the extracellular matrix. However, in some pathologies, these sugars are found at the intracellular level where they interact and alter the function of particular proteins, such as tau protein in Alzheimer's disease. Recently, Prof. Papy’s team identified the HS structural moiety driving the abnormal HS intracellular location and interaction with tau. Inhibition of an enzyme responsible of the introduction of this moiety in HS chains represent a new and promising strategy for treating Alzheimer's disease.
 ヘパラン硫酸は複雑なポリサッカライド化合物の一群で、細胞の膜と外に普通存在します。しかし、病変があるとヘパラン硫酸が細胞内にも現れ、アルツハイマー病のタウタンパクなど特定のタンパクの機能を変えます。最近、Papy先生らは、ヘパラン硫酸が細胞内に存在するという異常性、およびタウタンパクとの相互作用を引きおこす原因となる、ヘパラン硫酸中の部分構造を特定されました。この部分構造を持つヘパラン硫酸はある酵素を抑制し、アルツハイマー病を治療する有望な新戦略になることが期待されています。
Research against Alzheimer's disease: CRRET laboratory winning UPEC


Menu ––––––––––
icon of top   icon of members   icon of news   icon of events   icon of progress   icon of KG   icon of kg_sci   icon of kg_chem