生命医化学科

生命医化学科

入学定員 : 80名
取得可能学位 : 生命医化学

キーワード

  • 再生医学
  • 環境ホルモン、環境応答
  • 発癌機構
  • 遺伝子解析、ゲノム情報医化学
  • 脳神経科学
  • 薬理免疫
  • 生殖医学
  • 光応用医工学
  • コンセプト
  • Pick up 研究室
  • カリキュラム
  • 研究室紹介
  • 進路

コンセプト

先端医療やヒトの健康を支える新技術の創製をめざす

近年、万能細胞の医療応用が強く期待されるなど、生命科学は目覚ましい発展を遂げ、医学応用につながる基礎研究の充実が強く求められるようになりました。生命医化学科では、生命科学をベースに分子レベルでの基礎医学教育・研究を推進し、ヒトの健康を支える革新技術の創出を通じて「ライフイノベーション」に取り組みます。

本学科では、生命科学をベースに研究対象をヒト、マウスなど高等哺乳類に特化し、遺伝子・蛋白の機能解析をはじめとする各種の研究に加え、兵庫医科大学や理化学研究所との連携を強化し、実践と理論の両面から生命現象の原理の解明に取り組みます。次世代の医療・環境問題に向き合い、先端医療や製薬はもちろんのこと、化粧品、環境、食糧など人の健康に貢献する幅広い分野にも対応しています。

理工学部内のもう一つの生命科学分野である「生命科学科」が、生物の不思議を理解し、新しいバイオテクノロジーの創世を目標とするのに対し、本学科は生命科学をベースに先端医学・環境分野へつながる新規基盤技術の開拓とその応用を目指しています。

多面的アプローチで先端医療に貢献
兵庫医科大学、理化学研究所(神戸)と連携し、実験と理論から生命現象の原理を探求。得られた知見をもとに、食糧・環境・エネルギー分野でのライフイノベーションを目指します。

1年目から実験や実習に取り組む
世界レベルの研究を進める教員が集結。教員の指導のもと、基礎力の習得に合わせ、高い研究力を1年次から養います。少人数体制(教員1人あたり学生5人以下)で、研究指導にあたります。

最新の研究装置・施設
日々革新の続く基礎医学・環境関連分野。
そこで即戦力として活躍できる力を身につけるべく、
最先端の研究を最新鋭の装置・施設で体感できます。                        

Pick up 研究室

薬をつくること。それが、私の使命。

沖米田 司 准教授

生命科学の視点から病気が起こるしくみを深く理解することが、5年後、10年後の医療につながります。2013年、カナダからひとりの若手研究者が、大きな使命を持って日本に帰ってきました。「まだ治療法のない病気のメカニズムを解明し、薬を開発して、人類に貢献したい」。

沖米田准教授と研究室のメンバー
btn_more

君だけの道を歩み、新しい医療を作ろう

平井 洋平 教授

「生命ってのは、わからんことだらけなんですよ。だからこそ、おもしろい」。そう話す平井教授は、生命の基本単位ともいえる「細胞」を対象とし、様々な実験技術を駆使しながら研究しています。目指すゴールは、医療への貢献。それを、他の誰とも違うアプローチで進めようとしているのです。

生命医化学科 平井洋平 教授
btn_more

カリキュラム

分子レベルでヒトの健康や医療に関する諸問題の解決に取り組むのが「医化学」です。本学科では、環境ホルモンの人体への影響を調べる環境医化学や発がん機構学などの「基礎医化学」と、脳神経科学やゲノム情報医化学などの「応用医化学」の両面から医学・薬学・環境学に応用可能な基礎医学分野を深化。基礎と応用をしっかりと学び、医化学の幅広い知識と研究能力を身につけます。
最終的にヒトへの応用を目的とし、ヒト細胞や哺乳動物モデルとして、微生物や植物、線虫など基礎的なモデル生物を扱います。ヒトを始めとする哺乳動物の生命システムは、他の生物と比べ複雑で、この複雑さを理解し解き明かすために、生命科学に限らず化学、物理、数学などを含む基礎科目をカバーします。

先進エネルギーナノ工学評論

■ 特徴的な授業

生命科学倫理

人類に多大な貢献を果たす生命科学。その一方でこれまでの研究が引き起こしてきた倫理的諸問題を題材に倫理的課題を考察します。

先端医化学実験

細胞生物学や分子生物学の基本原理を修得すると共に、遺伝子やタンパク質の構造解析を通して医化学研究の最前線を体験します。

研究室紹介

生命科学のさまざまな分野の研究室が集結
実験からデータ解析まで共同して研究を展開

生命科学の基礎医学系分野への応用を目指し、多様な分野の実験系・情報系の研究室が集結。研究室が連携し、共同研究をするのはもちろんのこと、実験系の研究室で得られたデータを情報系の研究室で解析するなど、実験系研究室と情報系研究室とが共同して研究を展開します。また、実験系の研究室では、教員2名体制で教育・研究にあたります。

先端医療、<br /><br />
QOL向上に貢献

進路

生命科学の知識と基礎医学系の知識をあわせ持つとともに医学系情報学分野の知識も養い、医学・薬学分野で活躍する人材の育成をめざします。
生命に対する健全な倫理観を持ち、医療系、製薬、化学、化粧品、医療に関する情報産業、バイオテクノロジー関連産業、公的機関の技術・開発・研究職、中学・高校教員、各官公庁職員として力を発揮する人を世の中に送り出します。

化粧品

最先端技術でヒト皮膚の問題に取り組む

医療機器

疾患の診断や治療を支える装置・機器の製造・設計

バイオ関連商社

環境関連

製薬

教員・研究者