ページ先頭に戻る
投稿日時: 2018-6-7 15:29:53 (67 ヒット)

東香実氏(情報科学専攻2年(2018年3月修了)石浦研)が情報処理学会 第182回SLDM研究会において、優秀発表学生賞を受賞しました。
受賞題目は「Erlangからの高位合成のためのメモリ分散アーキテクチャ」です。


投稿日時: 2018-5-29 12:56:44 (142 ヒット)

安田充氏(重藤研・研究特別任期制助教)が平成30年度 日本分光学会年次講演会で若手講演賞を受賞しました。
受賞題目は「顕微ラマン分光法と安定同位体標識法を用いた糸状菌のタイムラプス代謝イメージング」です。


投稿日時: 2018-5-9 9:15:00 (183 ヒット)

このたび理工学部生命科学科 巌佐庸教授がSociety for Mathematical Biology(アメリカを中心とした数理生物学の学会)でThe Akira-Okubo prize,for a senior scientistを受賞することになりました。
この賞は、アメリカの大学で長年教鞭をとられた日系人のAkira Okuboという方を記念してつくられたもので、「生物と拡散」の関連についての研究で有名です。賞は2年に1度与えられ、若手研究者と年齢制限のない研究者とが交互に授与されるため、今回はlifetime awardという4年に1度の受賞となります。
詳細は、こちら
授賞式と講演は今年の7月にオーストラリア大会で行われる予定です。


投稿日時: 2018-5-2 13:15:13 (179 ヒット)

豊島淳希氏(人間システム工学専攻M2・中後研)が、平成29年度電気学会 産業応用部門研究会 優秀論文発表賞を受賞しました。
受賞題目は「人に不快感を与えずに自然な歩行者回避を行う自律移動ロボット(豊島淳希・西野希・中後大輔(関西学院大学)、松村聡(東海大学)、横田祥(東洋大学)、橋本洋志(産業技術大学院大学)」です。


投稿日時: 2018-3-20 10:05:29 (336 ヒット)

本学理工学部 尾崎壽紀専任講師(先進エネルギーナノ工学科)が、応用物理学会において、超伝導分科会研究奨励賞を受賞しました。
受賞題目は「A route for a strong increase of critical current in nanostrained ion-based superconductors」です。


投稿日時: 2018-3-14 9:30:23 (382 ヒット)

先日、インドバンガロールで開催された「ラマン効果発見90周年」を記念する国際会議”90 Years of Raman Effect: Current Status and Future Directions”において、尾崎教授のラマン分光学への多大な貢献が表彰されました。

ラマン効果が発見されたのは1928年の2月28日で、2018年の2月28日、すなわちまさにラマン効果発見の90周年の日に表彰式が行われました。

関西学院大学では約55年前に山田晴河教授がラマン分光学の研究をはじめ、29年前に尾崎幸洋教授がこれを引き継ぎ、ラマン分光学の世界的拠点の一つとなっています。今回まさにそれが認められました。


Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University