ページ先頭に戻る
研究 : 平成28年度日本化学会賞受賞−尾崎幸洋教授(化学科)
投稿日時: 2017-1-31 12:10:47 (266 ヒット)

このたび理工学部化学科 尾崎教授が日本化学会賞を受賞することになりました。
受賞題目は、「凝集相における電子・振動遷移の分子分光法の創成とその化学への応用」です。

『日本化学会 平成28年度各賞受賞者が決定』
詳細は、こちら

受賞講演は第97春季年会会期中の16日13時、受賞式が17日15時半に、慶應義塾大学 日吉キャンパスにおいて行われる予定です。

この賞は言うまでもなく、日本の化学者としては最高の賞で、化学のすべての分野から一年に6名の受賞者が選ばれます。
過去の受賞者は、こちら
受賞者の中には、野依良治、根岸栄一、鈴木章先生らノーベル賞受賞者も名を連ねています。

「この度の受賞はこの28年間の全て尾崎研の卒業生、元ポスドク、助教や共同研究者の方々のおかげで、皆でもらうべき賞です」と尾崎教授は言われています。

Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University