ページ先頭に戻る
研究 : 計測自動制御学会 平成28年度部門研究奨励賞−中後 大輔准教授(人間システム工学科)
投稿日時: 2016-12-20 11:29:42 (208 ヒット)

本学理工学部 中後大輔准教授(人間システム工学科)が、計測自動制御学会システムインテグレーション部門の平成28年度部門研究奨励賞を受賞しました。(論文筆頭著者の小林司氏は若手奨励賞も受賞。)
部門研究奨励賞は、SI部門講演会(発表件数800件程度)とロボティクスシンポジア(発表件数100件程度)の中で最も優れた論文それぞれ1件に与えられるもので、本論文はSI部門講演会で発表されたものです。
若手奨励賞は、上記2講演会で発表した35歳未満の者の中で、最も優秀な発表を行った5名に与えられるものです。

受賞題目:"同伴者との協調移動を実現するロボット動作の生成法,"
計測自動制御学会第16回システムインテグレーション部門講演会,
pp.2105-2108, (2015.12).

著者:
小林 司 (沖電気工業株式会社(発表時:関西学院大学大学院理工学研究科))
中後 大輔(関西学院大学)
村松 聡(東海大学)
横田 祥(東洋大学)
橋本 洋志(産業技術大学院大学)

詳細は、こちら

Copyright © 2006-2015 School of Science and Technology, Kwansei Gakuin University